バックナンバー

2022/9/10 17:00
子育て応援メールマガジン

子育て応援マガジン第243号

■ 子育て応援マガジン ■ 
―――― 第243号 ――――
■■■■(R4.9.10)■■■■
♪夏が終わり次の季節へ

 9月に入りました。朝、職場に向かって歩いていると太陽の日差しの強さは感じますが、日陰に入ると8月とは違い、涼しさを感じるようになりました。夏の終わりを実感します。
 みなさん、今年の夏は、どのように過ごしましたか?
 我が家の長男と昨年の夏、「来年の夏休みは、お盆前に宿題を終わらせてしまおう。」と、心に誓い迎えた今年の夏。残念ながら、我が家の長男は、夏休み最終日まで宿題に追われ、今年の夏を終えました。
 2学期始業式の日の登校中、長男に「来年の夏こそは早く宿題を終わりにしよう。」と話をすると、長男から帰ってきた言葉は「かーめーはーめー波ー」でした。
 宿題を早く終わらせるという目標は達成できず、最終日まで宿題に苦しんだ我が家の長男ですが、「かめはめ波のやり方」と「妹と一緒に、大好きなお笑い芸人の漫才を完コピする」という2つの成長を遂げることができた夏休みだったようです。
 それでは、今月号をご覧ください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

--------目 次---------

1 いい母、いいパパ、子育ち広場《「食事」と「睡眠」で子どもが変わる!》
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
4 9月~10月の保健事業日程(健康増進課:電話22ー2727)
5 子育てブック紹介(中央図書館:電話26ー5062)
6 子育てに関する講座や各種催しなどのお知らせ

◆━━━━━━━━━━━━━
1 いい母、いいパパ、子育ち広場《「食事」と「睡眠」で子どもが変わる!》
◆━━━━━━━━━━━━━

【睡眠を整えれば、おいしく楽しく食べられ健全に育つ】
子どもが心身ともに健康に成長していくためには、十分な睡眠をとり、3食しっかり食べることが大切です。その軸になるのが睡眠です。夜ぐっすり眠れば寝ている間に食べたものが消化され、朝からお腹がすいて、朝ご飯をおいしく食べられます。朝食を食べると腸が動くので、うんちがストンと出て気持ち良く登園できます。
園では午前中から元気に活動できるので、昼ご飯もしっかり食べられるでしょう。午後も元気に遊びお腹がすいたところで夕ご飯になります。たくさん遊んで体は疲れているので、夜はぐっすりと眠って朝を迎えるという良いサイクルができるのです。
睡眠が整えば、必然的に食事のリズムも整い必要な栄養が摂れるのはもちろん、家族で食事を楽しむ余裕ができて、子どもの脳や心の成長にいい影響をもたらします。
幼児期は、朝7時には起こし夜は遅くても9時に寝かせるリズムを整えましょう。1週間ほど続ければいいリズムができるはずです。お母さんは大変かもしれませんが、小学校生活にスムーズに入るためにも今が頑張り時です。

【食事が子どもの心をつくる!?】
食べものの味やにおい、色や形、舌触り、鍋がグツグツという音、家族の会話・・・・。私たちは五感をフルに使って食事をしています。幼児期は、脳をバランスよく健やかに育てたい時期ですから、食事は絶好の機会となります。
さらに、食事中のエピソードは子どもの心を豊かにします。例えば、「唐揚げは10個あるから1人3個ずつだよね」と、分け合う楽しさを知り「パパは唐揚げが好きだから、4個食べていいよ」など、思いやりの気持ちが育つ機会にもなります。「グリーンピースは嫌いだけれど、ママが一生懸命作ったから少しだけ食べてみようかな」なんて、自分の気持ちと折り合いをつけることを学んだりもできます。子どもの脳や心が育つのは“楽しい食事”です。まずは、テレビを消してください。そして、なるべく家族そろって食卓を囲み、楽しくおしゃべりをしながら食べたいですね。

【睡眠を変えれば“子どもの困った”がなくなった】
ある調査によると各年齢で必要とされる睡眠時間は、3歳で10時間45分+昼寝1時間15分、4歳で11時間30分、5歳で11時間となっています。5歳を例に挙げれば、必要な睡眠時間を確保するためには、夜は7時に寝て朝は6時に起こすリズムになります。ただ、現実問題として夜7時に寝かせるのは難しいでしょうから、夜8時から9時に寝て朝6時から7時に起きる10時間睡眠を目指すとよいでしょう。子どもが朝グズる、食欲がない、便秘がひどい、登園を渋る、キレやすいなどの原因は睡眠不足だともいわれています。早寝早起きをして必要な睡眠がとれていれば、朝、すっきり起きてしっかり朝ごはんを食べることから1日がスタートできます。日中を元気に活動すれば、体も心も満足して落ち着くので、このような困ったは少なくなるのです。

【子どもが幸せになる 正しい生活習慣 3か条】
(1)楽しい雰囲気づくりをする
子どもは楽しいと感じた時に成長します。お母さんは、それぞれの生活シーンで子どもが喜んで取り組めるような楽しいアイディアを用意しておくとよいでしょう。子どもが思い通りに行動しないときも叱らずに楽しくできる方法を考えましょう。
(2)ブレない生活習慣づくりをする
決まった時間に寝起きしたり、おなかが空いた時に食事ができるようにしたりするには、大人がそれに合わせた生活の段取りをする必要があります。5歳までは休日であっても大人の都合を優先せずに、子どものリズムに合わせるようにしたいですね。
(3)子どもの様子を観察して、対策を立てる
早寝早起きができない、日中機嫌が悪い、食欲がないなど、気になる行動には必ず原因があるはずです。子どもの様子をよく観察して原因を探り、対策を立てるようにしましょう。それでもうまくいかない時は、小児科に相談してみましょう。

             出典 成田奈緒子 氏(文教大学教授、小児科医、医学博士)


◆━━━━━━━━━━━━━
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
◆━━━━━━━━━━━━━

実践編III 「子どもの状況を見ながら更に実践しましょう」
◎我慢することをしつける
(なぜ?) なぜ我慢することをしつけることが大切なのでしょうか。
(それは) 我慢することが感情をコントロールする力や社会性を発達させます。我慢することをしつけることは、社会生活に必要な感情をコントロールする力や社会性を発達させます。
子どもが欲しい物を、いつでも何でも手に入るようにしてやることは、本当の愛情とは言えません。
(どのように) どのように我慢をしつけたらよいのでしょうか。
(それは) 夫婦が歩調を合わせ、わがままを許さないことです。
 ここで大切なことは、夫婦が同じ歩調で我慢することをしつけていくことです。
 ・「みんなが持っているから」とねだられても、不必要なものを買い与えないようにしましょう。「うちの家では、欲しいものをなんでも買ってあげるようなことはしないよ」と、理由がわかるように子どもと話し合いましょう
 ・夫婦が相談し、歩調を合わせてしつけることが大切です。例えば、母親が子どもをしつけることについて、父親が「お母さんの言うとおりだよ」と歩調をそろえてしつけましょう。またお父さんが強く指導したら、お母さんが子どもの心を受け止めながら、諭すように教えることも歩調をそろえたしつけの一つです。
 ・子どもがテレビ・パソコン・ゲーム・ビデオなどにのめり込み過ぎないように時間を区切らせましょう。
 ・小学校に入ったら、小遣いは計画的に使うなど、自分でやりくりさせましょう。
 ・携帯電話・パソコンからのインターネット利用についても、ルールをきちんと決めて使わせましょう。安易な利用から、トラブルや被害に巻き込まれる危険があります。
 ・親子で十分に話し合った後は、子どもがわがままを通そうとしても妥協しない毅然とした態度が大切です。


◆━━━━━━━━━━━━━
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
◆━━━━━━━━━━━━━

●わくわくキッズスペースプロジェクト 子どもふれあい広場
 このプロジェクトは、既存の公共施設を活用し、子どもの遊びの場を創出する取り組みです。
 
◇芝川子どもふれあい広場(くれいどるしばらく)TEL65-0402
 クッションマットが敷かれ、小さなお子さんが遊べるすべり台やままごとセットも設置されています。
 図書コーナーや、学校帰りなどに自由に勉強できる学習室もあります。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日も)

◇南陵子どもふれあい広場(富士山環境交流プラザ)TEL59-0050
 学習室には、触って楽しみながら学べる体験型展示や、木切れを使用した造形あそびのできるスペース、昆虫・植物図鑑、自然系の絵本などがあります。
 工作室では、親子で工作を楽しめる、自然の草花や身近なものを使ったプログラムをいくつか行っています。内容はホームページで詳しく紹介しています。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)

●富士宮市立保育園
 保育園は、育児に関する知識や技術を蓄積しています。
 その機能を活用して、保育園に通っている家庭だけではなく、多くの子育て家庭に対していろいろな支援をしています。
 すべての保育園で子育て相談、園庭開放等を行っていますのでお気軽にご相談ください。
 また、移動図書館[ひばり号]が開設される園もありますのでご利用ください。

◎富士宮市立児童館(愛称:らっこ)(要予約)TEL21-3715 FAX21-3718
 遊びを通じた子どもたちの育成を支援し、子どもを持つ親の交流・相談の場としての機能を兼ね備えています。
 遊戯室には、エアーマット・大型ソフトブロック・ごっこ遊びセット・組み立て遊び・ボードゲームなど、室内運動遊具からトランプ・オセロまで取り揃えています。
・住所:若の宮町47-1
・開館時間:午前9時~午後4時45分
・利用時間:利用時間ごとの予約制になります。
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日に当たる場合は翌日も)
・その他:・利用者登録が必要です
     ・18歳未満の児童とその同伴する人が利用可
     ・6歳未満の未就学児は保護者か家族同伴
     ・3歳以上の方はマスク着用
 
 詳しくは市HP「富士宮市立児童館」をご確認ください。
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/visuf8000001e2yt.html#example

●子育て支援センター(要予約)
 地域全体で子育てを支援するために市内7か所(野中東町・外神・羽鮒・宮原・小泉・中里東町・若の宮町)で開設しています。
 各支援センターの予定表にて日程と注意事項を確認いただき、ぜひご利用ください。
 
 詳しくは市HP「富士宮市地域子育て支援センター」を御覧ください。
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi.html

 富士宮市社会福祉協議会子育て支援センター「たっち」9月の主な予定
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi-att/llti2b000000qc4m.pdf



◆━━━━━━━━━━━━━
4 R4年9月~10月の保健事業日程 [健康増進課(保健センター):電話22-2727]
◆━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
●もうすぐパパ・ママ学級(申し込み制)
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制で実施しています。各回実施日の1か月前から申し込みを受け付けます。
  
 対 象:富士宮市民で妊娠中のご夫婦(ママのみの参加もOK)
     沐浴については、初めての出産の方対象
      
持ち物:母子健康手帳    
                     
 沐浴・子育て: 9月25日(日)午前 グループに分け、時間をずらして実施
              会場は大富士交流センターに変更しています。
 栄養・歯科 :10月25日(火)13:15~14:30 1時間の講義形式
 
                                    
 ※申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話でお申し込みください。「栄養・歯科」は電子申請による申し込みもできます。
  
 ※詳しくは富士宮市ホームページをご覧ください。 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b000000qw1j.html
   
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
---------------------------------------------
●にこにこ離乳食教室(申し込み制)
    
 対象:前期 生後3~4か月児の保護者 予約制
    後期 生後7~8か月児の保護者 予約制
 
 前期:10月12日(水)10:00~11:00(受付9:40~)
 後期: 9月21日(水)、10月14日(金)10:00~11:00(受付9:40~)
 
 申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
 電子申請はこちらから https://logofonm.jp/GgrE/babyfood
  
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
---------------------------------------------
●mama talk べいびっち(申し込み制)
 
 トークテーマについてみんなでワイワイお話しするママと赤ちゃんの集いの場です。
  
 対象:妊娠している方、1歳未満の赤ちゃんを育てている方(パパも参加OKです)
 
 9月20日(火) 2人目3人目育児だからこその不安や悩みを話そう!
10月24日(月) どこ行く?赤ちゃんとのお出かけ先
 
 (1)10:00~10:50
 (2)11:00~11:50 ※ 毎回2回実施します。((1)と(2)は同じ内容です。)
 
 申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
 電子申請はこちらから  https://logoform.jp/form/GgrE/mamatalk
 
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
●乳幼児健康相談 月~金曜日 9:00~16:00
 歯科・栄養相談 月~金曜日 9:00~16:00(予約制)
 
 身体計測や育児相談、どのようなことでも構いません。困ったことや心配事がありましたら、来所・電話相談どちらでも構わないので、気軽に声をかけてください。
  
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
―電話のかけ間違いにご注意を!!―
 間違い電話が多発しており、間違われたお宅に大変なご迷惑がかかっています。おかけになる前に、電話番号をご確認ください。万一かけ間違えてしまったときは、相手の方に十分なご配慮をお願いします。
--------------------------------------------

 富士宮市HP・子育てお役立ちリンク集 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b00000026i7.html その他事業を紹介しています。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



◆━━━━━━━━━━━━━
5 子育てブック紹介 (中央図書館:26-5062)
◆━━━━━━━━━━━━━
子どもと一緒に読む本や子どもに読んで欲しい本をご紹介します。

〇幼児向き
●「ペンギンたんけんたい-みなみのしま-」(斉藤洋/作 高畠純/絵)講談社
 10のペンギンたちが、南の島にやってきました。一列になって丘をのぼっていくペンギンたんけんたいのもとにあらわれたのは、ライオンにニシキヘビ、そしてワニ!ペンギンたちと一緒にドキドキハラハラの大冒険が楽しめます。
分類番号:Eタカ
●「ひがたはたからばこ-青いカニみつけた-」(よしのゆうすけ/写真・文)徳間書店
 海べの水がひくとあらわれる「ひがた」は、いろいろな生き物たちに出会うことができる、たからばこのような場所です。日本の南にある西表島のひがたで見つけた、たくさんの小さなおどろきを紹介する写真絵本です。
 分類番号:Eヨシ
 
〇低・中学年向き
●「いもうとなんかいらない」(ロイス・ダンカン/作 小宮由/訳 平澤朋子/絵)岩波書店
 メアリー・ケイはお姉ちゃんで小さな妹がいます。どこにでもついてきていつも遊びのじゃまをする妹を、誰かのペットととりかえっこしてもらおうと思いつきます。果たしてうまくいくのでしょうか……?ゆかいなおはなしです。
 分類番号:K930ダ
●「消えた図書室」(西村友里/作 大庭賢哉/絵)学研プラス
 ひいおばあちゃんから「図書室がなくなった」と聞いた優人。友達と図書室に向かうと、なぜかたくさんの本が運び出されていて…… 優人、亜季、翔太、結の個性豊かな4人が、図書室の奥にひそむなぞに迫ります。
 分類番号:K913ニシムラ

〇中・高学年向き
●「女子サッカー選手です。そして、彼女がいます(みんなの研究)」(下山田志帆/著)偕成社
 LGBTQってなに?自分の心や体とどう向き合う?人とはちがうなにかを持っていることでモヤモヤしている人に向けて、同性のパートナーがいる女子サッカー選手が「自分やだれかを大切にするため」の話を伝えます。
 分類番号:K367
●「空と大地に出会う夏」(濱野京子/作 しらこ/絵)くもん出版
 成績優秀でムダが嫌いな小学6年生のリイチが、同じ学校の海空良に連れられて向かったのは、転校していった大智の家でした。ある出来事がきっかけで大智に会いたくないと思っていたリイチですが、海空良たちと関わるうちに考え方が変わって…… ひと夏の成長を描いた物語です。
 分類番号:K913ハマノ

◆富士宮中央図書館児童コーナー行事9月
◎ えほんをよむ会(第1・3土曜日 14:00~)… 9月3日、17日  ◎ おはなし会(第2・4土曜日 14:00~)… 9月10日、24日
いずれも、会場:中央図書館 2階 視聴覚ホール、定員:10人(申込不要)
※ 体温測定、マスク着用、名簿の作成にご協力ください。新型コロナウイルス感染予防のため中止、または日程や定員を変更する可能性があります。



◆━━━━━━━━━━━━━
6 子育てに関する講座や各種催しなどのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━

◇こあら教室(令和3年8月・9月生まれ対象)
 わらべ歌や絵本を楽しみながら、その大切さについてお話しします。
〔日 時〕10月5日(水)9:00~10:00
〔場 所〕療育支援センターこあら
〔定 員〕10人(先着順)
〔申込み〕9月15日(木)~電話で
〔問合せ〕療育支援センター TEL22-6868

◇おもちゃ病院
 壊れて動かなくなったおもちゃを修理しています。
〔日 時〕9月18日(日)13:00~14:00
〔場 所〕大富士交流センター
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1146

◇あそびの教室(未就学児)
 歌、手遊び、紙芝居、工作、体操、わらべ歌などで一緒に遊びます。
〔日 時〕9月7日・14日・21日・28日の水曜日10:00~11:00
〔場 所〕児童館らっこ
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1146

◇急な病気
〔問合せ〕静岡こども救急電話相談 TEL(シャープ)8000または054-247-9910
〔時 間〕平日18:00~翌8:00 土曜日13:00~翌8:00 日曜日・祝日8:00~翌8:00
〔その他〕緊急・重症のときは迷わず「119」へ

◇虐待かも
〔問合せ〕児童相談所全国共通ダイヤル TEL189(いちはやく)(お近くの児童相談所につながります)
〔時 間〕24時間
〔問合せ〕子ども未来課家庭児童相談係 TEL22-1230
〔時 間〕平日8:30~17:15

◇悩み相談
いじめ、不登校、生活態度、就労など、どんなことでも相談してください。
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064
     いじめ110番 TEL22-1252
     メール相談 e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
〔時 間〕平日9:00~16:30(第2・4水曜日は20:00まで)

(以下 広報「ふじのみや」9月号より)
■催し・募集

◇PLAYDAY・FORMEDAY(プレイデイ・フォーミーデイ)
【PLAYDAY~育児の悩み解消~】
 妊娠・出産・育児に関する講座や相談会を開催します。先輩ママに、こんな時どうしたらいい?など気軽に相談できます。親子で遊べるスペースもあります。ケアサロン(有料)も出店します。
〔日 時〕10月28日(金)10:00~14:00
【FORMEDAY】
 自分探しやスキルアップに関する講座や相談会を開催します。仕事の復帰にはどんな準備が必要?などの相談や、子育て中でも自分のための時間を過ごせます。
〔日 時〕10月14日(金)10:00~14:00
共通事項
〔場 所〕さぁどぷれいすSAN(野中1136-5)
〔対 象〕乳幼児を子育て中の人や妊娠中の人
〔定 員〕各内容による
〔料 金〕無料(ケアサロンのみ有料)
〔申込み〕NPO法人母力向上委員会ウェブサイトで
〔問合せ〕NPO法人母力向上委員会 TEL78-0741
     市民交流課 TEL22-1307
 
◇もりのてらこや 飛ぶタネ
 植物は、子孫を残すためにタネを空に飛ばします。そんな空飛ぶタネのタネをあかします。
〔日 時〕10月23日(日)10:00~12:00
〔場 所〕富士山環境交流プラザと周辺の森
〔対 象〕小学生
〔定 員〕10人(先着順)
〔料 金〕無料
〔申込み〕10月2日(日)9:00~電話で
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)

◇親子で作る南陵の森Tシャツ
 南陵の森で採った葉っぱを型押しし、親子でペアTシャツを作ります。
〔日 時〕9月25日(日)10:00~12:00
〔場 所〕富士山環境交流プラザ2階
〔対 象〕親子
〔定 員〕10組(先着順)
〔料 金〕大人2,000円 子ども1,500円
〔講 師〕細野麻樹さん(ずこうラボM)
〔申込み〕9月7日(水)9:00~電話で
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)

◇絵本とわらべうたの会
 歌声と一緒にゆっくりと身体を揺すられ、赤ちゃんも心地良い時間を過ごします。
〔日 時〕10月4日(火)10:00~11:00
〔場 所〕西公民館
〔対 象〕市内在住の未就学児と保護者
〔定 員〕10組(先着順)
〔講 師〕市民読書サポーター
〔申込み〕9月13日(火)~電話で
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186

◇子育て家族のリフレッシュ講座 パンプキンカップケーキ作り
〔日 時〕10月19日(水)9:30~11:30
〔場 所〕総合福祉会館1階調理実習室
〔対 象〕市内在住または在勤で、未就学児を子育て中の母親または父親(1家族1人まで)
〔定 員〕10人(先着順)
〔料 金〕1,600円
〔講 師〕稲葉文子さん(キッチンスタジオpenta)
〔申込み〕9月13日(火)~30日(金)に電話で
〔その他〕無料託児あり(先着10人・1歳程度以上の未就学児)
〔問合せ〕男女共同参画センター TEL22-0341(日・月曜日、祝日、9/20を除く)

◇目が見えにくいお子さんのための相談会
 子どもの目について、気になることや不安なこと、生活や学習に関することを相談できます。
〔日 時〕9月28日(水)10:00~12:00
〔場 所〕市役所1階111会議室
〔対 象〕18歳までの子どもや家族、支援する先生など
〔料 金〕無料
〔講 師〕静岡県立沼津視覚特別支援学校教員
〔申込み〕9月1日(木)~27日(火)に電話で(空きがあれば当日も可)
〔その他〕障害者手帳を持っていなくても相談できます。
〔問合せ〕障がい療育支援課 TEL22-1145

◇地域型保育事業保育従事者基礎研修会
 0~2歳児を預かる小規模保育所などで従事するために、必要な知識を身に付けます。
 全ての講義を受講すると、保育士の資格を持たない人でも小規模保育所B型で働くことができます。
〔日 時〕10月9日・23日・30日、11月6日の日曜日10:00~17:00(時間は日によって異なります。)
     ※他に2日間の実習研修と救命講習があります。
〔場 所〕市役所1階111・112会議室
〔対 象〕市内在住の18歳以上の人(高校生は不可)
〔料 金〕テキスト2,640円(事前に購入)
     資料500円(初日に集金)
〔申込み〕9月1日(木)~16日(金)に電話または窓口で
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1147

◇南陵物語Vol.2 やぎと森と私たち(やぎ&アート)
 南陵の森を散策し、やぎと触れ合いながら、やぎと自然を描きます。
〔日 時〕9月18日(日)9:30~12:00
〔場 所〕富士山環境交流プラザ
〔対 象〕どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)
〔定 員〕25人(先着順)
〔料 金〕無料
〔申込み〕9月10日(土)~メールで
〔その他〕画材道具はお貸しします。
〔問合せ〕やぎさんぽ メールsanpoyagi@gmail.com
環境エネルギー室 TEL22-1131

■案内
 
◇生涯学習ガイドブック(秋冬版)
 市内で開催される教室・講座・イベントを案内しています。市公式ウェブサイト、市役所6階社会教育課、公民館、出張所、図書館、交流センターで配布しています。
 学習、スポーツ、ボランティア活動などを通して、新たな仲間づくりや趣味の充実、スキルアップなどにご利用ください。
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186
〔H P〕トップ>市民の皆さんへ>教育・文化・スポーツ>生涯学習>生涯学習ガイドブック

◇全国一斉司法書士による手続き支援のための養育費相談会
 養育費に関することについて、司法書士が電話でお答えします。
〔日 時〕9月25日(日)10:00~16:00
〔料 金〕無料
〔申込み〕不要。直接電話(TEL0120-567-301)してください。
〔問合せ〕静岡県青年司法書士協議会 TEL054-631-5175

◇多胎妊産婦への支援
 多胎妊産婦などが安心して育児ができるよう、子どもと外出する時の付き添いなどを保育士がお手伝いします。
〔対 象〕多胎妊婦または3歳未満の多胎児を持つ保護者
〔料 金〕無料
〔申込み〕電話で
〔問合せ〕健康増進課 TEL22-2727

◇子ども医療費助成制度
「子ども医療費受給者証」があると、保険診療分の医療費の助成が受けられます。
 【通 院】1回500円(月4回まで)
 【入 院】自己負担額なし(差額ベッド代を除く)
 【処 方】自己負担額なし
 「子ども医療費受給者証」を持っていない人は、市役所1階子ども未来課で申請してください。
〔対 象〕市内在住の18歳以下の子ども
〔持ち物〕保護者の保険証、マイナンバー(個人番号)のわかるもの
『医療費助成を受けるときは』医療機関受診時に保険証と「子ども医療費受給者証」を提示してください。
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1146

◇ひとり親家庭などへの医療費助成
 保険診療分の医療費の自己負担額を全額助成します。
〔対 象〕次のいずれかに該当し、令和3年中の所得に所得税が課せられていない世帯
     (1)20歳未満の子を扶養しているひとり親家庭の親と子
     (2)父母のいない20歳未満の子
     (3)20歳未満の子の父または母に重度の障害があったり、長期に渡る拘禁や行方不明などのために扶養が受けられない子
〔持ち物〕保護者名義の預金通帳、世帯全員分の保険証とマイナンバー(個人番号)のわかるもの
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1146

◇令和5年度 幼稚園・認定こども園(幼稚園部)の入園児募集
 各園の募集人数等は、広報ふじのみや9月号と富士宮市ホームページに掲載しています。
〔申込み〕幼稚園:9月30日(金)~
     認定こども園:各園にお問い合わせください。
〔持ち物〕入園願書など(募集要項と入園願書は各園で配布)
〔その他〕詳しくは、各園にお問い合わせください。
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1147

◇大富士小・富士根南小・富士見小 隣接校への通学
 児童数が多い3校の学校区に住んでいる児童は、指定された隣接校へ通学することもできます。
 また、選択した小学校で卒業した児童は、住所地の中学校または選択した小学校区の中学校へ進学することができます。
 ┌───────┬────────────┬───────────────┐
 │   対象校 │ 選択できる隣接の小学校│   進学できる中学校    │
 ├───────┼────────────┼───────────────┤
 │       │    大宮小     │ 富士宮第二中・大富士中   │
 │  大富士小 ├────────────┼───────────────┤
 │       │    山宮小     │    北山中・大富士中   │
 ├───────┼────────────┼───────────────┤
 │       │    東小      │ 富士宮第一中・富士根南中  │
 │ 富士根南小 ├────────────┼───────────────┤
 │       │   富士根北小    │  富士根北中・富士根南中  │
 ├───────┼────────────┼───────────────┤
 │       │ 東小(令和9年度まで) │ 富士宮第一中・住所地の中学校│
 │       ├────────────┼───────────────┤
 │  富士見小 │ 大宮小(令和9年度まで)│ 富士宮第二中・住所地の中学校│
 │       ├────────────┼───────────────┤
 │       │   富士根北小    │  富士根北中・住所地の中学校│
 └───────┴────────────┴───────────────┘
〔対 象〕次の要件を全て満たす人
     (1)安全に通学させることができること
     (2)保護者が通学の経費を負担できること
     (3)卒業するまで選択校に通学できること
〔申込み〕市役所6階学校教育課窓口で
〔問合せ〕学校教育課 TEL22-1184
  
  
■お知らせ
◇子どものことで、こんな心配はありませんか
〔学習面〕
 ・漢字がなかなか覚えられない。
 ・本読みで読み間違いがある。
 ・計算ができない。
〔行動面〕
 ・友達とうまく関われない。
 ・集団行動がとりにくい。
 ・忘れ物が多い。
 気になることや、思い当たることがある場合は、通学している学校へ相談してください。相談員と学校の先生が、専門知識を生かして、お子さんと保護者の皆さんをサポートします。
〔問合せ〕学校教育課 TEL22-1185

●青少年相談センター 夜間相談を行っています
 悩みや不安をかかえる青少年や、子どものことで心配事がある保護者と関係者の相談に応じます。ささいなことでも構いません。まずは、ご連絡ください。
〔夜間開設日〕9月14日・28日、10月12日・26日、11月9日、12月14日、1月11日・25日、2月8日・22日、3月8日・22日の水曜日
〔電話相談・面接予約〕TEL22-0064 〔子ども若者支援・いじめ110番〕TEL22-1252
〔時 間〕平日9:00~16:30(土日祝を除く)※夜間開設日は20:00まで
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1188



◆静岡県の子育て情報、子育て支援ポータルサイト「ふじさんっこ☆子育てナビ」https://www.fujisancco.pref.shizuoka.jp/
県内の子育てに役立つ情報を集めたポータルサイトです。


【 編集後記 】
 
 今年の夏、長男が「かめはめ波」と「リズムに乗った漫才」を覚えている間に、長女は、誇らしげに一人で髪の毛を縛ることができるようになり、母親への反抗を覚えました。そして、次男は、寝返り、ずりばいを覚え、今は必死に立ち上がろうとしています。さらに、にぃにとねぇねから泣いてママを奪うという技まで覚えました。
 3人の子供たちが、確実に成長しているなとうれしく感じます。秋にはどんな成長が待っているのか楽しみです。
 スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋などいろいろと言われますが、秋らしくのんびりと、兄弟仲良く成長していってくれることを願っています。

 それでは、今月も子育てを楽しみましょう。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 今月の子育て応援マガジンはいかがでしたか?
スタッフは、子育てメルマガをよりよくするため、皆様の御意見・御感想をお待ちしております。
皆様の声を、下記アドレスにぜひお寄せください。
 Eメール:e-shakyo@city.fujinomiya.lg.jp

2022/8/10 17:00
子育て応援メールマガジン

子育て応援マガジン第242号

■ 子育て応援マガジン ■ 
―――― 第242号 ――――
■■■■(R4.8.10)■■■■
♪スカッとする光景を目にしました。

朝から太陽の攻撃を受ける毎日が続いています。幼いお子さんはあせもや手足口病に苦しんでいないだろうか、小中学生の熱中症や感染症は大丈夫だろうか、保護者の方々は夏休み中の昼食づくりにひと手間かかっているだろうな、と思うこの頃です。
先日、暑さを吹き飛ばすような爽やかな光景を目にしました。私の目の前をママは幼い子の手を引きその前を男の子が歩いていました。横断歩道前になると男の子はしっかりと足を止めピッと手を挙げ大きく右左の安全確認をして渡りました。渡り終えた後、ママは男の子に声を掛け男の子は嬉しそうにママを見返しました。「ちゃんと見て、おりこうだね」と言ったのかな?「いつもそうしているのね」かな?「妹のお手本だね」だろうか・・・と思わず微笑んでしまいました。
当たり前のことが良い癖となって身についている。大事なことですね。

それでは、今月号をご覧ください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

--------目 次---------

1 いい母、いいパパ、子育ち広場《わが子をやさしく見つめるために 心がすこし楽になる言葉》
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
4 8月~9月の保健事業日程(健康増進課:電話22ー2727)
5 子育てブック紹介(中央図書館:電話26ー5062)
6 子育てに関する講座や各種催しなどのお知らせ

◆━━━━━━━━━━━━━
1 いい母、いいパパ、子育ち広場《わが子をやさしく見つめるために 心がすこし楽になる言葉》
◆━━━━━━━━━━━━━
看護師でありケアマネージャーでもある玉置妙憂 氏のすてきなエッセイを見つけました。何かと子育てに関するストレスの多い方々の読むクスリになりそうです。

・・・・心を穏やかにするコトバ・・・・
子育ては、いろいろな意味でタイヘンです。「人」ひとり育てるということは、やっぱり大仕事。子育てがなぜ大変かというと、体力だけでなく魂力も使うからです。子育てはまさにスピリチュアルワーク。子どもに向き合うのと同じくらい自分自身に向き合わなければなりません。「子育て」は実は「自分育て」それゆえに大変と言えます。だからといって、必要以上に力むことはありません。忙しい毎日、思い通りにいかないことの連続についつい表情が険しくなりトゲのある言葉を吐いてしまっていませんか?そして、そのトゲに自分が傷つき落ち込んで自信を無くしますます笑顔が消えていく・・・・思い返せば私もそうでした。
今、子育てを必死に頑張っているあなたの心が少しでも楽になるといいなと願いつつちょっとだけ紹介させていただきます。
・「わたしの子ども」じゃない「わたしと子ども」
あなたは「わたしの子ども」と思ってはいませんか?「早くしなさい!」と朝にせかすのも「勉強しなさい!」と叱るのも「あいさつしなさい」としつけるのも必要なことです。しかし、その根底に「わたしの子ども」という意識があるとうまくいきません。子どもは天からの大切な授かりもの。あなたに選ばれて子育ての機会を許されたにすぎません。つまり、あなた「と」子どもなのです。そこをはき違えないようにしましょう。
2人の対等な人間がたまたま「親子」になっただけ。だから、子どもはあなたの思い通りにするものではないし、ならないのです。子育ての機会を許されたことに感謝しつつ、子どもとの交流を存分に楽しんでください。
・ものごとには必ず「陰」と「陽」がある
ものごとには必ず「陰」と「陽」があります。朝があれば夜がある。明があれば暗がある。勝があれば負がある。この理(ことわり)は「子どもに対する気持ち」にも当てはまります。そう、「かわいい」「いとしい」「大切」と思う気持ちがあれば当然「うるさい」「めんどうくさい」「憎たらしい」と思う気持ちもあるということです。
でも、わたしたちは子どもに対して「陰」の感情をもつことを認めたくありません。だから、もってしまった自分を責めて、否定して、とことん追い込み、つぶしてしまうことがしばしばあります。けれど、それはやる必要のないこと。「陰」と「陽」は必ず同時に存在して、バランスをとっているものだからです。
「陰」と「陽」の間を自由自在に揺れ動きながらその「ゆらぎ」を眺めるくらいの気持ちでよいのです。子育てには失敗も成功もありません。子育てを楽しんでいきましょう。
・まずは自分のコップをいっぱいにする
「自利」と「他利」。お釈迦様は弟子たちに「利他行に励め」と説きました。利他とは、相手の利益のために自己の利益を顧みず自身の体と心を精一杯使うことです。利他行は、人間が取り得る行動の中でも群を抜いて尊い行動。そして、子育てはその最たるものです。でも、忘れてはいけないのは「自分を犠牲にして、自身をないがしろにして」やりなさいと言われているのではないということです。「他利」と同じように「自利」が大事。むしろ「自利」が先でしょう。
「自利」。自分自身が満たされていること、心が落ち着いて護られていること、しっかりと学んで正しい道理を心得ていること。それがベースです。子育てに頑張っているお母さん方を拝見すると「自利」がすっかりどこかに置いてきてしまっている。振り返れば私もそうでしたが、だからこそあえて伝えたいのです。
どんなに忙しい毎日でも、自分自身のために使う時間をきちんともちましょう。あなたがしっかり満たされていればあなたの周りの人は必ず幸せになります。「自利」は「他利」のためにあり、「自分自身の力で満たす」のだということを忘れずにいてほしいです。
・子どものじゃまをしない
人は何のために生まれてくるのでしょうか。ひとつには「成長するため」だそうです。つまり、人はほおっておいても与えられた本能と使命に基づいて成長するものです。でも、我が子のこととなるとほおっておくわけにもいかず、あれやこれやとかまいたくなりますね。食べる先から口を拭いてあげたり、欲しいという前に買ってあげたり、転ぶ前に抱き上げたりしていませんか?思うに、親が良かれと思ってすることの半分は子どもにとってじゃまでしょう。子育ては引き算と心得たほうが良いかもしれません。いかに成長しようとしている子どものじゃまをせずにいられるかが子育てのコツといえるかもしれません。
あれこれ手を出したあげく、やることの多さにイライラしてトゲのある言葉を吐くことになるなんて本末転倒もいいところ。それよりも引き算をしましょう。多少汚れても遅れてもうまくできなくてもいいのです。子どもにやらせてみてください。母親のつとめはその姿を見ていること。そして、いざというときには、必死で守ることです。その覚悟があれば十分でしょう。

・・・・「乱暴な子」「わがままな子」にしない育て方について考えてみましょう・・・・
前回の家庭教育学級リーダー講座で、あるお母さんと話をしている時「うちの子は乱暴なんだよね。すぐに切れるというか、頭に血がのぼるというか・・・・見ているこっちもイライラしてくるは、これからが心配になってくるは・・・どんな心構えでいたら良いのかしら・・・」という話題が出てきました。そこで、これから何回かに渡ってこれをテーマにしていこうと考えました。
・子どもは「短気」「ジコチュー」であたりまえ
子どもが言うことを聞いてくれないときは「どうして友達におもちゃを貸してあげられないの!」などイライラが募りますね。親のほうは、さほど意識せずに「おもちゃは仲良く使う」「今、片づけて次に〇〇をする」など、いろいろな自分の基準や時間管理、段取りを考えて子どもに伝えています。でも、それはあくまで親の考え方や基準です。子どもにも子どもなりの気持ちや考え方時間の流れがあります。
「なんでも子どものいうとおりにしよう」と言っているのではありません。親とは違う気持ちを持っているということを認めるということから始めましょう。「おもちゃを使いたいんだね」「まだ片づけたくないんだね」と、子どもの気持ちを大事にすると、子どもの自己肯定感が育まれていきます。
大切なのは、子どもの気持ちを否定しないということです。親と子どもの希望が食い違っていると、イライラしてつい怒鳴りつけたくなるときもありますが、子どもの気持ちを尊重し、次の行動をどうするかは、子どもと相談して折り合いをつけていきましょう。
・イライラの手当てをしましょう
親が自分を客観的に見つめることはとても大事です。イライラするのはどんな時か考えてみましょう。〈時間がないとき〉〈やることがいっぱいのとき〉などきっといろいろな場合が思い浮かぶと思います。可能なものは手当てをしましょう。自分が疲れていたり、よく眠れていないなら、一時預かりやファミリーサポートを使ったりパートナーに協力してもらったりして休息時間を確保するなどの方法があります。また、心の余白がもてるように1日の時間配分ややるべきことを軽減できないか(例:買い物ならまとめ買いをしたり、ネットスーパーを使ったりするなど)も見直してみましょう。
・子どもの良いところを見ましょう
誰でも、子どもの(できていないなあ)と思うところは、つい目がいってしまうものです。しかも、日本は謙遜の文化の国でもあり、子どもに限らず相手をほめることが少ないように思います。でも、「〇〇しちゃダメ!」「何度言ったらわかるの!」とたくさん叱るのではなく、逆に良いところを見つけて褒めていくと良いところが増えていく。これは、「肯定的注目」と言われるものです。もちろん、してはいけないことは「やめなさい」と短くきっぱりと伝えることも大切ですが、助かったこと良かったことは「〇〇君がお皿を運んでくれて助かった」など言葉にして伝えましょう。
・どうしても困ったときは
「〇〇に行くから靴を履きなさい」と言って「ヤダー」と言われたりすると、イライラしますね。子どもにとっては「指示」だからイヤなのでしょう。人間には選択欲求というものがあるので、うまく利用しましょう。「〇〇に行くよ。どっちの靴を履く?」と選ばせると「赤い靴!」などと選んでしまうものです。選択肢にすると、子どもが主導権を持つことになるわけです。また、先の見通しを伝えることも有効です。「おもちゃを片付けなさい」と急に言われても、子どもは(もうちょっとで完成するところだったのに)という気持ちもあるでしょう。「時計の長い針がここを指したら、片付けようね」と事前に声をかけておくと心構えができるでしょう。
             出典 高祖 常子 氏 NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事

〇ズレや違いをおもしろがるために
子どもだけでなく、パートナーだって自分とは違う人間です。だからこそ、それぞれが違った考えや、いろいろな気持ちをもっています。そこを「そんな考えは理解できない!」などと、頭ごなしに否定せずに(へーえ、そんなふうに思うのか)(こんな反応をするんだ)と、自分との違いを楽しんだり面白がったりしてみましょう。そのためには、あらかじめ自分の気持ちに余裕を持たせておくことが大切です。自分自身がいつもいっぱいいっぱいでは、違いを受け止めたり楽しんだりすることはできません。
親自身が(本当は働きたいけれど子どものためだから)と仕事をあきらめたり、家事や子育てを自分一人で頑張ってしまったりして、自分の心にフタをしてしまうと、ストレスがだんだん積み重なってついには爆発してしまいます。夫婦で、そして家族でコミュニケーションをとりながら、お互いを応援しあえる関係を作っていけると良いですね。



◆━━━━━━━━━━━━━
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
◆━━━━━━━━━━━━━
実践編II「子どもの発達に応じて実践しましょう」

◎ 正しい食習慣を身につける
・正しい食習慣の大切さを子どもに話して聞かせましょう。
・子ども一人または子どもだけの食事が日常化してしまうと、正しい食習慣が身につきません。朝ごはんは家族そろって食べる、夕食も一緒に食事をする曜日を決めるなど、できる限り家族そろっての食事に心がけましょう。
・子どもの脳と心を守る食生活のポイントを守りましょう。

☆子どもの脳と心を守る食生活の7つのポイント
(1)家族そろって朝ごはんを食べましたか?
(2)主食(ごはん、パン、めんなど)を食べましたか?
(3)タンパク質(牛乳、魚、卵、大豆、豆腐、肉など)は?
(4)食物繊維(野菜、果物、イモなど)を食べましたか?
(5)ミネラル(海藻、小魚、貝など)も?
(6)主食3:野菜2:魚・肉1の割合で?
(7)食卓を囲んで楽しく会話ができましたか?

ゆっくりよくかんで食べることや歯みがきも習慣にしましょう。
☆かむことの8つのいいこと
(ひ)肥満を防ぐ
(み)味覚の発達(食品の味が分かるようになる)
(こ)言葉の発言はっきり
(の)脳の発達、意欲の育成
(は)歯の病気の予防
(が)がんばり強い子になる
(いー)胃腸快調
(ぜ)全力投球できる



◆━━━━━━━━━━━━━
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
◆━━━━━━━━━━━━━

●わくわくキッズスペースプロジェクト 子どもふれあい広場
 このプロジェクトは、既存の公共施設を活用し、子どもの遊びの場を創出する取り組みです。
 各施設には、ミルク用の給湯器や授乳室がありますので乳児連れの方も安心です。
 
◇芝川子どもふれあい広場(くれいどるしばらく)TEL65-0402
 クッションマットが敷かれ、小さなお子さんが遊べるすべり台やままごとセットも設置されています。
 充実した図書コーナーや、学校帰りなどに自由に勉強できる16席の学習室もあります。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日も)

◇南陵子どもふれあい広場(富士山環境交流プラザ)TEL59-0050
 学習室には、さわって楽しみながら学べる体験型展示や、木切れを使用した造形あそびのできるスペース、昆虫・植物図鑑、自然系の絵本などがあります。
 工作室では、親子で工作を楽しめる、自然の草花や身近なものを使ったプログラムを行っています。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)

●富士宮市立保育園
 保育園は、育児に関する知識や技術を蓄積しています。
 その機能を活用して、保育園に通っている家庭だけではなく、多くの子育て家庭に対していろいろな支援をしています。
 すべての保育園で子育て相談、園庭開放等を行っていますのでお気軽にご相談ください。
 また、移動図書館[ひばり号]が開設される園もありますのでご利用ください。

◎富士宮市立児童館(愛称:らっこ)(要予約)TEL21-3715 FAX21-3718
 遊戯室にはエアーマット・大型ソフトブロック・ごっこ遊びセット・ボードゲームなどの室内運動具からトランプ・オセロまで取り揃えています。
・住所:若の宮町47-1
・開館時間:9:00~16:45
・利用時間:利用時間ごとの予約制になります。
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日に当たるときは、その翌日も)
・その他:・利用者登録が必要です
     ・6歳未満の未就学児は保護者同伴
     ・3歳以上の方はマスク着用
【主な機能】
 1階:遊戯室、集会室、子育て支援センター室(大宮保育園内から移転しました)、相談室
 2階:多目的スペース、図書室(児童書・絵本が約300冊!貸出しはありません)
 
詳しくは市HP「富士宮市立児童館」をご確認ください。
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/visuf8000001e2yt.html#example

●子育て支援センター(要予約)
 地域全体で子育てを支援するために市内7か所(野中東町・外神・羽鮒・宮原・小泉・中里東町・若の宮町)で開設しています。
 各支援センターの予定表にて日程と注意事項を確認いただき、ぜひご利用ください。
 
 各センターの行事予定や問い合わせ先等、詳しくは「富士宮市地域子育て支援センター」ホームページを御覧ください。
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi.html

 富士宮市社会福祉協議会子育て支援センター「たっち」8月の主な予定
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi-att/llti2b000000qc4m.pdf



◆━━━━━━━━━━━━━
4 R4年8月~9月の保健事業日程 [健康増進課(保健センター):電話22-2727]
◆━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
○もうすぐパパ・ママ学級(申し込み制)
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制で実施しています。各回実施日の1か月前から申し込みを受け付けます。
  
 対 象:富士宮市民で妊娠中のご夫婦(ママのみの参加もOK)
     沐浴については、初めての出産の方対象
      
持ち物:母子健康手帳    
                     
 栄養・歯科 :8月10日(水)13:15~14:30 1時間の講義形式
 母乳育児  :8月17日(水)13:15~14:30 1時間の講義形式
 沐浴・子育て:9月25日(日)午前 グループに分け、時間をずらして実施
              会場は大富士交流センターに変更しています。
                                    
 ※申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話でお申し込みください。「栄養・歯科」および「母乳育児」は電子申請による申し込みもできます。
  
 ※詳しくは富士宮市ホームページをご覧ください。 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b000000qw1j.html
   
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
---------------------------------------------
○にこにこ離乳食教室(申し込み制)
    
 対象:前期 生後3~4か月児の保護者 予約制
    後期 生後7~8か月児の保護者 予約制
 
 前期:9月5日(月)10:00~11:00(受付9:40~)
 後期:8月19日(金)、9月21日(水)10:00~11:00(受付9:40~)
 
 申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
 電子申請はこちらから https://logofonm.jp/GgrE/babyfood
  
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
---------------------------------------------
〇mama talk べいびっち(申し込み制)
 
 トークテーマについてみんなでワイワイお話しするママと赤ちゃんの集いの場です。
  
 対象:妊娠している方、1歳未満の赤ちゃんを育てている方(パパも参加OKです)
 
 8月29日(月) 転入ママだからこその悩みを聞こう!話そう!
 9月20日(火) 2人目3人目育児だからこその不安や悩みを話そう
 
 (1)10:00~10:50
 (2)11:00~11:50 ※ 毎回2回実施します。((1)と(2)は同じ内容です。)
 
 申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
 電子申請はこちらから  https://logoform.jp/form/GgrE/mamatalk
 
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
○乳幼児健康相談 月~金曜日 9:00~16:00
 歯科・栄養相談 月~金曜日 9:00~16:00(予約制)
 
 身体計測や育児相談、どのようなことでも構いません。困ったことや心配事がありましたら、来所・電話相談どちらでも構わないので、気軽に声をかけてください。
  
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
―電話のかけ間違いにご注意を!!―
 間違い電話が多発しており、間違われたお宅に大変なご迷惑がかかっています。おかけになる前に、電話番号をご確認ください。万一かけ間違えてしまったときは、相手の方に十分なご配慮をお願いします。
--------------------------------------------

富士宮市HP・子育てお役立ちリンク集 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b00000026i7.html その他事業を紹介しています。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



◆━━━━━━━━━━━━━
5 子育てブック紹介(中央図書館:26-5062)
◆━━━━━━━━━━━━━
子どもと一緒に読む本や子どもに読んで欲しい本をご紹介します。

〇幼児向き
●「とんぼのぎんちゃんうまれたよ!(むしのたまごシリーズ)」(ねもとまゆみ/作 たけがみたえ/絵 須田研司/監修)童心社
 ヤゴ(とんぼの赤ちゃん)のぎんちゃんは、何度も脱皮をくりかえして大きくなっていきます。そして、冬を越したぎんちゃんは、羽化のときを迎えて…… ヤゴが成長してたまごをうむまでの物語をいきいきと描いています。
分類番号:Eタケ
●「まっくらあそびしようよ!」(はたこうしろう/作)ほるぷ出版
 おばあちゃんの家にお泊まりした夜、明かりを消すと部屋がまっくらで、こわくて眠れません。すると、おにいちゃんが、ライトとカメラを使って楽しめる、まっくらだからできる遊びを教えてくれました。夜が楽しくなる絵本です。
 分類番号:Eハタ
 
〇低・中学年向き
●「おひさまやのハンカチ」(茂市久美子/作 よしざわけいこ/絵)講談社
 体育の時間、自分だけ大なわが上手にとべなくて落ち込んでいた小学2年生のさりなは、帰り道で「おひさまや」というお店を見つけます。そして、店主のうさぎから、魔法のハンカチをすすめられて…… 心温まるおはなしです。
 分類番号:K913モイチ
●「やんちゃ犬おおさわぎ!(動物あずかりや1)」(デビ・ミチコ・フローレンス/作 メラニー・デマー/絵 くまがいじゅんこ/訳)あかね書房
 動物が大好きな8歳のカイタは、「動物あずかりや」として、保護犬のトルーマンをしばらくお世話することになりました。やんちゃなトルーマンのお世話は大変だけど、にぎやかな毎日は楽しくて…… ボランティア活動を通して成長する女の子のおはなしです。
 分類番号:K930フ

〇中・高学年向き
●「宇宙食になったサバ缶」(小坂康之/著 別司芳子/著 早川世詩男/装画・挿絵)小学館
 地元の名産「サバの缶詰」を宇宙食にしようと、高校生たちは「探究」のワクワクを原動力に、先輩から後輩へとバトンを受け継いで開発を続けました。JAXA認証宇宙日本食「サバ醤油味付け缶詰」をつくった高校生たちと、支えてきた大人たちの14年間を描いたノンフィクションです。
 分類番号:K660
●「じいちゃんの山小屋」(佐和みずえ/作 カシワイ/絵)小峰書店
 東京で生まれ育った小学6年生の航太は、父親と大げんかして、四国のじいちゃんの家で暮らすことになりました。ところが、待っていたのは、電気もお風呂もトイレもない山小屋での生活で……!? 豊かな自然に恵まれた里山での暮らしを追体験できる物語です。
 分類番号:K913サワ

◆富士宮中央図書館児童コーナー行事8月
◎ えほんをよむ会(第1・3土曜日、14:00~)… 8月6日、20日  ◎ おはなし会(第2・4土曜日、14:00~)… 8月13日、27日
いずれも、会場:中央図書館 2階 視聴覚ホール、定員:10人(申込不要)
※ 体温測定、マスク着用、名簿の作成にご協力ください。新型コロナウイルス感染予防のため中止、または日程や定員を変更する可能性があります。



◆━━━━━━━━━━━━━
6 子育てに関する講座や各種催しなどのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━

◇こあら教室(令和3年7月・8月生まれ対象)
 わらべ歌や絵本を楽しみながら、その大切さについてお話しします。
〔日 時〕9月7日(水)9:00~10:00
〔場 所〕療育支援センターこあら
〔定 員〕10人(先着順)
〔申込み〕8月15日(月)~電話で
〔問合せ〕療育支援センター TEL22-6868

◇おもちゃ病院
 壊れて動かなくなったおもちゃを修理しています。
〔日 時〕8月21日(日)13:00~14:00
〔場 所〕大富士交流センター
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1146

◇あそびの教室(未就学児)
 歌、手遊び、紙芝居、工作、体操、わらべ歌などで一緒に遊びます。
〔日 時〕8月3日・31日(水)10:00~11:00
〔場 所〕児童館らっこ
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1146

◇急な病気
〔問合せ〕静岡こども救急電話相談 TEL(シャープ)8000または054-247-9910
〔時 間〕平日18:00~翌8:00 土曜日13:00~翌8:00 日曜日・祝日8:00~翌8:00
〔その他〕緊急・重症のときは迷わず「119」へ

◇虐待かも
〔問合せ〕児童相談所全国共通ダイヤル TEL189(いちはやく)(お近くの児童相談所につながります)
〔時 間〕24時間
〔問合せ〕子ども未来課家庭児童相談係 TEL22-1230
〔時 間〕平日8:30~17:15

◇悩み相談
いじめ、不登校、生活態度、就労など、どんなことでも相談してください。
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064
     いじめ110番 TEL22-1252
     メール相談 e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
〔時 間〕平日9:00~16:30(第2・4水曜日は20:00まで)

(以下 広報「ふじのみや」8月号より)
■催し・募集

◇PLAYDAY・FORMEDAY(プレイデイ・フォーミーデイ)
【PLAYDAY~育児の悩み解消~】
 妊娠・出産・育児に関する講座や相談会を開催します。先輩ママに、こんな時どうしたらいい?などの相談も気軽にできます。親子で楽しく遊べるスペースも用意しています。ケアサロン(有料)も出店予定です。
〔日 時〕8月26日(金)・9月27日(火)10:00~14:00
【FORMEDAY】
 子育て中でも自分のための時間を過ごせます。自分探しやスキルアップに関する講座や相談会を開催します。仕事の復帰にはどんな準備が必要?などの相談や、自分の趣味の時間として活用できます。
〔日 時〕9月14日(水)10:00~14:00
共通事項
〔場 所〕さぁどぷれいすSAN(野中1136-5)
〔対 象〕乳幼児を子育て中の人や妊娠中の人
〔定 員〕各内容による
〔料 金〕無料(ケアサロンのみ有料)
〔申込み〕NPO法人母力向上委員会ウェブサイトで
〔問合せ〕NPO法人母力向上委員会 TEL78-0741
     市民交流課 TEL22-1307
〔H P〕https://haharyoku.com/
 
◇絵本とわらべうたの会
 赤ちゃんも、歌声と一緒にゆっくりと身体を揺すられ心地よい時間を過ごします。
〔日 時〕9月6日(火)10:00~11:00
〔場 所〕西公民館
〔対 象〕市内在住の未就学児と保護者
〔定 員〕10組(先着順)
〔講 師〕市民読書サポーター
〔申込み〕8月10日(水)~電話で
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186

◇子どもの本を知る講座(初心者向け)
 子どもは楽しい本と出会うために、大人は子どもの本の良さを知るために、課題本を読んで話し合います。
〔日 時〕9月30日、10月14日、11月18日、12月16日、1月20日、2月17日の金曜日(全6回)
     10:00~12:00
〔場 所〕市役所6階630会議室
〔対 象〕市内在住または在勤で子どもの本に関心がある人
〔定 員〕10人(先着順)
〔料 金〕無料
〔講 師〕大塚清美さん(富士宮子どもの本研究会)
〔申込み〕8月16日(火)~電話または窓口で
〔その他〕無料託児あり(先着5人・1歳以上)詳しくは市公式ウェブサイトをご覧ください。
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186
〔H P〕トップページ>市民の皆さんへ>教育・文化・スポーツ>生涯学習>子どもの本を知る講座

◇子どもの本のセミナー
「子どもも大人も楽しもう!絵本・昔話・児童文学」をテーマにお話しします。
〔日 時〕(1)9月21日(水) (2)9月26日(月) (3)11月15日(火)(全3日)
10:00~12:00、13:30~15:30((3)は午後のみ)
〔場 所〕市役所7階710会議室
〔対 象〕市内在住・在勤・在学の人
〔定 員〕40人(先着順)
〔料 金〕1,500円
〔講 師〕(1)(2)伊藤明美さん(元浦安市立中央図書館司書)(3)脇明子さん(ノートルダム清心女子大学名誉教授)
〔申込み〕8月23日(火)~9月9日(金)に電話または窓口で
〔その他〕無料託児あり((1)(2)は午前のみ・先着10人・1歳以上)
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186

◇作ろう!勾玉(まがたま)!
 石から勾玉を作ります。
〔日 時〕8月19日(金)・20日(土)(1)10:00~12:00 (2)13:30~15:30
〔場 所〕埋蔵文化財センター(長貫747-1)
〔対 象〕市内在住の小学生と保護者(2人1組)
〔定 員〕各回6組(先着順)
〔料 金〕無料
〔申込み〕8月10日(水)~17日(水)に(1)氏名(2)年齢(3)電話番号(4)希望日時を電話で
〔問合せ〕埋蔵文化財センター TEL65-5151

◇親子マス釣り教室
 神田川でマス釣りをします。
〔日 時〕8月21日(日)9:00~11:00
〔場 所〕神田川・神田川ふれあい広場周辺
〔対 象〕小学生と保護者
〔定 員〕20組(先着順)
〔料 金〕無料
〔申込み〕8月8日(月)~19日(金)に(1)氏名(2)年齢(3)電話番号を往復はがきまたはメールで(必着)
〔その他〕釣りざおを無料で借りられます。
〔問合せ〕富士宮市非出資漁業協同組合 高野孝雄さん(青木395-1) メールfujinomiyagyokyo@hotmail.co.jp

◇親子で作るペットボトルロケット講座
 親子で協力しながら、ペットボトルと牛乳パックでロケットを作ります。出来上がったら、みんなで一緒に飛ばします。
〔日 時〕8月21日(日)10:00~12:00
〔場 所〕富士山環境交流プラザ
〔対 象〕小学生以上の親子(小学生未満は応相談)
〔定 員〕6組(先着順)
〔料 金〕子ども1人500円
〔申込み〕8月10日(水)9:00~電話で
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)

◇ちびっこ染物体験&夏の草木染め体験
 プラザ周辺の森で植物を採り、集めた材料で草木染めをします。バンダナくらいの大きさの布に模様をつけながら染めます。
〔日にち〕8月27日(土)
【ちびっこ染物体験(バンダナ)】
〔時 間〕10:00~12:00
〔対 象〕4~6歳児と保護者
〔定 員〕5組(先着順)
〔料 金〕300円
【夏の草木染め体験(バンダナ+エコバッグ)】
〔時 間〕13:30~15:30
〔対 象〕小学生(参加者の保護者は、有料で参加できます)
〔定 員〕5人(先着順)
〔料 金〕600円
共通事項
〔場 所〕富士山環境交流プラザ周辺の森、工作室
〔申込み〕8月13日(土)9:00~電話で
〔その他〕荒天中止
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)

◇ちびっこ木登り教室&南陵の森 ツリーイング教室
 ロープを使った安全で楽しい木登り(ツリーイング)体験です。
〔日にち〕9月23日(金・祝)~25日(日)
【ちびっこ木登り教室】
〔時 間〕10:00~12:00
〔対 象〕4~6歳児と保護者(対象外のきょうだいも応相談)
〔定 員〕各日3組(先着順)
〔料 金〕1組1,500円(1人追加につき800円)
【南陵の森 ツリーイング教室】
〔時 間〕13:30~16:30
〔対 象〕小学生以上
〔定 員〕各日6人(先着順)
〔料 金〕1,500円
共通事項
〔場 所〕富士山環境交流プラザ、南陵の森
〔講 師〕ツリーマスタークライミングアカデミー
〔申込み〕8月28日(日)9:00~電話で
〔その他〕雨天中止
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)

◇もりのあそびば
 今回のテーマは、水遊びです。定時の放水タイムや水鉄砲コーナーもあります。ぬれても良い服装で来てください。
〔日 時〕9月3日(土)10:00~15:30
〔場 所〕富士山環境交流プラザ中庭
〔対 象〕どなたでも(4歳~小学生程度の内容です)
〔申込み〕不要。直接会場へ
〔持ち物〕着替え
〔その他〕雨天中止。当日の朝、富士山環境交流プラザのInstagramで実施可否をお知らせします。
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)

◇納涼交流会
 富士根北地区のふれあいサロンの子育てママと交流しながら、夏休みのひとときを過ごそう。マジックショーやあひるボール、ヨーヨー釣り、読み聞かせもあります。
〔日 時〕8月13日(土)9:45~11:45 受付9:00~
〔場 所〕富士根北公民館
〔定 員〕100人
〔料 金〕無料
〔申込み〕不要。直接会場へ
〔問合せ〕富士根北公民館 TEL23-3896

◇「家族」フォトコンテスト作品募集
 「家族」のあたたかさや大切さをテーマに写真を募集します。ご近所の人やペット、愛情弁当など、家族のつながりを感じるものであればOKです。あなたの「家族」を表現してください。 
〔対 象〕市内在住または在勤の人
〔申込み〕9月1日(木)までに(1)題名(2)エピソード(100字以内)(3)住所(4)氏名(5)電話番号(6)メールアドレスを電子申請または窓口で
〔その他〕最優秀賞1点、優勝賞3点、協賛企業特別賞6点、参加賞
〔問合せ〕女性が輝くまちづくり推進室 TEL22-1307 メールkoryu@city.fujinomiya.lg.jp
〔H P〕トップページ>市民の皆さんへ>その他>催し・講座・募集>催し・講座>2022「家族」フォトコンテスト

◇あいのうた ~出会いから子育てまでの短歌コンテスト~
 恋人との出会いや、子育てのエピソード、家族への想いなどを詠んだ短歌を募集します。
〔募集部門〕・一般の部 ・ジュニアの部(18歳以下)
〔選賞(各部門)〕最優秀賞1作品 優秀賞2作品 審査員特別賞2作品 入選15作品
〔対 象〕どなたでも
〔申込み〕9月30日(金)までに(1)氏名(ふりがな)(2)郵便番号(3)住所(4)年齢(小中高生は学校名と学年)(5)電話番号(6)メールアドレス(7)作品(8)作品を作ったときの気持ち(50字以内)を郵送、ファックス、またはあいのうた事務局公式ウェブサイトで(当日消印有効)
     〒430-0929 浜松市中区中央2丁目10番1号 浜松青色会館5階 (株)中日アド企画内 あいのうた事務局 宛
〔問合せ〕あいのうた事務局 TEL053-452-0555 FAX053-452-0681
〔H P〕https://ainouta2022.com/

◇ふじのみやハハラッチライター7期生募集
 育児や富士宮に関する情報を発信してくれるお母さんを募集します。文章の書き方や撮影方法などを養成講座で学ぶと、市公認のライターとして活躍できます。
【事前説明会】
〔日 時〕9月1日(木)10:00~12:00
〔場 所〕駅前交流センターきらら
〔申込み〕不要
【養成講座】
〔日にち〕9月22日(木)開講式
     9月29日(木)ライティング講座(1)
     10月 6日(木)ライティング講座(2)
     10月20日(木)カメラ講座
     10月27日(木)フィールドワーク講座
     11月10日(木)タウンセールス講座
     11月17日(木)スキルアップ講座
     12月15日(木)修了式
〔時 間〕10:00~12:00
〔場 所〕市内公共施設
〔対 象〕市内在住または在勤のお母さん
〔定 員〕10人程度
〔料 金〕無料
〔申込み〕9月11日(日)までにハハラッチウェブサイトで
〔その他〕養成講座は無料託児あり。取材活動などに対する報酬はありません。
〔問合せ〕NPO法人母力向上委員会 TEL78-0741
     市民交流課 TEL22-1307
〔H P〕http://haharazzi.info


■案内
◇児童扶養手当現況届(8月末分)
 8月31日(水)までに現況届を提出しないと、11月分から児童扶養手当を受けられません。必ず手続きしてください。
【通常窓口】
〔日 時〕8月1日(月)~31日(水)9:00~16:30(土日祝を除く)
〔場 所〕市役所1階子ども未来課
【集中受付】
〔日 時〕8月15日(月)~17日(水)9:00~16:30(土日を除く)
〔場 所〕(母子家庭など)市役所1階111会議室 (父子家庭)市役所1階子ども未来課
共通事項
〔持ち物〕通知文書、受給者証書
〔その他〕一部支給停止措置除外の対象者には、事前に通知しています。現況届の手続きの際に。届け出を提出してください。
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1146

◇出張ハローワークひとり親全力サポートキャンペーン
 ひとり親の就労支援のため、現況届を提出する時期に合わせて、就業相談の臨時窓口を開設します。
〔日 時〕8月16日(火)9:00~15:00(12:00~13:00を除く)
〔場 所〕市役所1階111会議室
〔対 象〕児童扶養手当受給者
〔料 金〕無料
〔講 師〕就職支援ナビゲーター(ハローワーク富士宮)
〔申込み〕不要。直接会場へ
〔問合せ〕ハローワーク富士宮職業紹介部門 TEL26-3128

◇ふじのみや妊娠・子育て応援ナビ「母子モ」
 子育てに役立つ無料アプリです。
 ○子育て情報はプッシュ通知でお知らせ
 ○必要な情報を受け取れる
 ○予防接種のスケジュールを自動で作成
 ○日記のように写真や文章で記録
 ○子どもの成長記録もバッチリ
 ○記録は家族と共有
 ○多言語に対応
 アプリのダウンロードは「母子モ」
〔問合せ〕健康増進課 TEL22-2727


■お知らせ
◇子どものことで、こんな心配はありませんか
〔学習面〕
 ・漢字がなかなか覚えられない。
 ・本読みで読み間違いがある。
 ・計算ができない。
〔行動面〕
 ・友達とうまく関われない。
 ・集団行動がとりにくい。
 ・忘れ物が多い。
 気になることや、思い当たることがある場合は、通学している学校へ相談してください。相談員と学校の先生が、専門知識を生かして、お子さんと保護者の皆さんをサポートします。
〔問合せ〕学校教育課 TEL22-1185

●青少年相談センター 夜間相談を行っています
 悩みや不安をかかえる青少年や、子どものことで心配事がある保護者と関係者の相談に応じます。ささいなことでも構いません。まずは、ご連絡ください。
〔夜間開設日〕※8月は開設しません
 9月14日・28日、10月12日・26日、11月9日、12月14日、1月11日・25日、2月8日・22日、3月8日・22日の水曜日
〔電話相談・面接予約〕TEL22-0064 〔子ども若者支援・いじめ110番〕TEL22-1252
〔時 間〕平日9:00~16:30(土日祝を除く)※夜間開設日は20:00まで
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1188

●子どもの人権110番 ひとりで悩まず電話してください TEL0120-007-110
 いじめや体罰、虐待などの悩みについて、気軽に相談してください。家族からの相談も受け付けています。
〔時 間〕平日8:30~17:15
 ※強化週間の8月26日(金)~9月1日(木)は、受付時間を延長します。8:30~19:00(土日は10:00~17:00)
〔料 金〕無料
〔問合せ〕静岡地方法務局静岡県人権擁護委員連合会 TEL0120-007-110
 

◆静岡県の子育て情報、子育て支援ポータルサイト「ふじさんっこ☆子育てナビ」https://www.fujisancco.pref.shizuoka.jp/
県内の子育てに役立つ情報を集めたポータルサイトです。


【 編集後記 】
先日開催された家庭教育学級リーダー講座のテーマは「スマホ・ゲームと上手に付き合うために」でした。保護者の関心がとても高いようでたくさんの受講者が集まってくださいました。講師の話から親子でじっくり話し合いルールを決めることの大切さを改めて感じました。

それでは、今月も子育てを楽しみましょう。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 今月の子育て応援マガジンはいかがでしたか?
スタッフは、子育てメルマガをよりよくするため、皆様の御意見・御感想をお待ちしております。
皆様の声を、下記アドレスにぜひお寄せください。
 Eメール:e-shakyo@city.fujinomiya.lg.jp 

2022/7/10 17:00
子育て応援メールマガジン

子育て応援マガジン第241号

■ 子育て応援マガジン ■ 
―――― 第241号 ――――
■■■■(R4.7.10)■■■■
♪夏の始まりに

あっという間に梅雨が終わり、暑い7月に入りました。本格的な夏が始まりましたね。
さて、学校に通うお子さんをお持ちのご家庭は、今月末から夏休みが始まりますね。夏休みは、どのように過ごしますか?
学校を離れ、家庭との時間を長く過ごすということで、普段とは違う成長につながるのが夏休みですよね。
我が家の小学2年生の長男は、今年の夏、キャンプに行きたいというのが願いです。いろいろなところで主催してくれている子どもたちだけでのキャンプのチラシを持ってきては、「行っていい?」と聞いてきます。
しかし、「まずは、家族でキャンプや、じぃじ、ばぁばのお家に一人で泊まるをクリアしてからね。」と伝えています。
「親が安全を確保しながら、子ども自身が学ぶ」から、「子ども同士で学ぶ」にだんだんシフトしていくことができるのを願っています。
産まれて5か月になる次男は、最近、にぃに、ねぇねの存在がわかるようになった感じがします。普段は、学校や幼稚園で家にいない2人と一緒に過ごす毎日で、どんな変化が生まれるのかも楽しみです。
パパは、夏休み我が家の3人の子どもたちが、ママとどんな成長をしているのか、毎日楽しみにしながら仕事から帰れるのでワクワクします。

それでは、今月号をご覧ください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

--------目 次---------

1 いい母、いいパパ、子育ち広場《必要な力を伸ばす言葉を知ろう・・・・子どもの「3つの自立」を促す声かけ・・・・》
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
4 7月~8月の健診日程(健康増進課:電話22ー2727)
5 子育てブック紹介(中央図書館:電話26ー5062)
6 子育てに関する講座や各種催しなどのお知らせ

◆━━━━━━━━━━━━━
1 いい母、いいパパ、子育ち広場《必要な力を伸ばす言葉を知ろう・・・・子どもの「3つの自立」を促す声かけ・・・・》
◆━━━━━━━━━━━━━
【モンテッソーリの教育について】
モンテッソーリ博士が子どもの観察から学んだ教育法の根本にある考え方は、「子どもは生まれつき自身を成長させ、自立していく力をもっているから、周囲はそれを邪魔してはいけない」ということです。大人の役割は子どもが力を存分に発揮できるよう、必要な時に必要な量の手助けをすることにあります。子どもの自立には、土台となる「身辺自立(身の回りのことができる)」、その上に成り立つ「精神的自立(親から離れられる)」、そして最後に獲得される「知的自立(自分で考えられる)」の3つがあります。子どもは本来「自立したい」という欲求をもっています。大人は子どもが安心して自立に向かっていけるよう環境を整えたいですね。
この環境とは、
(1)家具、道具、部屋の広さなどの物的環境
(2)親や保育士など子どもに影響を与える人の言葉や表情、考え方
を指します。例えば、子どもが自分で着替えたがったときは、着替えをすべて手伝うのではなく、まずは子どもが着脱しやすい服を用意し(物的環境)、うまくできないところがあったら、わかりやすいシンプルな動きでコツを見せます(人的環境)。このように子どもの発達に合わせて2種類の環境を整えれば、子どもは安心して挑戦できます。
1 身辺自立を促す声かけ  ・・・・身の回りのことができる子に・・・・・
身辺自立とは、食事や着替えなど生活する上で必要なことを自分でできるようになることです。これが、子どもの自立の土台となります。
〇例えば「自分でコップに牛乳を注げるようにする」場合
(1)子どもの手のひらサイズの台拭きと雑巾を用意して、子どもの手の届く場所に保管する
(2)子どもが集中できるよう、大人が無言でゆっくりとコップに注ぐ姿を見せる
(3)その後「やってみる?」と誘ってみる
(4)もしこぼしてしまったらチャンス。「大丈夫だよ」と安心させてから「台拭きで拭こうね」と声をかけ、台拭きと雑巾を持ってこさせ、こぼしたミルクを拭くところを見せる。汚れた台拭きと雑巾は洗濯カゴへ
(5)できるようになるまでは、「何回も失敗して上達する」ことを伝えるためにも、失敗しても感情的にはならず、どう処理したらよいのか見せる
(6)どうしてもできない場合は、親が勝手に手を出さずに「手伝ってもいい?」と断って子どもの了解を得てから手伝います
「やりなさい」と強制したり、「危ないから」「汚れるから」と禁じたりするより、まずは親子で一緒にやってみましょう。あくまでも子どもの「自分でやりたい」という思いを尊重します。危険がない範囲で子どもサイズの「本物の道具」を使うことで、リアルな体験を重ねていくことも大事です。
親は、子どもをやさしく誘ったり、安心させたりする言葉がけをしていきたいですね。
2 精神的自立を促す声かけ  ・・・・親から離れられる子に・・・・
精神的自立とは、自分の世界をもち、親から離れても怖がったりせずに安心していられることです。精神的自立には、集中している時にあえて言葉がけをしないことも大切です。例えば、子どもが何かに取り組んでいる時は「何を作っているの?」「そのおうちに2階はあるの?」などと話しかけてしまいがちですが、ぐっとこらえて観察しましょう。せっかくの子どもの集中を壊してしまいます。うまくできた時におおげさに褒めるのも要注意です。これを頻繁に繰り返していると、子どもは褒めてもらうために何かをやるようになったり、逆に褒めてもらえないと不安になったりします。
子どもが何かを「できた!」と報告してきたときは「〇〇ができて良かったね」と努力を認める言葉がけをしてあげれば十分。お絵描きなら「赤色をいっぱい使ったね」「〇や△をいっぱい描いたんだね」と具体的に絵の内容を言葉にしてあげましょう。
子どもは親に認めてもらうことで自信をもちます。親は認める言葉のレパートリーをたくさん増やしておくといいですね。「30分も作っていたね」「こんなに大きなものを作るの大変じゃなかった?」など、見たままの事実をそのまま言葉にすれば十分です。物的環境づくりとして自分の世界に没頭できるように子ども用の小さなテーブルを用意するのもおすすめです。
また、子どもを家族の一員として認め、植物への水やり、食事の時にテーブルに食器を運んで並べるなど、子どもに役割を与えることも精神的自立の助けになるでしょう。
3 知的自立を促す声かけ  ・・・・自分で考えられる子に・・・・
知的自立とは、ものごとを自分で考えたり判断したりすることです。まず、自分で感じたことを言葉で表現することがその第一歩となります。積極的に自然に身をおき、見る、聞く、触る、かぐ、味わう、の五感を通して、素材の手触りやにおいなどをしっかりと味わうことから始めましょう。そして、「ザラザラするね」「スベスベだね」「冷たいね」「甘い匂いがするね」など、大人がその感覚を言葉にして、子どもの感じる心を豊かにしていきましょう。知的自立の出発点は、自分で(なぜだろう?)と感じることです。わからないときは、「調べてみよう」を合言葉にして、親子一緒に辞典などで調べたり、図書館に行ったりすることもよいですね。
例えば、リンゴは赤いものだけでなく黄色かったり青かったり、甘かったりすっぱかったりします。多様なリンゴを体験することで同じ名前のものでもいろいろな種類があり、それぞれに特徴があることが分かってきて視野がぐんと広がります。物事を判断できるようにするための声かけとは「朝はごはんにする?パンにする?」といった二者択一の質問もおすすめです。ここで大切なのは、決めたことに対する責任です。パンを選んだのに「やっぱりごはんが良かった」と言い出したら「そう、ごはんのほうが良かった?だったら昼ごはんはごはんにしようね」と伝えます。
自分が下した判断は、コロコロと簡単に取り消せるものではない。だから、じっくり考えてから決めなければならない。と理解することで徐々に良い選択ができる子に育つでしょう。

                     国際モンテッソーリ協会公認教師 深津高子



◆━━━━━━━━━━━━━
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
◆━━━━━━━━━━━━━
実践編II「子どもの発達に応じて実践しましょう」

◎ 小学生のころからの基本的生活習慣のしつけ方の例
☆生活時間を規則正しくする
・親自身が早寝早起きの手本を示すなどして、子供が規則正しい生活時間のリズムを身につけられるようにしましょう。
・小学校の高学年になると、睡眠時間が不規則になりがちです。睡眠不足は病気への抵抗力を弱め、朝起きられないので朝ごはんが食べられないなどの健康面や、遅刻をするなど学校生活・社会生活面での問題が生じることがありますのできちんとしつけましょう。
・テレビやゲームなどは、時間を区切りましょう。
☆身なりを整える
・低学年のころは、衣服の着脱がきちんとできるよう教えましょう。
・高学年のころになったら、時と場にふさわしい服装や身なりをすることは、礼儀の一つであることを教えましょう。
☆物の整理整頓や後始末をする
・物を大切にすることを教えましょう。
・遊んだ後の片付けを、はじめは親も一緒に行い、徐々に自分だけでもできるように教えましょう。
・整理整頓や後始末について、子供と約束事を作り守らせましょう。
☆家庭学習を習慣づけるためにサポートする
・勉強は習慣化してくると、新しいことを覚えたり、考えをまとめたりして、楽しくやれるようになるものです。家庭での学習習慣作りのために親も協力しましょう。
・勉強は、将来社会の中でどの分野に進もうと必要になる、基礎・基本を身に付けるためにするものだと教えましょう(どの分野に進もうと、自分の好きなことや得意なことに向かって自分の個性や能力を発揮するためには、読み書きや計算の能力などの学力が必要です)。



◆━━━━━━━━━━━━━
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
◆━━━━━━━━━━━━━

●わくわくキッズスペースプロジェクト 子どもふれあい広場
 このプロジェクトは、既存の公共施設を活用し、子どもの遊びの場を創出する取り組みです。
 各施設には、ミルク用の給湯器や授乳室がありますので乳児連れの方も安心です。
 
◇芝川子どもふれあい広場(くれいどるしばらく)TEL65-0402
 クッションマットが敷かれ、小さなお子さんが遊べるすべり台やままごとセットも設置されています。
 充実した図書コーナーや、学校帰りなどに自由に勉強できる16席の学習室もあります。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日も)

◇南陵子どもふれあい広場(富士山環境交流プラザ)TEL59-0050
 学習室には、さわって楽しみながら学べる体験型展示や、木切れを使用した造形あそびのできるスペース、昆虫・植物図鑑、自然系の絵本などがあります。
 工作室では、親子で工作を楽しめる、自然の草花や身近なものを使ったプログラムを行っています。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)

●富士宮市立保育園
 保育園は、育児に関する知識や技術を蓄積しています。
 その機能を活用して、保育園に通っている家庭だけではなく、多くの子育て家庭に対していろいろな支援をしています。
 すべての保育園で子育て相談、園庭開放等を行っていますのでお気軽にご相談ください。
 また、移動図書館[ひばり号]が開設される園もありますのでご利用ください。

◎富士宮市立児童館(愛称:らっこ)(要予約)
 遊戯室にはエアーマット・大型ソフトブロック・ごっこ遊びセット・ボードゲームなどの室内運動具からトランプ・オセロまで取り揃えています。
・住所:富士宮市若の宮町47-1
・開館時間:9:00~16:45
・利用時間:利用時間ごとの予約制になります。
     (1)9:00~10:15
     (2)10:30~11:45
     (3)13:00~15:00
     (4)15:15~16:30
     ※平日の(4)の時間は予約不要、先着40人
     ※あそびの教室の体操の日は、遊戯室を使用するため、(1),(2)の時間の予約ができません。
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日に当たるときは、その翌日も)
・その他:・利用者登録が必要です
     ・予約制
     ・6歳未満の未就学児については、保護者同伴
     ・3歳以上の方はマスク着用
TEL:21-3715
    
【主な機能】
 1階:遊戯室、集会室、子育て支援センター室(大宮保育園内から移転しました)、相談室
 2階:多目的スペース、図書室(児童書・絵本が約300冊!貸出しはありません)
 
詳しくは市HP「富士宮市立児童館」をご確認ください。http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/visuf8000001e2yt.html#example


●子育て支援センター(要予約)
 お子様の健やかな育ちを支援するために、
・乳幼児とその保護者が互いに交流できる場
・子育ての悩みを相談できる場
・子育てに関する情報を得る場
として市内7か所(野中東町・外神・羽鮒・宮原・小泉・中里東町・若の宮町)で開設しています。

 お電話での相談も受け付けています。
各センターの行事予定や問い合わせ先等、詳しくは「富士宮市地域子育て支援センター」ホームページを御覧ください。
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi.html

富士宮市社会福祉協議会子育て支援センター「たっち」7月の主な予定
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi-att/llti2b000000qc4m.pdf



◆━━━━━━━━━━━━━
4 R4年7月~8月の保健事業日程 [健康増進課(保健センター):電話22-2727]
◆━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
○もうすぐパパ・ママ学級(申し込み制)
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制で実施しています。各回実施日の1か月前から申し込みを受け付けます。
  
 対 象:富士宮市民で妊娠中のご夫婦(ママのみの参加もOK)
     沐浴については、初めての出産の方対象
      
持ち物:母子健康手帳    
                     
 沐浴・子育て:7月24日(日)午前 グループに分け、時間をずらして実施
 栄養・歯科 :8月10日(水)13:15~14:30 1時間の講義形式
 母乳育児 :8月17日(水)13:15~14:30 1時間の講義形式
                                    
 ※申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話でお申し込みください。「栄養・歯科」および「母乳育児」は電子申請による申し込みもできます。
  
 ※詳しくは富士宮市ホームページをご覧ください。 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b000000qw1j.html
   
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
---------------------------------------------
○にこにこ離乳食教室(申し込み制)
    
 対象:前期 生後3~4か月児の保護者 予約制
    後期 生後7~8か月児の保護者 予約制
 
 前期:8月4日(木)10:00~11:00(受付9:40~)
 後期:7月20日(水)、8月19日(金)10:00~11:00(受付9:40~)
 
 申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
 電子申請はこちらから https://logofonm.jp/GgrE/babyfood
  
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
---------------------------------------------
〇mama talk べいびっち(申し込み制)
 
 トークテーマについてみんなでワイワイお話しするママと赤ちゃんの集いの場です。
  
 対象:妊娠している方、1歳未満の赤ちゃんを育てている方(パパも参加OKです)
 
 8月29日(月) 転入ママだからこその悩みを聞こう!話そう!
 
 (1)10:00~10:50
 (2)11:00~11:50 ※ 毎回2回実施します。((1)と(2)は同じ内容です。)
 
 申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
 電子申請はこちらから  https://logoform.jp/form/GgrE/mamatalk
 
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
○乳幼児健康相談 月~金曜日 9:00~16:00
 歯科・栄養相談 月~金曜日 9:00~16:00(予約制)
 
 身体計測や育児相談、どのようなことでも構いません。困ったことや心配事がありましたら、来所・電話相談どちらでも構わないので、気軽に声をかけてください。
  
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
―電話のかけ間違いにご注意を!!―
 間違い電話が多発しており、間違われたお宅に大変なご迷惑がかかっています。おかけになる前に、電話番号をご確認ください。万一かけ間違えてしまったときは、相手の方に十分なご配慮をお願いします。
--------------------------------------------

富士宮市HP・子育てお役立ちリンク集 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b00000026i7.html その他事業を紹介しています。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



◆━━━━━━━━━━━━━
5 子育てブック紹介(中央図書館:26-5062)
◆━━━━━━━━━━━━━
子どもと一緒に読む本や子どもに読んで欲しい本をご紹介いたします。

〇幼児向き
●「ちゃぷちゃぷぷーん」(得田之久/文 及川賢治/絵)福音館書店
 楽しい音とリズムにあわせて、動物たちがいろいろな遊びをします。ぞうさんは水遊び、くまさんはおすもう、ぶたさんはでんぐりがえし…… カラフルな動物たちがつぎつぎに登場する、にぎやかで楽しい絵本です。
  分類番号:Eオイ
●「クッキーのおべんとうやさん」(安西水丸/著)クレヴィス
 くろうさぎのクッキーは、おべんとうやさんです。朝早く起きて、おいしいサンドイッチやおにぎりのおべんとうを作ります。今日はどんなお客さんがやってきて、どんなおべんとうを食べるのでしょうか?
 分類番号:Eアン
 
〇低・中学年向き
●「イカにんじゅつ道場-ただいま弟子ぼしゅうちゅう-」(香桃もこ/作 岡田よしたか/絵)福音館書店
 修行を積んで、道場を開いたイカの忍者。弟子の魚たちに忍術を教えていたら、お腹がすいて、ついついぱくりと食べてしまった! 食いしん坊でいいかげん、言い訳ばかりだけどにくめない、ゆかいなイカの忍者のおはなしです。
 分類番号:K913カトウ
●「一撃をねらえ!」(あさだりん/作 酒井以/絵)金の星社
 ある日、風で石垣の上に飛ばされてしまった奈央のテストを、同じ委員会の楽がとってくれました。楽に連れられてボルダリングのジムに行った奈央は、そのかっこよさに衝撃を受け、のぼることの楽しさに目覚めていきます。
 分類番号:K913アサダ

〇中・高学年向き
●「寝るのが楽しくなる睡眠のひみつ」(ヴィッキー・ウッドゲート/文と絵 山崎正浩/訳)創元社
 生きていくために欠かせない「眠り」にまつわる、さまざまな謎を解き明かします。眠るときの姿勢、睡眠のしくみや役割、夢や眠りの神話・伝説などについて、たくさんのイラストや図を使ってわかりやすく解説しています。
 分類番号:K490
●「海をわたる動物園」(いちかわけいこ/作 村田夏佳/絵)アリス館
 戦争の影響で動物がいなくなってしまった日本の動物園。アフリカから日本へ動物たちを運ぶ船に、大学生のシュンは偶然乗り合わせました。62頭の動物たちとの約2か月の船旅を通して、シュンが考えたこととは…… 実話をもとにしたおはなしです。
 分類番号:K913イチカワ

◆富士宮中央図書館児童コーナー行事7月
◎ えほんをよむ会(第1・3土曜日、14:00~)… 7月2日、16日  ◎ おはなし会(第2・4土曜日、14:00~)… 7月9日、23日
いずれも、会場:中央図書館 2階 視聴覚ホール、定員:10人(申込不要)
◎ なつのおたのしみ会(大きな絵本の読み聞かせ&子どもえいが会)…7月30日(土)10:00~ 定員:15人(事前申込制)
※ 体温測定、マスク着用、名簿の作成にご協力ください。※新型コロナウイルス感染予防のため中止、または日程や定員を変更する可能性があります。



◆━━━━━━━━━━━━━
6 子育てに関わる講座や各種催しなどのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━

◇こあら教室(令和3年6月・7月生まれ対象)
 わらべ歌や絵本を楽しみながら、その大切さについてお話しします。
〔日 時〕8月3日(水)9:00~10:00
〔場 所〕療育支援センターこあら
〔定 員〕10人(先着順)
〔申込み〕7月15日(金)~電話で
〔問合せ〕療育支援センター TEL22-6868

◇おもちゃ病院
 壊れて動かなくなったおもちゃを修理しています。
〔日 時〕7月17日(日)13:00~14:00
〔場 所〕大富士交流センター
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1146

◇あそびの教室(未就学児)
 歌、手遊び、紙芝居、工作、体操、わらべ歌などで一緒に遊びます。
〔日 時〕7月6日・13日・20日・27日(水)10:00~11:00
〔場 所〕児童館らっこ
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1146

◇急な病気
〔問合せ〕静岡こども救急電話相談 TEL(シャープ)8000または054-247-9910
〔時 間〕平日18:00~翌8:00 土曜日13:00~翌8:00 日曜日・祝日8:00~翌8:00
〔その他〕緊急・重症のときは迷わず「119」へ

◇虐待かも
〔問合せ〕児童相談所全国共通ダイヤル TEL189(いちはやく)(お近くの児童相談所につながります)
〔時 間〕24時間
〔問合せ〕子ども未来課家庭児童相談係 TEL22-1230
〔時 間〕平日8:30~17:15

◇悩み相談
◆いじめ、不登校、生活態度、就労など、どんなことでも相談してください。
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064
     いじめ110番 TEL22-1252
     メール相談 e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
〔時 間〕平日9:00~16:30(第2・4水曜日は20:00まで)

(以下 広報「ふじのみや」7月号より)
■催し・募集

◇親子地産地消ツアー
 う宮~なで、「地産地消」と「食育」を学びます。終了後、新鮮な野菜をプレゼントします。
〔日 時〕8月3日(水)・5日(金)10:00~12:00
〔場 所〕JAふじ伊豆ファーマーズマーケットう宮~な
〔対 象〕市内在住の小学生親子
〔定 員〕各10組(先着順)
〔料 金〕無料
〔講 師〕栄養士など
〔申込み〕7月15日(金)~22日(金)に、(1)希望日(2)郵便番号(3)住所(4)氏名(親子)(5)学校名(6)学年(7)電話番号を(公社)静岡県栄養士会へファックスまたはメールで
〔問合せ〕(公社)静岡県栄養士会 FAX054-282-5537 メールwebmaster@shizu-eiyoushi.or.jp
     食のまち推進室 TEL22-1691
 
◇アトムキッズの親子体操教室
 親子で思い切り体を動かしてリフレッシュします。
〔日 時〕8月27日(土)10:00~11:00
〔場 所〕総合福祉会館2階安藤記念ホール
〔対 象〕満3歳以上の未就学児と市内在住または在勤の保護者
〔定 員〕48人(先着順)
〔料 金〕1組400円
〔講 師〕杉本啓さん(アトムキッズの先生)
〔申込み〕7月21日(木)~30日(土)に電話で
〔問合せ〕男女共同参画センター TEL22-0341(日・月曜日、祝日、7/19を除く)

◇親と子の施設めぐり
 普段見ることのできない施設の裏側をバスで巡りながら見学します。
【Aコース】
〔日 時〕8月1日(月)8:30~12:00
〔場 所〕清掃センター→中央消防署→市議会
【Bコース】
〔日 時〕8月3日(水)8:50~12:30
〔場 所〕中央図書館→アサヒ飲料富士宮工場
【Cコース】
〔日 時〕8月4日(木)8:30~12:30
〔場 所〕給食センター→盲導犬の里富士ハーネス
共通事項
〔対 象〕市内在住の小学生と保護者
〔定 員〕各20人(先着順・未就学児の同伴不可)
〔料 金〕無料
〔申込み〕7月13日(水)9:00~電話で
〔問合せ〕広報課 TEL22-1119

◇紙飛行機づくり工作講座
 親子で協力しながら、紙飛行機を作り、みんなで飛ばします。
〔日 時〕7月30日(土)10:00~12:00
〔場 所〕富士山環境交流プラザ
〔対 象〕小学生以上の親子
〔定 員〕5組(先着順)
〔料 金〕1個200円
〔申込み〕7月9日(土)9:00~電話で
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)

◇もりのてらこや・サイキョーのシャボン玉をつくろう
 実験をしながら、割れにくいシャボン玉液を作ります。
〔日にち〕7月31日(日)
〔時 間〕(1)10:00~12:00 (2)13:30~15:30
〔場 所〕富士山環境交流プラザ
〔対 象〕小学生
〔定 員〕各回5人(先着順)
〔料 金〕100円
〔申込み〕7月17日(日)9:00~電話で
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)

◇水生生物による河川調査教室
 芝川の水中にいる生物を観察して、河川の水質などを調べます。
〔日 時〕7月30日(土)10:00~12:00
〔場 所〕芝川(市役所集合)
〔対 象〕市内在住の小学生(小学1~3年生は保護者同伴)
〔定 員〕25人(先着順)
〔料 金〕無料
〔申込み〕7月11日(月)~電話で
〔問合せ〕生活環境課 TEL22-1151

◇水の日記念体験~水とともだち~
 8月1日の「水の日」にちなみ、遊びを通して水を学びます。
 (1)プロジェクトWETによる「水のオリンピック」(2)巨大シャボン玉に入っちゃおう
〔日 時〕8月11日(木・祝)10:00~12:00
〔場 所〕市役所1階市民ホール
〔対 象〕5歳以上
〔料 金〕無料
〔申込み〕不要。直接会場へ
〔問合せ〕花と緑と水の課 TEL22-1169

◇水の日記念体験~水のふしぎ~
 実験や工作をしながら学びます。
 (1)富士宮の水の秘密を探ろう(2)光と水の不思議な世界を見てみよう(3)水にかかる力
〔日にち〕8月11日(木・祝)
〔時 間〕1回目9:30~10:20 2回目11:20~12:10
〔場 所〕市役所7階710・721・722会議室
〔対 象〕小学4年生~中学3年生
〔定 員〕各回15人(先着順)
〔料 金〕無料
〔講 師〕東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST
〔申込み〕7月13日(水)~8月5日(金)に電話で
〔問合せ〕花と緑と水の課 TEL22-1169

◇ママ、作っ展&子ども作っ展~寝てるマにママが作るあれこれ~
 ママが子どものために作ったものと、子どもの作品を展示します。
〔日 時〕8月5日(金)~8日(月)9:00~17:00(最終日は15:00まで)
〔場 所〕富士山環境交流プラザ
〔料 金〕無料(ワークショップは有料)
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)
〔H P〕「ママ、作っ展」で検索

◇夏休み小中学生点字教室~新しい発見をしよう~
 視覚障がい者とのふれあいを通して、点字を学びます。
〔日にち〕7月27日(水)白糸会館 
     7月29日(金)富丘交流センター 
     8月2日(火)大富士交流センター
     8月3日(水)総合福祉会館
     8月4日(木)芝川公民館
〔時 間〕9:30~12:30
〔対 象〕小中学生とその家族
〔定 員〕各会場10人(先着順)
〔料 金〕無料
〔申込み〕7月11日(月)~15日(金)に電話または窓口で
〔問合せ〕障がい療育支援課 TEL22-1145

◇夏休み!子ども手話講座
 聞こえない人と交流しながら、手話や聞こえないことについて学びます。
〔日 時〕8月1日(月)・2日(火)13:00~15:30
〔場 所〕市役所7階721・722会議室
〔対 象〕市内在住の小学4年生~中学3年生
〔定 員〕各日15人(先着順)
〔料 金〕無料
〔申込み〕7月13日(水)~22日(金)に(1)住所(2)氏名(3)学年(4)電話番号を、電話またはファックスで
〔問合せ〕障がい療育支援課 TEL22-1145 FAX22-1251

◇もりのてらこや・さがしてみようプラザにいる身近な虫
 見たことあるけどあまり知らない虫、カナブンやオサムシなどを探します。
〔日にち〕7月24日(日)
〔時 間〕(1)9:30~12:00 (2)13:00~15:30
〔場 所〕富士山環境交流プラザ周辺の森
〔対 象〕小学生
〔定 員〕各回10人(先着順)
〔料 金〕500円
〔講 師〕酒井恒輝さん
〔申込み〕7月10日(日)9:00~電話で
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)

◇南陵物語Vol.2やぎと森と私たち
 南陵の森の豊かさを学び感じながら、やぎたちと触れ合います。
〔日 時〕7月18日(月・祝)9:30~12:00
〔場 所〕富士山環境交流プラザ
〔対 象〕どなたでも(小学3年生以下の人は保護者同伴)
〔定 員〕25人(先着順)
〔料 金〕無料
〔申込み〕7月16日(土)までにメールで
〔問合せ〕やぎさんぽ メールsanpoyagi@gmail.com
環境企画課 TEL22-1131

◇富士山ユースオーケストラ団員募集
 3月の定期演奏会に向けて、一緒に練習する仲間(弦・管・打楽器パート)を募集しています。
【練 習】
〔日 時〕7月16日(土)13:30~16:00 以後は土曜日午後(月1回)
〔場 所〕大富士中学校
〔対 象〕小学生以上
〔料 金〕無料
〔講 師〕土屋義昭さん、土屋一恵さん、杉山佳史さん
〔申込み〕市公式ウェブサイトで
【定期演奏会】
〔日 時〕3月12日(日)
〔場 所〕市民文化会館大ホール
〔内 容〕演奏予定曲:狼なんかこわくない
           千尋のワルツ
           「天国と地獄」よりギャロップ
           交響曲第1番よりIV(ブラームス)
           美しき青きドナウ ほか
〔その他〕詳しくは市公式ウェブサイトをご覧ください。
〔H P〕トップページ>市民の皆さんへ>教育・文化・スポーツ>文化活動>富士山ユースオーケストラ団員募集
〔問合せ〕文化課 TEL22-1106


■お知らせ
◇子どものことで、こんな心配はありませんか
〔学習面〕
 ・漢字がなかなか覚えられない。
 ・本読みで読み間違いがある。
 ・計算ができない。
〔行動面〕
 ・友達とうまく関われない。
 ・集団行動がとりにくい。
 ・忘れ物が多い。
 気になることや、思い当たることがある場合は、通学している学校へ相談してください。相談員と学校の先生が、専門知識を生かして、お子さんと保護者の皆さんをサポートします。
〔問合せ〕学校教育課 TEL22-1185


■宮ゼミ
◇feel the マリンバ~親子でマリンバを感じてみよう!~
〔日 時〕8/8(月)午前
〔講 師〕菊池沙弥さん
〔料 金〕無料
〔申込み〕7/12~主催施設に電話(8:45~21:00)、あるいはHPから申し込み可(24時間受付)
〔主催・問合せ〕駅前交流センターきらら TEL22-8111

◇植物のふしぎ~空飛ぶ種アルソミトラ~
〔日 時〕8/6(土)午前
〔講 師〕宇佐美裕司さん
〔料 金〕100円
〔申込み〕7/14~主催施設に電話(8:45~21:00)、あるいは受付開始日のみ電子申請可(24時間受付)
〔主催・問合せ〕南部公民館 TEL23-2818

◇芝川文化ホールバックヤード探検
〔日 時〕7/29(金)午前
〔講 師〕芝川公民館職員
〔料 金〕無料
〔申込み〕7/14~主催施設に電話(8:45~21:00)
〔主催・問合せ〕芝川公民館 TEL65-0402



◆静岡県の子育て情報、子育て支援ポータルサイト「ふじさんっこ☆子育てナビ」https://www.fujisancco.pref.shizuoka.jp/
県内の子育てに役立つ情報を集めたポータルサイトです。



【 編集後記 】
我が家の長女は、今月も質問大好きの日々です。
先日、スーパーの駐車場に止まっているパトカーを見て、「なんで、あの車が止まっているの?」とママに質問。
ママは「困っている人を助けるために、いろいろなことを教えてあげているのよ。」と解答。さすがママ。上手に答えるなぁと感心していると、長女は、「そうか、どれがキャベツで、どれがレタスかおしえてあげているんだ」と納得。
そんな、長女が、夏休みにどんな成長をするのかも、とっても楽しみです。

それでは、今月も子育てを楽しみましょう。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 今月の子育て応援マガジンはいかがでしたか?
スタッフは、子育てメルマガをよりよくするため、皆様の御意見・御感想をお待ちしております。
皆様の声を、下記アドレスにぜひお寄せください。
 Eメール:e-shakyo@city.fujinomiya.lg.jp 

2022/6/10 17:00
子育て応援メールマガジン

子育て応援マガジン 第240号

■ 子育て応援マガジン ■ 
―――― 第240号 ――――
■■■■(R4.6.10)■■■■
♪梅雨入りしそうな季節です。♪

いよいよ梅雨入りしそうな季節となりました。
梅雨になると雨の日が増えたり、突然雨が降ってきたりと、天気の不安定な日が続きます。
そこで困るのが、長男との男2人でのおしゃべりの時間です。我が家と職場の間に、小2の長男の小学校が
あるため、4月から、2人で歩いて通勤、通学しています。仕事が終わって帰ると、子どもたちは寝る支度をしていることが多いため、朝、2人で歩く時間は、息子とおしゃべりをして、
息子の成長が分かる貴重な時間です。学校の授業や休み時間の様子、好きな女の子のこと等いろいろなことをお話ししてくれます。
「今は、小学校1年生の時に隣の席だった女の子と、2年生になり新しく隣の席になった女の子の2人の女の子が好きなんだよ。照れるなぁ」と教えてくれました。
そんな息子の様子が聞ける貴重な時間を邪魔するのが、雨の日です。
雨の日は、「濡れないように」や「いつもよりさらに車に気を付けないと」と親子のおしゃべりどころじゃなくなってしまいます。
そのため、「雨の日は車で行こう」と決めましたが、車に乗ると、カーナビ大好きの息子は、
「まもなく、左方向です。」「300m先直進です。」等、やはり会話どころではなくなり、息子がカーナビになり始めてしまいます。
ましてや車だと、歩いて25分かかる道のりが、5分で着いてしまいます。
好きな女の子の話の続きがとても気になるので、梅雨明けを待ち遠しく思います。

それでは、今月号をお送りします。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

--------目 次---------

1 いい母、いいパパ、子育ち広場《親がかける言葉で子どもは変わる・・・・親の言葉がもっている「すごい力」・・・・》
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
4 6月~7月の健診日程(健康増進課:電話22ー2727)
5 子育てブック紹介(中央図書館:電話26ー5062)
6 子育てに関する講座や各種催しなどのお知らせ

◆━━━━━━━━━━━━━
1 いい母、いいパパ、子育ち広場《親がかける言葉で子どもは変わる・・・・親の言葉がもっている「すごい力」・・・・》

日頃、何気なく使っている「言葉」は実は計り知れない力をもっています。
言葉ひとつで人を元気にさせることもできれば、傷つけることもできてしまいます。特に親が子どもにかける言葉は重要となります。
なぜかというと、子どもは一緒に長くいる人、つまり親の影響を受けて育つからです。そんな親がかける日常の何気ない言葉が、子どもの成長に影響を与えない訳がありません。ポイントは「どういう言葉を使っているか」ということです。大別すると2種類。元気にさせる「プラス言葉」とやる気を失わせる「マイナス言葉」になりますが、愛情をもって育てているわが子をやる気にさせようとして、なぜかやる気を失わせてしまうということはよくあることです。
子どもが自分の思い通りにならない時などは、子どもを自分の思い通りにさせることなど不可能であると頭でわかっていても、つい強制的な言葉を使ったり、やる気を失わせる言葉を使ったりすることもあると思います。
言葉を使うときの基本的スタンスは、
・相手がやりたくなるような言葉
・相手の気持ちが高まる言葉
・相手が元気になる言葉
を使うことです。
 人は自分を勇気づけてくれる人や認めてくれる人を信頼し、助言も受け入れるようになると思います。けっして、強制的な言葉やネガティブな言葉によって人が動くようになるのではないのです。

子どもの性格は、「親の言葉で」180度変わる!
子どもの性格は簡単に変わるものではありません。例えば神経質だったり頑固で人の言うことをいっさい聞かなかったりといった性格は生来の特徴であるため、変わることはめったにありません。
 しかし、親はこのような性格を直したいと思うはずです。変わるはずのない性格を変えようとしても無駄な努力で終わるのですが、実は、驚くほど簡単な方法によって子どもの性格が変わることがあるのです。
 それにはまず、長所と短所が表と裏の関係にあるのを知ることから始めます。例えば「集中力のない子」がいたとします。集中力がないことが性格なのかどうかという問題はありますが、ここでは考え方の例としてみてください。
例)集中力がないとき、親は「集中しなさい!」という声掛けをしてしまいがちです。集中できないのに「集中しなさい」というのは、よくよく考えてみるとおかしな対応です。それでは結果は出ません。そこで「集中力がない」=「まわりのことによく気がつく」と捉え「よく気がつくね」と声かけをしていくのです。決して嫌味っぽくならないように、自然に語りかけましょう。
  ・他には「頑固」=「自分軸をもっている」
      「神経質」=「細かで精度が高い」
などと捉えていきます。つまり、一見短所のように見える性格を、180度ひっくり返して長所にしてしまうのです。すると、まるで子どもの性格が変わったかのように見えます。子どもより親の心の状態がプラスになる効果のほうが高いかもしれません。

子どもの能力は、「親の言葉」で伸びる
子どもの能力は、一言で語ることができないぐらい多岐にわたっています。勉強ができる能力もあれば、人とうまくコミュニケーションがとれる能力もあります。芸術的能力もあれば人とすぐに仲良くなれる能力もあります。子どもがもっている能力を伸ばすために注意したほうが良いと思われることは。他人との比較です。これは本当にクセモノで親が他の子どもと比べてばかりいる場合、子どもの能力開花はあまり期待できません。
他者との比較をすることで、親が劣等感を持ち、子どものマイナス面ばかりを気にして引き上げようとして、命令形の言葉ばかりを頻発。結果として能力が開花しないことになりかねないのです。
重要な点は、子どもの能力を引き上げるというよりも「自己肯定感を上げてあげる」ことです。そのために、子どもの長所に目を向けます。すると、その子の持っている元来の能力が引き出されていくことになります。子どもの自己肯定感をひきあげるために、次の10個の言葉を日常会話で使ってみてください。きっと、子どもの表情が変わることに驚くことでしょう。
【承認の言葉】「いいね」「すごいね」「さすがだね」
【関心の言葉】「なるほどね」「知らなかった」
【感謝の言葉】「ありがとう」「うれしい」「助かった」
【安心の言葉】「大丈夫」
【指摘の言葉】「〇〇ちゃんらしくないね」

  教育評論家 都留文科大学特任教授 石田 勝紀 氏



◆━━━━━━━━━━━━━
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
◆━━━━━━━━━━━━━
実践編II「子どもの発達に応じて実践しましょう」

◎ 小学生のころからの基本的生活習慣のしつけ方の例
☆生活時間を規則正しくする
・親自身が早寝早起きの手本を示すなどして、子供が規則正しい生活時間のリズムを身につけられるようにしましょう。
・小学校の高学年になると、睡眠時間が不規則になりがちです。睡眠不足は病気への抵抗力を弱め、朝起きられないので朝ごはんが食べられないなどの健康面や、遅刻をするなど学校生活・社会生活面での問題が生じることがありますのできちんとしつけましょう。
・テレビやゲームなどは、時間を区切りましょう。
☆身なりを整える
・低学年のころは、衣服の着脱がきちんとできるよう教えましょう。
・高学年のころになったら、時と場にふさわしい服装や身なりをすることは、礼儀の一つであることを教えましょう。
☆物の整理整頓や後始末をする
・物を大切にすることを教えましょう。
・遊んだ後の片付けを、はじめは親も一緒に行い、徐々に自分だけでもできるように教えましょう。
・整理整頓や後始末について、子供と約束事を作り守らせましょう。
☆家庭学習を習慣づけるためにサポートする
・勉強は習慣化してくると、新しいことを覚えたり、考えをまとめたりして、楽しくやれるようになるものです。家庭での学習習慣作りのために親も協力しましょう。
・勉強は、将来社会の中でどの分野に進もうと必要になる、基礎・基本を身に付けるためにするものだと教えましょう(どの分野に進もうと、自分の好きなことや得意なことに向かって自分の個性や能力を発揮するためには、読み書きや計算の能力などの学力が必要です)。



◆━━━━━━━━━━━━━
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
◆━━━━━━━━━━━━━

●わくわくキッズスペースプロジェクト 子どもふれあい広場
 このプロジェクトは、既存の公共施設を活用し、子どもの遊びの場を創出する取り組みです。

◇芝川子どもふれあい広場(くれいどるしばらく)TEL65-0402
 クッションマットが敷かれ、小さなお子さんが遊べるすべり台やままごとセットも設置されています。
 また、乳幼児の保護者同士が情報交換できる談話スペースもあります。
 14席の読書コーナーや学校帰りなどに自由に勉強できる16席の学習室もあります。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日も)

◇南陵子どもふれあい広場(富士山環境交流プラザ)TEL59-0050
 家族で一緒に環境を学べるように、子ども用の椅子、絵本や図鑑、木製玩具などが設置され、授乳室もあります。
 また、工作室では、親子が工作を楽しめるようにいくつかのプログラムが用意されています。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)

●富士宮市立保育園
 保育園は、育児に関する知識や技術を蓄積しています。
その機能を活用して、保育園に通っている家庭だけではなく、多くの子育て家庭に対していろいろな支援をしています。
すべての保育園で子育て相談、園庭開放等を行っていますのでお気軽にご相談ください。
また、移動図書館[ひばり号]が開設される園もありますのでご利用ください。

◎富士宮市立児童館(要予約)
 富士宮市立児童館(愛称 らっこ)が令和4年5月7日にオープンしました!
住所:富士宮市若の宮町47-1
開館時間:9:00~16:45
利用時間:利用時間ごとの予約制になります。
     (1)9:00~10:15
     (2)10:30~11:45
     (3)13:00~15:00
     (4)15:15~16:30
     ※平日15:15~16:30の時間帯は小学生以上のみの利用(予約不要先着順)
休館日:毎週月曜日
その他:・利用者登録が必要です
    ・予約制
    ・6歳未満の未就学児については、保護者同伴
    ・3歳以上の方はマスク着用
TEL:21-3715
    
【主な機能】
 1階:遊戯室、集会室、子育て支援センターおおみや(大宮保育園内にあった「子育て支援センターおおみや」が移転しました)、相談室
 2階:多目的スペース、図書室(児童書や絵本が約300冊!貸出しはありません)
 
詳しくは市HP「富士宮市立児童館」をご確認ください。http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/visuf8000001e2yt.html#example


●子育て支援センター(要予約)
 お子様の健やかな育ちを支援するために、
・乳幼児とその保護者が互いに交流できる場
・子育ての悩みを相談できる場
・子育てに関する情報を得る場
として市内7か所(野中東町・外神・羽鮒・宮原・小泉・中里東町・元城町)で開設しています。

 お電話での相談も受け付けています。
各センターの行事予定や問い合わせ先等、詳しくは「富士宮市地域子育て支援センター」ホームページを御覧ください。
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi.html

富士宮市社会福祉協議会子育て支援センター「たっち」6月の主な予定
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi-att/llti2b000000qc4m.pdf



◆━━━━━━━━━━━━━
4 R4年6月~7月の保健事業日程 [健康増進課(保健センター):電話22-2727]
◆━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
○もうすぐパパ・ママ学級(申し込み制)
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制で実施しています。各回実施日の1か月前から申し込みを受け付けます。
  
 対 象:富士宮市民で妊娠中のご夫婦(ママのみの参加もOK)
     沐浴については、初めての出産の方対象
      
持ち物:母子健康手帳    
                     
 栄養・歯科 :6月23日(木)13:15~14:30 1時間の講義形式
 沐浴・子育て:7月24日(日)午後 グループに分け、時間をずらして実施
                                    
 ※申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話でお申し込みください。「栄養・歯科」および「母乳育児」は電子申請による申し込みもできます。
  
 ※詳しくは富士宮市ホームページをご覧ください。 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b000000qw1j.html
   
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
---------------------------------------------
○にこにこ離乳食教室(申し込み制)
    
 対象:前期 生後3~4か月児の保護者 予約制
    後期 生後7~8か月児の保護者 予約制
 
 前期:6月17日(金)、7月4日(月)10:00~11:00(受付9:40~)
 後期:6月29日(水)、7月20日(水)10:00~11:00(受付9:40~)
 
 申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
 電子申請はこちらから https://logofonm.jp/GgrE/babyfood
  
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
---------------------------------------------
〇mama talk べいびっち(申し込み制)
 
 トークテーマについてみんなでワイワイお話しするママと赤ちゃんの集いの場です。
  
 対象:妊娠している方、1歳未満の赤ちゃんを育てている方(パパも参加OKです)
 
 6月22日(水) 日焼け、虫よけ、お出かけ…どうする?真夏育児
 7月7日(木) みんなどうしてる?赤ちゃんのお風呂
 
 (1)10:00~10:50
 (2)11:00~11:50 ※ 毎回2回実施します。((1)と(2)は同じ内容です。)
 
 申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
 電子申請はこちらから  https://logoform.jp/form/GgrE/mamatalk
 
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
○乳幼児健康相談 月~金曜日 9:00~16:00
 歯科・栄養相談 月~金曜日 9:00~16:00(予約制)
 
 身体計測や育児相談、どのようなことでも構いません。困ったことや心配事がありましたら、来所・電話相談どちらでも構わないので、気軽に声をかけてください。
  
 ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
―電話のかけ間違いにご注意を!!―
 間違い電話が多発しており、間違われたお宅に大変なご迷惑がかかっています。おかけになる前に、電話番号をご確認ください。万一かけ間違えてしまったときは、相手の方に十分なご配慮をお願いします。
--------------------------------------------

富士宮市HP・子育てお役立ちリンク集 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b00000026i7.html その他事業を紹介しています。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



◆━━━━━━━━━━━━━
5 子育てブック紹介(中央図書館:26-5062)
◆━━━━━━━━━━━━━
子どもと一緒に読む本や子どもに読んで欲しい本をご紹介いたします。

〇幼児向き
●「おとうさんのぼり」(くすのきしげのり/作 北村裕花/絵)学研プラス
 お父さんにのぼるのが大好きなぼく。ある日入院しているおじいちゃんのお見舞いに行くと、おじいちゃんも子どもの頃に「おとうさんのぼり」をしていたと話してくれました。楽しくていとおしい、親子3世代のふれあい物語です。
 分類番号:Eキタ
●「おとうとがおおきくなったら」(ソフィー・ラグーナ/文、ジュディ・ワトソン/絵、当麻ゆか/訳)徳間書店
 ぼくの弟のテオは赤ちゃんで、まだ一緒に遊ぶことはできません。テオがもっと大きくなったら、自転車でジャングルに行って、それから海辺でお城をつくって…… 男の子が小さな弟と過ごす未来の想像をふくらませる、心に残る絵本です。
 分類番号:Eワト
 
〇低・中学年向き
●「まよなかのサイクリング(しばいぬチャイロのおはなし 1)」(たるいしまこ/作)あかね書房
 飼い犬のチャイロは、たっくんの赤い自転車を見て「ぼくも乗ってみたいなあ」と思っています。ある夜、チャイロは猫のシロと一緒にこっそり自転車に乗って……!? 飼い主には秘密の大冒険を描いた、わくわくするおはなしです。
 分類番号:K913タルイシ
●「タヌキの土居くん」(富安陽子/作大島妙子/画)福音館書店
 新学期がはじまったある朝、3年生のアカネちゃんが一番に教室に入ろうとすると、すでにとなりの席にだれかがいます。その姿は……なんとタヌキ!その結末にあっとおどろく、楽しいおはなしです。
 分類番号:K913トミヤス

〇中高学年向き
●「リサイクルでかんたん!エコ手芸-直して使おう!-」(寺西恵里子/著)新日本出版社
ボタンが取れたり穴が開いたりした洋服や靴下、捨ててしまうのはもったいない!ちょっとした工夫とアイデアで、また着られるようになります。お裁縫の基礎といろいろな“お直し”の方法を、写真でわかりやすく解説しています。
 分類番号:K590
●「ライトニング・メアリ-竜を発掘した少女-」(アンシア・シモンズ/作、布施由紀子/訳、カシワイ/絵)岩波書店
 赤ん坊のころに落雷の直撃を受け、「稲妻メアリ」と呼ばれる少女は、父の仕事を手伝い、ライム・リージスの海岸で「珍しい石」を見つけるうちに、地質学や自然科学への情熱を育んでいきます。12歳で世界初の魚竜イクチオサウルスの化石を発見した、メアリ・アニングの物語です。
 分類番号:K289ア

◆富士宮中央図書館児童コーナー行事6月
◎ えほんをよむ会(第1・3土曜日、14:00~)… 6月4日、18日  ◎ おはなし会(第2・4土曜日、14:00~)… 6月11日、25日
※ いずれも、会場:中央図書館 2階 視聴覚ホール、定員:10人、申込不要。 体温測定、マスク着用、名簿の作成にご協力ください。
※ 新型コロナウイルス感染予防のため中止、または日程や定員を変更する可能性があります。



◆━━━━━━━━━━━━━
6 子育てに関わる講座や各種催しなどのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━

◇こあら教室(令和3年5月・6月生まれ対象)
 わらべ歌や絵本を楽しみながら、その大切さについてお話します。
〔日 時〕7月6日(水)
[時 間]9:00~10:00
[場 所]療育支援センターこあら
〔定 員〕10人(先着順)
〔申 込〕6/15(水)~電話で
[問合せ]療育支援センター TEL22-6868

◇おもちゃ病院
 壊れて動かなくなったおもちゃを修理しています。
〔日 時〕6月19日(日)13:00~14:00
〔場 所〕大富士交流センター
[問合せ]子ども未来課 TEL22-1146

◇あそびの教室(未就学児)
〔内 容〕歌、手遊び、紙芝居、工作、体操、わらべ歌などで一緒に遊びます。
〔日 時〕6/1、6/8、6/15、6/22、6/29(水)10:00~11:00
〔場 所〕大富士交流センター
〔その他〕先着順
[問合せ]子ども未来課 TEL22-1146

◇急な病気
〔問合せ〕静岡こども救急電話相談 TEL(シャープ)8000または054-247-9910
〔時 間〕平日18:00~翌8:00 土曜日13:00~翌8:00 日曜日・祝日8:00~翌8:00
〔その他〕緊急・重症のときは迷わず「119」へ

◇虐待かも
〔問合せ〕児童相談所全国共通ダイヤル TEL189(いち早く)(お近くの児童相談所につながります)
〔時 間〕24時間
〔問合せ〕子ども未来課家庭児童相談係 TEL22-1230
〔時 間〕平日8:30~17:15

◇悩み相談
◆いじめ、不登校、生活態度、就労など、どんなことでも相談してください。
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064
     いじめ110番 TEL22-1252
     メール相談 e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
〔時 間〕平日9:00~16:30(第2・4水曜日は20:00まで)

(以下 広報「ふじのみや」6月号より)
■催し・募集

◇子育て家族のリフレッシュ講座 レアチーズケーキ作り
〔日 時〕7月9日(土)9:30~11:30
〔場 所〕総合福祉会館1階調理実習室
〔対 象〕市内在住または在勤で、未就学児を子育て中のお母さん・お父さん
〔定 員〕10人(先着順・1家族1人)
〔料 金〕1,600円
〔講 師〕稲葉文子さん
〔申込み〕6月14日(火)~24日(金)に電話で
〔その他〕無料託児あり(先着10人・1歳程度以上の未就学児)
〔問合せ〕男女共同参画センター TEL22-0341
 
◇絵本とわらべうたの会
 生まれて数か月の赤ちゃんでも、お母さんのうた声と一緒にゆっくりと身体をゆすられることを楽しみます。
〔日 時〕7月12日(火)10:00~11:00
〔場 所〕西公民館
〔対 象〕市内在住の乳幼児と保護者
〔定 員〕10組(先着順)
〔講 師〕市民読書サポーター
〔申込み〕6月10日(金)~電話または窓口で
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186

◇夏休み親子議場見学会
 議場や委員会室を見学して、市議会の仕組みや役割を学びます。議場で、議長や副議長に質問できます。
〔日 時〕8月12日(金)10:00~11:30
〔場 所〕市役所2階市議会
〔対 象〕市内在住の小学5・6年生と保護者
〔定 員〕12組(応募多数の場合は抽選)
〔料 金〕無料
〔申込み〕6月10日(金)~7月1日(金)に郵送、窓口または電子申請で
〔その他〕無料託児あり(1歳以上の未就学児)
〔問合せ〕市議会事務局 TEL22-1191

◇平和を願って ひまわりリース作り
細長い紙をくるくる巻いて作るクイリングで、ひまわりのリースを作ります。
〔日 時〕7月23日(土)10:00~12:00
〔場 所〕富士山環境交流プラザ
〔対 象〕10歳以上(10歳未満は保護者同伴)
〔定 員〕15人(先着順)
〔料 金〕1,300円
〔講 師〕小野典子さん
〔申込み〕6月13日(月)9:00~電話で
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)

◇年長さんのおやこクッキング教室
包丁を使った簡単な調理体験を通じて、親子で食に親しみます。
〔日にち〕7月23日(土)
〔時 間〕(1)9:30~10:30 (2)11:00~12:00 (3)13:00~14:00 (4)14:30~15:30
〔場 所〕保健センター
〔対 象〕市内在住の年長児と保護者
〔定 員〕各回8組(先着順)
〔料 金〕無料
〔講 師〕管理栄養士など
〔申込み〕6月28日(火)~7月15日(金)に電話で
〔その他〕作ったものは持ち帰ります。
〔問合せ〕健康増進課 TEL22-2727

◇小学生のためのファミリークッキング
夏休みを利用して、親子で一緒に食を学び、料理を作ります。
〔日 時〕8月5日(金)13:00~15:00
     8月6日(土)10:00~12:00
〔場 所〕保健センター
〔定 員〕各回6組(先着順)
〔対 象〕市内在住の小学生と保護者(小学生のみは不可)
〔料 金〕1組500円
〔講 師〕富士宮市食育ボランティアななくさ会会員
〔申込み〕7月5日(火)~7月29日(金)に電話または窓口で
〔その他〕作ったものは持ち帰ります。
〔問合せ〕健康増進課 TEL22-2727

◇夏休み親子おこづかい教室
楽しく学びながら、お金の使い道を身に付けます
〔日 時〕8月2日(火)13:30~15:00
〔場 所〕市役所7階710会議室
〔対 象〕市内在住の小学生と保護者
〔定 員〕親子20組(先着順)
〔料 金〕無料
〔講 師〕ファイナンシャル・プランナー
〔申込み〕6月14日(火)~7月13日(水)に電話または窓口で
〔その他〕無料託児あり(1歳以上の未就学児)
〔問合せ〕市民生活課 TEL22-1132

◇FAIRこども国際理解講座 エルシー先生と英語で遊ぼう
英語に触れながら、夏休みの思い出を作ります。
〔日 時〕7月31日(日)10:00~11:00
〔場 所〕駅前交流センターきらら
〔対 象〕市内在住の小学1~3年生
〔定 員〕6組(先着順・兄弟姉妹の同伴不可)
〔料 金〕無料
〔講 師〕エルシー・ホルンビアさん(FAIR中級英会話講師)
〔申込み〕6月25日(土)9:00~FAIR事務局窓口で ※受付初日に定員に達しない場合は、電話またはメールでも受け付けます。
〔問合せ〕FAIR事務局(駅前交流センターきらら内) TEL22-8111  Mail info@fair-fujinomiya.com


■お知らせ
◇子どものことで、こんな心配はありませんか
〔学習面〕
 ・漢字がなかなか覚えられない。
 ・本読みで読み間違いがある。
 ・計算ができない。
〔行動面〕
 ・友達とうまく関われない。
 ・集団行動がとりにくい。
 ・忘れ物が多い。
 気になることや、思い当たることがある場合は、通学している学校へ相談してください。相談員と学校の先生が、専門知識を生かして、お子さんと保護者の皆さんをサポートします。
〔問合せ〕学校教育課 TEL22-1185



■宮ゼミ
◇新聞スクラップブック作り(親子)
〔日 時〕7/30(土)午後
〔講 師〕中野新聞舗、鈴木新聞店、ツタウェル
〔料 金〕無料
〔申込み〕6月中旬~中野新聞舗へFAXで FAX23-2777
〔主催・問合せ〕西公民館 TEL22-3355

◇親子でプログラミングを学ぼう
〔日 時〕7/23(土)午前
〔講 師〕平野謙武さん
〔料 金〕無料
〔申込み〕6/25~主催施設に電話(8:45~21:00)、あるいは受付開始日のみ電子申請可(24時間受付)
〔主催・問合せ〕柚野公民館 TEL66-0100

◇陶芸講座
〔日 時〕7/31(日)午前
〔講 師〕小割祥嗣さん ほか
〔料 金〕1,500円
〔申込み〕6/28~主催施設に電話(8:45~21:00)、あるいはHPから(24時間受付)  
〔主催・問合せ〕富丘交流センター TEL21-3305

◇親子科学実験教室 大人にもわかる表面張力の観察と実験
〔日 時〕7/30(土)午前
〔講 師〕中澤進さん(サイエンスプロジェクト)ほか
〔料 金〕1キット400円
〔申込み〕6/30~
〔主催・問合せ〕富士根北公民館 TEL23-3896

◇親子でガラスアート(小学生と保護者)
〔日 時〕8/2(火)・3(水)午前
〔講 師〕荒木延江さん
〔料 金〕500円~
〔申込み〕7/5~
〔主催・問合せ〕富士根南公民館 TEL26-2211

◇Scratchで親子プログラミング体験
〔日 時〕7月2日(土)
〔講 師〕中澤進さん(サイエンスプロジェクト)ほか
〔料 金〕ルーター代500円
〔申込み〕6月14日~
〔主催・問合せ〕富士根北公民館 TEL23-3896

◇こども将棋教室(小学生対象)
〔日 時〕7月3日~8月7日(日)予備日8月14日(日)午後
〔講 師〕将棋連盟富士宮支部
〔料 金〕無料
〔申込み〕6月14日
〔主催・問合せ〕富士根南公民館 TEL26-2211

◇富士宮高校会議所プレゼンツSDGs
〔日 時〕7月31日(日)午前
〔講 師〕時田定則さん(富士宮高校会議所)
〔料 金〕実費
〔申込み〕7月5日~主催施設に電話(8:45~21:00)、あるいは受付開始日のみ電子申請可(24時間受付)
〔主催・問合せ〕西公民館 TEL22-3355

◇夏休み応援講座「絵を描こう」
〔日 時〕7月27日(水)午前
〔講 師〕真野まき子さん、田中慶美さん
〔料 金〕無料
〔申込み〕7月6日~主催施設に電話(8:45~21:00)、あるいは受付開始日のみ電子申請可(24時間受付)
〔主催・問合せ〕上野・北山地域学習センター TEL58-026

◆静岡県の子育て情報、子育て支援ポータルサイト「ふじさんっこ☆子育てナビ」https://www.fujisancco.pref.shizuoka.jp/
県内の子育てに役立つ情報を集めたポータルサイトです。



【 編集後記 】
 子どもたちに、「今日は何がある?」「今日はどうだった?」「友達と何して遊んだ?」と質問ばかりした結果、最近では、逆に質問ばかりされるようになりました。
 子どもたちの質問は、言葉の意味を聞くことがほとんどで、年中さんの長女は、単語一つひとつに反応し、どういう意味?と聞いてきます。
 子どもの成長過程として、言葉の意味を質問したがる時期なのかもしれませんので、父親として正しい返答をしようと思いますが、なかなか返答に困るときがあり、妻と2人で頭を悩ませることが多々あります。
 今は、なんでもスマホを見て、スマホで検索してしまえば早い時代です。子供たちがスマホではなく、私を見て、私で検索してくれている時間を大切にしたいなと思っています。

 それでは、今月も子育てを楽しみましょう。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 今月の子育て応援マガジンはいかがでしたか?
スタッフは、子育てメルマガをよりよくするため、皆様の御意見・御感想をお待ちしております。
皆様の声を、下記アドレスにぜひお寄せください。
 Eメール:e-shakyo@city.fujinomiya.lg.jp  

2022/5/10 17:00
子育て応援メールマガジン

子育て応援マガジン第239号

■ 子育て応援マガジン ■ 
―――― 第239号 ――――
■■■■(R4.5.10)■■■■
 5月になりました。爽やかな風、澄んだ空、何をするにも過ごしやすい季節となりました。さて皆さん、GWはどこかに出かけましたか?私は、このメルマガを書いているのが「5月4日の15時」とゴールデンウィークど真ん中です。3年ぶりに世の中が「規制のないGW」と楽しんでいる映像をうらやましく見ています。
 GW中、我が家の子どもたちは、外で遊んだり、テレビを見たりして過ごしました。長男は、先日テレビで、映画のドラゴンボールが放送されたのを機に、ドラゴンボールが大ブームで、妹と毎日のようにケンカをしては、カメハメ波を打ちまくっている日々です。
 そんな長男と妹が先日、めずらしく2人で仲良くテレビを見ていました。何を見ているのかというと「すくすく子育て」。すくすく子育てに登場している子どもたちが、わがままを言ったり、喧嘩をしたり、駄々をこねたりしている映像を見ながら、2人で「あんなことしちゃ駄目だよね。」と意気投合しています。
その姿を見て、ちゃんと駄目なことはわかっているんだな。と感心していると、そんな2人の後ろ姿にママは、「普段のあんた達の姿よ。」と一言。
 毎日子どもの様子をちゃんと見てくれているママだから言える一言に、感謝です。子どもたちと一緒に、母の日に感謝を伝えようと心に決めたGWでした。
 
 それでは、今月号をお送りします。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

--------目 次---------

1 いい母、いいパパ、子育ち広場《こどもを笑顔にさせる10のコツ・・・・子育てに悩むパパ・ママへ・・・・》
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
4 5月~6月の健診日程(健康増進課:電話22ー2727)
5 子育てブック紹介(中央図書館:電話26ー5062)
6 子育てに関する講座や各種催しなどのお知らせ

◆━━━━━━━━━━━━━
1 いい母、いいパパ、子育ち広場《こどもを笑顔にさせる10のコツ・・・・子育てに悩むパパ・ママへ・・・・》

先月号と今月号にわたり「こどもを笑顔にさせる10のコツ」を掲載しています。今月号ではポイント(6)~(10)をご紹介します。

(6)アイメッセージを使う
親子に上下関係はありません。
食事や衣服を与えるのはもちろん親ですが、だからといって命令して良いものではありません。
言葉のひとつひとつにも、相手に対する気持ちが表れます。具体的には、「(あなたは)~しなさい」というのがユーメッセージ、「(私は)~と思う」「(私は)~してほしい」というがアイメッセージです。アイメッセージは、相手の意思や考えを尊重する心があふれたメッセージです。こどもの反発心を招きにくく、こどもが建設的にものごとを考えられるよう導く可能性に満ちた伝え方なのです。
こどもだって自分というものを持っているので、「やれ」と言われたら反発を覚えてしまうもの。その意味で、このアイメッセージというのは非常に優れた伝え方ではないかと思います。こどもを一人の人間としてとらえられるか、そこがキーポイントです。

(7)こどもにありがとうと言う
ありがとうは魔法の言葉です。 子どもに限らず、すべての人に有効な最強の言葉、それが「ありがとう」。この一言ですべてが報われるような気がします。
幼い時期に、親から「ありがとう」と言われて育った子は、真似をするようになり、「ありがとう」が言える子へと成長します。にっこりした笑顔で「ありがとう」と言われる経験が多いと、こども自身の笑顔が増え、表情がよくなるのです。ありがとうの時に笑顔も忘れずに。これを習慣づけると、自然と笑顔で感謝の気持ちを伝えられるようになり、好循環が生まれます。

(8)ルールを決めすぎない
ルールが多いと、いつの間にか息がつまるものです。最低限、他人を傷つけないとかそういった決めごとは必要でしょうが、「~しなければならない」となると窮屈で息苦しい毎日になってしまいます。本当に大事なことだけ、約束をしましょう。
ルールを定めてはいけないということではありません。多すぎるルールは弊害も生むということです。スポーツや社会では厳しいルールも必要ですが、自分の家くらい、少し自由に過ごしたいものですね。
これは絶対に!というルールを決めて、こどもにも納得してもらいましょう。それ以外のことは、失敗しながら経験を分かち合って成長していきましょう。この方向性を大切にすれば、温かく、楽しく、笑顔にあふれる家庭を築くことになるでしょう。

(9)ご褒美式の言い方をしてみる
否定ではなく、肯定の言葉を使います。
よく言ってしまいがちです。「ごはん食べ終わらないとテレビ見れないよ!」とか。
ちょっとした言葉づかいで気持ちも変わってきます。
『~しないなら~あげないよ』というような、『罰予告式』ではなく、『~したら~しよう!』というような、ご褒美式の言い方。この方が、こどもの反発心を買うことなく、もっと楽しい気持ちになって言うことを聞いてくれる。物を与えるのではなく、言葉でのご褒美。こどももポジティブな気持ちになってくれること間違いなしです。

(10)それでも、どうしても上手くいかないときは…
気持ちを落ちつけて…。
子育ては誰だって初めての経験。たとえ何人産んでも、それぞれのこどもは個性があり、なにしろひとりひとり違う人間なのです。だから、完璧にこなすことは無理なんです。
娘がどうしてもおさまらない時は、叱った後ぐっと抱きしめてあげるようにしました。どうしても下の子に手がかかりっきりで、娘を抱いてあげる事が少なくなっていたので、意識して心がけるようにしました。
たとえ叱ってしまっても、抱きしめてあげれば気持ちをいやすことはできます。特に下の子ができてしまうと、手を離しがちになってしまうようで…こどもはさびしがっているかもしれません。
“できていない=ダメ”と判断して自分を責めても、落ち込むだけ。何も得るものはなく、落ち込んだママを見て子どもの気分も塞ぐだけです。
自分に対しても意欲や小さな努力を認めてあげ、具体的な改善策に目を向けましょう。暗い顔のママの姿を見て、こどもはより落ち込んでしまいます。こどもだけでなく、自分も「認めてあげる」ことが大事です。

完璧に育児できる人なんていません。隣の芝生は青いのです。自分なりにこどもを愛する、これが本当に大切なことなのかもしれません。



◆━━━━━━━━━━━━━
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
◆━━━━━━━━━━━━━
実践編II「子どもの発達に応じて実践しましょう」

◎4歳~6歳ごろの基本的生活習慣のしつけ方の例
・自分のことは自分でやりたがる時期です。上手に出来なくても優しく励ましながら続けてやらせてあげましょう。
・栄養のバランスの取れた食事を心がけ、できるだけ家族そろっての食事を習慣づけましょう。
・食事やおやつの時間をきちんと決め、家族一緒に食べるようにしましょう。
・歯みがきはそろそろ習慣になってきて良い頃です。励ましたり、ほめたりして、自分からできるようにしむけましょう。
・おしっこも一人で上手にできるころですので、きちんとしつけましょう。
・うんちの始末ができるようになってきています。少しずつ、手伝いながら練習をさせてみましょう。
・一人で衣服の着脱をするよう励ましましょう。時間がかかっても根気よく励まして、自分でさせることが大切です。
・遊んだ後の片づけを、はじめは親と一緒に行い、自分だけでもできる習慣をつけるように励ましましょう。
・自然や物を大切にすることをしつけましょう。
・食事中はなるべくテレビを消しましょう。



◆━━━━━━━━━━━━━
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
◆━━━━━━━━━━━━━

●わくわくキッズスペースプロジェクト 子どもふれあい広場
 このプロジェクトは、既存の公共施設を活用し、子どもの遊びの場を創出する取り組みです。

◇芝川子どもふれあい広場(くれいどるしばらく)TEL65-0402
 クッションマットが敷かれ、小さなお子さんが遊べるすべり台やままごとセットも設置されています。
 また、乳幼児の保護者同士が情報交換できる談話スペースもあります。
 14席の読書コーナーや学校帰りなどに自由に勉強できる16席の学習室もあります。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日も)

◇南陵子どもふれあい広場(富士山環境交流プラザ)TEL59-0050
 家族で一緒に環境を学べるように、子ども用の椅子、絵本や図鑑、木製玩具などが設置され、授乳室もあります。
 また、工作室では、親子が工作を楽しめるようにいくつかのプログラムが用意されています。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)

●富士宮市立保育園
 保育園は、育児に関する知識や技術を蓄積しています。
その機能を活用して、保育園に通っている家庭だけではなく、多くの子育て家庭に対していろいろな支援をしています。
すべての保育園で子育て相談、園庭開放等を行っていますのでお気軽にご相談ください。
また、移動図書館[ひばり号]が開設される園もありますのでご利用ください。

◎富士宮市立児童館(要予約)
 富士宮市立児童館(愛称 らっこ)が令和4年5月7日にオープンしました!
住所:富士宮市若の宮町47-1
開館時間:9:00~16:45
利用時間:利用時間ごとの予約制になります。
     (1)9:00~10:15
     (2)10:30~11:45
     (3)13:00~15:00
     (4)15:15~16:30
     ※平日15:15~16:30の時間帯は小学生以上のみの利用(予約不要先着順)
休館日:毎週月曜日
その他:・利用者登録が必要です
    ・予約制
    ・6歳未満の未就学児については、保護者同伴
    ・3歳以上の方はマスク着用
TEL:21-3715
    
【主な機能】
 1階:遊戯室、集会室、子育て支援センターおおみや(大宮保育園内にあった「子育て支援センターおおみや」が移転しました)、相談室
 2階:多目的スペース、図書室(児童書や絵本が約300冊!貸出しはありません)
 
詳しくは市HP「富士宮市立児童館」をご確認ください。http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/visuf8000001e2yt.html#example


●子育て支援センター(要予約)
 お子様の健やかな育ちを支援するために、
・乳幼児とその保護者が互いに交流できる場
・子育ての悩みを相談できる場
・子育てに関する情報を得る場
として市内7か所(野中東町・外神・羽鮒・宮原・小泉・中里東町・元城町)で開設しています。

 お電話での相談も受け付けています。
各センターの行事予定や問い合わせ先等、詳しくは「富士宮市地域子育て支援センター」ホームページを御覧ください。
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi.html

富士宮市社会福祉協議会子育て支援センター「たっち」5月の主な予定
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi-att/llti2b000000qc4m.pdf



◆━━━━━━━━━━━━━
4 R4年5月~6月の保健事業日程 [健康増進課(保健センター):電話22-2727]
◆━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
○もうすぐパパ・ママ学級(申し込み制)
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制で実施しています。各回実施日の1か月前から申し込みを受け付けます。
  
対象:富士宮市民で妊娠中のご夫婦(ママのみの参加もOK)
    沐浴については、初めての出産の方対象
      
持ち物:母子健康手帳    
                     
母乳育児  :5月17日(火)13:15~14:30 1時間の講義形式
沐浴・子育て:5月25日(水)午後 グループに分け、時間をずらして実施
栄養・歯科 :6月23日(木)13:15~14:30 1時間の講義形式
                              
※申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話でお申し込みください。「栄養・歯科」および「母乳育児」は電子申請による申し込みもできます。
※詳しくは富士宮市ホームページをご覧ください。 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b000000qw1j.html
※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
---------------------------------------------
○にこにこ離乳食教室(申し込み制)
    
対象:前期 生後3~4か月児の保護者 予約制
   後期 生後7~8か月児の保護者 予約制
 
前期:5月12日(木)、6月17日(金)10:00~11:00(受付 9:40~)
後期:5月20日(金)、6月29日(水)10:00~11:00(受付 9:40~)
 
※申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
 電子申請はこちらから https://logofonm.jp/GgrE/babyfood
  
※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
---------------------------------------------
〇mama talk べいびっち(申し込み制)
 トークテーマについてみんなでワイワイお話しするママと赤ちゃんの集いの場です。
  
対象:妊娠している方、1歳未満の赤ちゃんを育てている方(パパも参加OKです)
 
5月17日(火) どれがいいの?みんなのオススメ育児グッズ
6月22日(水) 日焼け、虫よけ、お出かけ…どうする?真夏育児
 
(1)10:00~10:50
(2)11:00~11:50 ※毎回2回実施します。((1)と(2)は同じ内容です。)
 
※申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
 電子申請はこちらから https://logoform.jp/form/GgrE/mamatalk
 
※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
○乳幼児健康相談 月~金曜日 9:00~16:00
 歯科・栄養相談 月~金曜日 9:00~16:00(予約制)
 
身体計測や育児相談、どのようなことでも構いません。困ったことや心配事がありましたら、来所・電話相談どちらでも構わないので、気軽に声をかけてください。 ※ 来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
― 電話のかけ間違いにご注意を!! ―
間違い電話が多発しており、間違われたお宅に大変なご迷惑がかかっています。おかけになる前に、電話番号をご確認ください。万一かけ間違えてしまったときは、相手の方に十分なご配慮をお願いします。
--------------------------------------------

富士宮市HP・子育てお役立ちリンク集 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b00000026i7.html その他事業を紹介しています。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



◆━━━━━━━━━━━━━
5 子育てブック紹介(中央図書館:26-5062)
◆━━━━━━━━━━━━━
子どもと一緒に読む本や子どもに読んで欲しい本をご紹介いたします。

〇幼児向き
●「おとがあふれてオムライス」(夏目義一/さく)福音館書店
 お昼ごはんのオムライスを、女の子とお父さんが一緒に作ります。食材を切ったり、混ぜたり、炒めたり…… 調理の工程ごとに、いろいろな楽しい音が聞こえてきます。ページをめくるたびにおなかが空いてくる、ゆかいな絵本です。
 分類番号:Eナツ
●「おしりじまん」(齋藤槇/さく)福音館書店
 さまざまな動物たちが、自分のおしりを自慢し合います。ウサギのまあるいおしりに、トラやシマウマの模様入りのおしり、マンドリルのカラフルなおしり…… 動物たちの個性あふれるおしりを、魅力たっぷりに紹介しています。
 分類番号:Eサイ
 
〇低・中学年向き
●「けんかのたね」(ラッセル・ホーバン/作 小宮由/訳 大野八生/絵)岩波書店
 お父さんが疲れて家に帰ると、家の中はおおさわぎ!いぬはねこを追い回し、4人のきょうだいは大げんか。小さな出来事からはじまった大事件の結末は?明るくコミカルな挿絵も楽しい、にぎやかであたたかい家族のおはなしです。
 分類番号:K930ホ
●「ぼくらは少年鑑定団!-大発見!謎の縄文土器-」(くすのきしげのり/作酒井以/絵)講談社
 風変わりな店主のいる古道具屋「古珍堂」でお宝さがしをしたことがきっかけで、「少年鑑定団」を結成することになった究たち。「本当に価値のあるもの」ってどんなもの?物語を通して、縄文時代について楽しく知ることができます。
 分類番号:K913クスノキ

〇中高学年向き
●「和ろうそくは、つなぐ」(大西暢夫/著)アリス館
蝋を使って和ろうそくを作る職人、ハゼの実から蝋を作る職人、蝋のカスを仕事に使う藍染職人…… ひとつの役割を終えたものが、つぎの職人の手によって生き返り、つながっていきます。「モノ作りの輪」を描いた写真絵本です。
 分類番号:K570
●「ぼくたちのスープ運動-小さな思いやりが世界を変える!-」(ベン・デイヴィス/作 渋谷弘子/訳)評論社
 ジョーダンが、ママが持たせてくれたスープをホームレスの人にあげたことをきっかけに広がった「スープ運動」。やがてジョーダンは、入院していたときに出会った少女との「大切な約束」が自分の行動を支えていたことに気づきます。実話がもとになった心温まるおはなしです。
 分類番号:K930デ

◆富士宮中央図書館児童コーナー行事5月
◎ えほんをよむ会(第1・3土曜日、14:00~)… 5月7日、21日
◎ おはなし会(第2・4土曜日、14:00~)… 5月14日、28日
※ いずれも、会場:中央図書館 2階 視聴覚ホール、定員:10人、申込不要。 体温測定、マスク着用、名簿の作成にご協力ください。
※ 新型コロナウイルス感染予防のため中止、または日程や定員を変更する可能性があります。



◆━━━━━━━━━━━━━
6 子育てに関わる講座や各種催しなどのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━

◇こあら教室(令和3年4月・5月生まれ対象)
 わらべ歌や絵本を楽しみながら、その大切さについてお話します。
〔日 時〕6月1日(水)
[時 間]9:00~10:00
[場 所]療育支援センターこあら
〔定 員〕10人(先着順)
〔申 込〕5/16(月)~電話で
[問合せ]療育支援センター TEL22-6868

◇おもちゃ病院
 壊れて動かなくなったおもちゃを修理しています。
〔日 時〕5月15日(日)13:00~14:00
〔場 所〕大富士交流センター
[問合せ]子ども未来課 TEL22-1146

◇あそびの教室(未就学児)
〔内 容〕歌、手遊び、紙芝居、工作、体操、わらべ歌などで一緒に遊びます。
〔日 時〕5/11、5/18、5/25(水)10:00~11:00
〔場 所〕大富士交流センター
〔その他〕先着順
[問合せ]子ども未来課 TEL22-1146

◇急な病気
〔問合せ〕静岡こども救急電話相談 TEL(シャープ)8000または054-247-9910
〔時 間〕平日18:00~翌8:00 土曜日13:00~翌8:00 日曜日・祝日8:00~翌8:00
〔その他〕緊急・重症のときは迷わず「119」へ

◇虐待かも
〔問合せ〕児童相談所全国共通ダイヤル TEL189(いち早く)(お近くの児童相談所につながります)
〔時 間〕24時間
〔問合せ〕子ども未来課家庭児童相談係 TEL22-1230
〔時 間〕平日8:30~17:15

◇悩み相談
◆いじめ、不登校、生活態度、就労など、どんなことでも相談してください。
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064
     いじめ110番 TEL22-1252
     メール相談 e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
〔時 間〕平日9:00~16:30(第2・4水曜日は20:00まで)

(以下 広報「ふじのみや」5月号より)
■催し・募集

◇絵本とわらべうたの会
 生まれて数か月の赤ちゃんでも、お母さんのうた声と一緒にゆっくりと身体をゆすられることを楽しみます。
〔日 時〕6月14日(火)10:00~11:00
〔場 所〕大富士交流センター
〔対 象〕市内在住の乳幼児と保護者
〔定 員〕7組(先着順)
〔講 師〕市民読書サポーター
〔申込み〕5月10日(火)~電話または窓口で
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186

◇子どもと楽しむ絵本講座
 絵本を読んだり、読み聞かせを聴きながら絵本について学びます。初心者向けの講座です。
〔日にち〕6月7日(火)・21日(火)、7月5日(火)・19日(火)、8月30日(火)、9月13日(火) 
〔時 間〕10:00~12:00
〔場 所〕市役所6階、7階会議室
〔対 象〕市内在住・在勤で絵本に関心のある人
〔定 員〕20人(先着順)
〔料 金〕無料
〔講 師〕大塚清美さん、増田久江さん(富士宮子どもの本研究会)
〔申込み〕5月10日(火)~電話または窓口で
〔その他〕無料託児あり(先着5人・5月20日(金)までに要予約)
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186

◇子育てママのリフレッシュ講座 リラックスヨガ・骨盤調整ヨガ
ヨガで気持ちよい汗を流して、心身をリフレッシュします。
〔日 時〕6月9日・23日、7月7日の木曜日(全3回)9:30~11:30
〔場 所〕総合福祉会館 安藤記念ホール
〔対 象〕市内在住・在勤で未就学児を子育て中のお母さん
〔定 員〕20人(先着順) 開催最少人数5人
〔料 金〕1,200円
〔講 師〕赤池理子さん
〔申込み〕5月13日(金)~26日(木)に電話で
〔その他〕無料託児あり(要予約・先着12人・1歳以上の未就学児)
〔問合せ〕男女共同参画センター TEL22-0341(日・月、祝日を除く)

◇大人のためのおはなし会
普段、子どもたちに語っているおはなしを大人が楽しみます。
〔日 時〕6月17日(金)13:30~15:00
〔場 所〕西公民館
〔対 象〕市内在住で中学生以上の人
〔定 員〕20人(先着順)
〔料 金〕無料
〔講 師〕市民読書サポーター
〔申込み〕5月24日(火)~6月8日(水)に電話または窓口で
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186

◇アトムキッズの親子体操教室
親子で思い切り体を動かしてリフレッシュします。
〔日 時〕6月4日(土)10:00~11:00
〔場 所〕総合福祉会館 安藤記念ホール
〔対 象〕満3歳以上の未就学児と市内在住・在勤の保護者
〔定 員〕48人(先着順)
〔料 金〕1組400円
〔講 師〕杉本啓さん(アトムキッズの先生)
〔申込み〕5月14日(土)~24日(火)に電話で
〔問合せ〕男女共同参画センター TEL22-0341(日・月、祝日を除く)

◇富士宮田んぼの学校「手植えの田植え・稲刈り体験」
子どもから大人まで「お米づくり」に参加して「いのちの大切さ」や「食のありがたさ」、「安心安全な農業」を考えます。
〔日 時〕6月5日(日)9:00~11:00(少雨決行・荒天中止)
     稲刈り体験は、10月上旬に行う予定です。
〔場 所〕狩宿区民館集合
〔対 象〕富士宮市民
〔定 員〕150人(先着順)
〔料 金〕500円
〔申込み〕5月13日(金)~23日(月)に電話で
〔問合せ〕農業政策課 TEL22-1148


■お知らせ
◇子どものことで、こんな心配はありませんか
〔学習面〕
 ・漢字がなかなか覚えられない。
 ・本読みで読み間違いがある。
 ・計算ができない。
〔行動面〕
 ・友達とうまく関われない。
 ・集団行動がとりにくい。
 ・忘れ物が多い。
 気になることや、思い当たることがある場合は、通学している学校へ相談してください。相談員と学校の先生が、専門知識を生かして、お子さんと保護者の皆さんをサポートします。
〔問合せ〕学校教育課 TEL22-1185



■宮ゼミ
◇将棋道場
〔日 時〕6/11~7/9(土)午前
〔講 師〕柚野将棋クラブのみなさん
〔料 金〕無料
〔申込み〕5/14~主催施設に電話(8:45~21:00)、あるいは受付開始日のみ電子申請可(24時間受付)
〔主催・問合せ〕柚野公民館 TEL66-0100

◇親子プログラミング講座
〔日 時〕6/4(土)午前
〔講 師〕平野謙武さん ほか
〔料 金〕1,000円
〔申込み〕5/10~主催施設に電話(8:45~21:00)、あるいはHPから(24時間受付)
〔主催・問合せ〕富丘交流センター TEL21-3305

◇うえのde親子陶芸教室
〔日 時〕6/11(土)午前or午後
〔講 師〕木村美由紀さん
〔料 金〕900円~
〔申込み〕5/14~主催施設に電話(8:45~21:00)、あるいは受付開始日のみ電子申請可(24時間受付)
〔主催・問合せ〕上野・北山地域学習センター TEL58-0256

◇産後ママのアフタービクス
〔日 時〕6/9~7/14(木)午前
     (6/16、7/7を除く)託児付き
〔講 師〕土屋佳名子さん
〔料 金〕無料
〔申込み〕5/19~主催施設に電話(8:45~21:00)、あるいは受付開始日のみ電子申請可(24時間受付)
〔主催・問合せ〕上野・北山地域学習センター TEL58-0256


◆静岡県の子育て情報、子育て支援ポータルサイト「ふじさんっこ☆子育てナビ」https://www.fujisancco.pref.shizuoka.jp/
県内の子育てに役立つ情報を集めたポータルサイトです。



【 編集後記 】
 GWが終わり、母の日も終わりました。反抗期になり、ママにもカメハメ波を打ちまくってる長男ですが、母の日は、朝早くから、今まで作ったことのない「折り紙の手裏剣をママにプレゼントする。」と一人で一生懸命折り紙の本を開き、2枚の折り紙と闘いながら手裏剣を作っていました。
 普段は、作り方がわからないとママに聞きますが、この日ばかりはママにも聞けず、必死に1人で作っていました。やっと完成した手裏剣は、思っていた以上に完成度が高く、長男は大満足。うれしさのあまり、みんなに見せ、手裏剣としての正しい使い方である壁に向かって投げ続けた結果、気付いたときにはぐちゃぐちゃに…ママへのプレゼントという発想は消え、自分のおもちゃになっていました。
 その日の夜、手裏剣はないけど、ママに照れながら「いつもありがとう。これからもよろしくね。」とお花と一緒に言葉の贈り物。気持ちのこもったプレゼントができたのかな、とまた一つ成長した長男の姿を見ることができました。
 子どもと一緒にいると、楽しいことがたくさん溢れていますね。
 それでは、今月も子育てを楽しみましょう。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 今月の子育て応援マガジンはいかがでしたか?
スタッフは、子育てメルマガをよりよくするため、皆様の御意見・御感想をお待ちしております。
皆様の声を、下記アドレスにぜひお寄せください。
 Eメール:e-shakyo@city.fujinomiya.lg.jp  

2022/4/10 17:00
子育て応援メールマガジン

子育て応援マガジン 第238号

■ 子育て応援マガジン ■ 
―――― 第238号 ――――
■■■■(R4.4.10)■■■■
 新年度がスタートしました。新しい環境、新しい仲間と出会い、緊張の中、新年度をスタートした方も多いと思います。学校や幼稚園・保育園等でも、新入学、新入園、進級と子どもたちも新年度がスタートしました。4月6日始業式の日の朝、運動場から新しいクラス、新しい担任の先生の発表を待つ子どもたちの姿は、これからの1年間のワクワクがあふれていました。
新年度に向けて、皆さんは、ワクワクする目標を立てましたか?
 私は、今年度から職場が変わり数日が過ぎました。そこで立てた目標は、「いっぱいあまえる」です。4月から年中さんに進級した我が家の娘は、2022年の目標を今年の2月に生まれた弟を楽しみにし、「すうぱあおねぇさんになる」でした。そんなスーパーお姉さんを目指している娘も現在、ママを弟に取られ、「ママ」「ママ」と甘えん坊の真っ最中。そんな姿を見たママは、娘をギュっと抱きしめる。ママに抱きしめてもらい笑顔になって鼻歌を歌い始める娘。一生懸命自分の心の中で葛藤している娘を見ていると、甘えるって大切なことだなって実感します。
私も新しい職場の方々にたくさん甘え、生きていくことが、1番の成長への近道かなと感じています。パパ、ママの皆さんも、仕事、子育てなど甘えてみると、また新しい世界が広がるかもしれませんね。
 
 それでは、今月号をご覧ください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

--------目 次---------

1 いい母、いいパパ、子育ち広場《子供を笑顔にさせる10のコツ・・・・子育てに悩むパパ・ママへ・・・・》
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
4 4月~5月の健診日程(健康増進課:電話22ー2727)
5 子育てブック紹介(中央図書館:電話26ー5062)
6 子育てに関する講座や各種催しなどのお知らせ

◆━━━━━━━━━━━━━
1 いい母、いいパパ、子育ち広場《子供を笑顔にさせる10のコツ・・・・子育てに悩むパパ・ママへ・・・・》

せっかく生まれてきた我が子。可愛くて仕方がないけれど、振り回される毎日にちょっと嫌気がさす時も…。それでもこどもの笑顔は守りたい、そんなあなたに今月号と来月号にわたり「こどもを笑顔にさせる10のコツ」を掲載します。このタイトルを見て、読んでくださっている方。お子さんの笑顔を見たい、と思ってらっしゃる心優しい方なのだと思います。自分も小さな子どもを育児中ですが、本当に大変…。同じ境遇の方の一助になれたら嬉しいです。我が子の笑顔は最高のプレゼント、毎日大変でも、笑顔が癒してくれる。ただ笑顔になってくれる。それがどんなに嬉しいことか。今、この笑顔は一生に一度しか見られない。だから、なるべくたくさん目に焼き付けておきたいものです。

(1)抱きしめる
 こどもを1日1回でもぎゅっと抱きしめて愛を伝えるということに関しては、まさに万能の行為です。恥ずかしいなんてありません。親子ですから。こどもは愛情を感じて落ち着きます。また、親もこどものぬくもりを感じて愛を再確認できます。そのうち、こどもが大きくなったら、抱きしめる機会もそうそうなくなるでしょう。これは、親になったあなた自身へのご褒美でもあるのです。
 我が子を心から愛し、怒鳴るのではなく抱きしめてあげましょう。私がこれまでに試した子育てツールの中で、抱きしめること以上に役に立ったものはありません。どんなに高級なおもちゃも、抱きしめることには絶対に勝てません。『子どもの頃に抱きしめられた記憶』は、ひとのこころの奥のほうの大切な場所にずっと残っていく。そうして、その記憶は、優しさや思いやりの大切さを教えてくれたりします。こどもの将来にもかかわってくることです。なにか困難にぶつかった時、抱きしめられた思い出がその子を支えてくれるのでしょう。
抱きしめるということは、子どもにとって、とても大事なこと。子どもが感じる孤独や、怒りの感情を減らすこともできます。どんどん抱きしめてあげてください。大人もこどもも一緒。愛が不足すれば孤独感や怒りが増していきます。親ができる最高の贈り物をまずは与えてあげてください。

(2)親がまず、笑顔になる
 こどもの笑顔を待つのではなく、親からも。 こどもの笑顔、最高ですよね。きっとこの時、親も満面の笑顔なのでしょう。ぎこちなくても結構、とにかく笑顔になってみることを心がけてみましょう。
 相手を笑わせるにはまず自分から。相手を笑わせるには、まず自分が会話の中で笑うと良いです。相手の発言に対して、笑顔で返す。これが基本です。大人になると、愛想笑いなど増えていってしまうもの。普段からこどもを相手に笑顔の練習!みんなハッピーになれます。
 娘の表情が乏しいように感じていた時、「私が、私自身が、娘と話している時、真顔なんだ!」と気づきました。親子は鏡だと・・・。親は子供の鏡、こどもは親の鏡!それから意識的に笑顔を心がけていったんです。なんと2~3か月もしたら、あの真顔の娘が、すごい笑顔で話しているではありませんか!!まさに親子は鏡…。遺伝子がどうのこうのではありません。親の心がこどもにも反映されていくのです。

(3)話を聞くときは目を見て、リアクションをしてみる
 人間のコミュニケーションの基本ですね。
 忙しい毎日、こどもの他愛ない話しかけに、目を合わさないばかりか相づちすら打てず…。どうしてもできないときはしょうがないです。でも、心のどこかで、こどもは一生懸命にあなたに何かを伝えたがっていることを忘れないようにしましょう。子どもの話を聞くときは、しっかりと目を見て聞いてあげること。話を聞くときは、しっかりと聞いていることがわかるようにリアクションしてみることをオススメします。
目を合わさないと、無視されている感情を呼び起こすようです。しっかり目を見ることは、こどもの存在を認める第一歩です。苦手な方は、「うんうん」と相づちだけでもいいですし、できる人は、「え~、すっごーい」とオーバーリアクションしてみると子どもも喜んでくれます。「うんうん」だけなら自分でもできそうです。こどもに無理に好かれようとせず、できる範囲でやってみましょう。

(4)こどもだけでなく、親も一緒に楽しめるように過ごす
 こどもだけ嬉しくても…。
 子供は親をじっくり観察しています。親がつまらなそうな顔をしていると、なんだか悪いような気持ちが沸き起こることも。それだけこどもは優しいのですね。
遊ぶ際は、一緒に楽しめるよう工夫しましょう。出来るだけ親とこども両方が楽しめる遊びを選ぶようにして、“遊んであげる”というスタンスで接しないように心がけるべきだと思います。なぜなら、親にとってこどもの喜ぶ顔を見ることが楽しみである以上に、こどもは親の喜ぶ顔を見たい、と心から願ってくれているからです。
 こどもの遊びに合わせる…ではなく、こどもと同じ目線で遊ぶということでしょうか。公園でこどもを遊ばせている間、スマホに夢中…というのは寂しいものです。こどもが楽しそうに遊んでいる時、あなたも参加して一緒に楽しみましょう!

(5)親同士が子どもの前で喧嘩をしない
 両親の仲が良いこと、それがこどもには大切です。
夫婦が常にいがみあい、怒鳴りあっていて、こどもに良い影響はありません。こどもはパパとママが大好きだから、仲が悪そうに見えると、不安な気持ちになってしまうようです。どんな喧嘩であろうと、子供の前では夫婦喧嘩をしないということです。
 喧嘩をしているのが幼く見えるように、喧嘩をしている親を見て、子供は気を落とします。大人同士、相手にイラッとすることはあるはず。でも目の前では決してしないように。また、こどもに、もう片方の親の愚痴を言うのも同じことです。
 大切な人が怒ったり泣いたりしていると、子供も情緒が不安定になります。そして笑顔が消えていってしまうのでしょう。家庭環境というのはすごく大事です。こどもの心を大切に。

ポイント(6)~(10)は次回の第239号(R4.5.10)にお届けします。お楽しみに。



◆━━━━━━━━━━━━━
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
◆━━━━━━━━━━━━━
実践編II「子どもの発達に応じて実践しましょう」

◎ 0歳~3歳ごろの基本的生活習慣のしつけ方の例
○しつけは体罰ではありません。特に乳児を揺さぶることは絶対にやめましょう。
○離乳食を与えるころからは、そろそろ正しい食習慣のしつけのことを考え始めましょう。
○スプーンを使って食べることが上手になってきます。こぼしても汚しても、自分で食べさせましょう。
○ゆっくりよく噛んで食べる習慣をつくりましょう。噛むことによってあごの骨も発達し、永久歯の歯並びもよくなり、虫歯の予防にもなります。また、脳を活性化することにもつながります。
○一家そろって食べる食事の楽しさを、味わうように心がけてみましょう。毎日でなくても、家族そろった楽しい食事と話し合いの場を作ることは、親子のコミュニケーションを作るためにもとても大切なことです。
○乳歯が生えそろってきて、虫歯ができやすくなります。食後の歯の清潔に注意しましょう。様子を見ながら歯磨きの練習を始めましょう。
○歯みがきや手洗いの習慣も、親のまねをしながら次第に上手になるよう導きましょう。
○おむつを取る練習は、排せつのサインを見ながら始めましょう。
○3歳ごろになると、衣服の着替えなど、なんでも一人でやりたがり、がんばるようになります。あまり手を出さないで、自分でやらせ、失敗してからもしからないようにしましょう。
○2歳以下の子どもには、言葉の遅れの原因となりやすいので、テレビやビデオを長時間見せないようにしましょう。



◆━━━━━━━━━━━━━
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
◆━━━━━━━━━━━━━

●わくわくキッズスペースプロジェクト 子どもふれあい広場
 このプロジェクトは、既存の公共施設を活用し、子どもの遊びの場を創出する取り組みです。

◇芝川子どもふれあい広場(くれいどるしばらく)TEL65-0402
 クッションマットが敷かれ、小さなお子さんが遊べるすべり台やままごとセットも設置されています。
 また、乳幼児の保護者同士が情報交換できる談話スペースもあります。
 14席の読書コーナーや学校帰りなどに自由に勉強できる16席の学習室もあります。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日も)

◇南陵子どもふれあい広場(富士山環境交流プラザ)TEL59-0050
 家族で一緒に環境を学べるように、子ども用の椅子、絵本や図鑑、木製玩具などが設置され、授乳室もあります。
 また、工作室では、親子が工作を楽しめるようにいくつかのプログラムが用意されています。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)

●富士宮市立保育園
 保育園は、育児に関する知識や技術を蓄積しています。
その機能を活用して、保育園に通っている家庭だけではなく、多くの子育て家庭に対していろいろな支援をしています。
すべての保育園で子育て相談、園庭開放等を行っていますのでお気軽にご相談ください。
また、移動図書館[ひばり号]が開設される園もありますのでご利用ください。

●子育て支援センター(要予約)
 お子様の健やかな育ちを支援するために、
・乳幼児とその保護者が互いに交流できる場
・子育ての悩みを相談できる場
・子育てに関する情報を得る場
として市内7か所(野中東町・外神・羽鮒・宮原・小泉・中里東町・元城町)で開設しています。

 お電話での相談も受け付けています。
各センターの行事予定や問い合わせ先等、詳しくは「富士宮市地域子育て支援センター」ホームページを御覧ください。
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi.html

富士宮市社会福祉協議会子育て支援センター「たっち」4月の主な予定
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi-att/llti2b000000qc4m.pdf



◆━━━━━━━━━━━━━
4 R4年4月~5の保健事業日程 [健康増進課(保健センター):電話22-2727]
◆━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

○もうすぐパパ・ママ学級
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制で再開しています。各回実施日の1か月前から申し込みを受け付けます。
  
対 象:富士宮市民で妊娠中のご夫婦(ママのみの参加もOK)
    沐浴については、初めての出産の方対象
      
持ち物:母子健康手帳    
                     
栄養・歯科:4月27日(水)13:15~14:30 1時間の講義形式
母乳育児:5月17日(火)13:15~14:30 1時間の講義形式
沐浴・子育て:5月25日(水)午後 グループに分け、時間をずらして実施
      
                        
※申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話でお申し込みください。「栄養・歯科」および「母乳育児」は電子申請による申し込みもできます。
  
※詳しくは富士宮市ホームページをご覧ください。http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b000000qw1j.html
   
※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
-------------------

○にこにこ離乳食教室(申し込み制)
    
対象:前期 生後3~4か月児の保護者 予約制
   後期 生後7~8か月児の保護者 予約制
 
前期:4月13日(水)、5月12日(木)10:00~11:00(受付 9:40~)
後期:4月22日(金)、5月20日(金)10:00~11:00(受付 9:40~)
 
申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
  
電子申請はこちらから   https://logofonm.jp/GgrE/babyfood
  
※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------

○乳幼児健康相談 月~金曜日 9:00~16:00
 歯科・栄養相談 月~金曜日 9:00~16:00(予約制)
 
身体計測や育児相談、どのようなことでも構いません。困ったことや心配事がありましたら、来所・電話相談どちらでも構わないので、気軽に声をかけてください。
※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------

― 電話のかけ間違いにご注意を!! ―
間違い電話が多発しており、間違われたお宅に大変なご迷惑がかかっています。おかけになる前に、電話番号をご確認ください。万一かけ間違えてしまったときは、相手の方に十分なご配慮をお願いします。
--------------------

富士宮市HP・子育てお役立ちリンク集 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b00000026i7.html その他事業を紹介しています。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



◆━━━━━━━━━━━━━
5 子育てブック紹介(中央図書館:26-5062)
◆━━━━━━━━━━━━━
子どもと一緒に読む本や子どもに読んで欲しい本をご紹介いたします。

〇幼児向き
●「ずんずんばたばたおるすばん」(ねじめ正一/文 降矢なな/絵)福音館書店
 お母さんが買い物に出かけたとたん、家のいろんなところから、次から次へと動物たちが登場します。子ザル、ナマケモノにペンギン、それからカピバラも!男の子のお留守番を描いた、楽しい絵本です。
 分類番号:Eフリ
●「人とくらししたワニ カイマンのクロ」(マリア・エウヘニア・マンリケ/文 ラモン・パリス/絵 とどろきしずか/訳)福音館書店
 ファオロは、みなしごの赤ちゃんカイマン(ワニ)を家に連れて帰り、クロと名付けて大切に育てました。やがて、クロが2メートルの大きさになってもふたりはなかよしで…。ずっと昔ベネズエラで本当にあった物語です。
 分類番号:Eパリ
 
〇低・中学年向き
●「くまのピエール」(イブ・スパング・オルセン/作 菱木晃子/訳)こぐま社
 ピエールは小さなくまのぬいぐるみ。はじめて見た月をお金だと思いこんだり、雪の玉の中に閉じこめられてコロコロころがったり…。おとぼけ屋のくまさんがまきおこす、ゆかいなおはなしです。
 分類番号:K940オ
●「ここがわたしのねるところ―せかいのおやすみなさい―」(レベッカ・ボンド/文 サリー・メイバー/作画 まつむらゆりこ/訳)福音館書店
 ハンモック、敷物、布団、ベッド…。世界各地の「おやすみなさいのじかん」を、子守歌のような言葉と美しい刺しゅうで紹介しています。各場面には、それぞれの土地で気持ちよく眠るための工夫も載っています。
 分類番号:Eメイ

〇中高学年向き
●「小さな手 ホラー短編集4」(金原瑞人/編訳 佐竹美保/絵)岩波書店
願いを叶えてくれる猿の手のミイラをめぐる怪異、美しい館の秘密…。カポーティ、スティーヴンソン、キプリングなどによる英米ホラーの傑作がそろう短編集。初訳・新訳を含む全8編を収録しています。
 分類番号:K913モリ
●「女王さまのワードローブ 国民に愛されつづける女王エリザベスの物語」(ジュリア・ゴールディング/文 ケイト・ヒンドレー/絵 前沢明枝/訳)BL出版
 25歳でイギリスの女王になったエリザベス女王。きらびやかなドレスを身につけているイメージがあるかもしれません。でも、戦争中にはつなぎ姿でタイヤの交換もしていたって、知っていますか?服を通してイギリスの歴史と、女王として生きるひとりの女性の姿をたどります。
 分類番号:K289エ

〇富士宮中央図書館児童コーナー行事4月
・えほんをよむ会 2日、16日、30日(土) ・おはなし会 9日、23日(土)
(いずれも14:00~ 会場:中央図書館 視聴覚ホール、定員10人で申込不要、体温測定、マスク着用、名簿の作成にご協力ください。・新型コロナウイルス感染予防のため中止、または日程や定員を変更する可能性があります)



◆━━━━━━━━━━━━━
6 子育てに関わる講座や各種催しなどのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━

◇こあら教室(令和3年3月・令和3年4月生まれ対象)
 わらべ歌や絵本を楽しみながら、その大切さについてお話します。
〔日 時〕5月11日(水)
[時 間]9:00~10:00
[場 所]療育支援センターこあら
〔定 員〕10人(先着順)
〔申 込〕4/15(金)~電話で
[問合せ]療育支援センター TEL22-6868

◇おもちゃ病院
 壊れて動かなくなったおもちゃを修理しています。
〔日 時〕4月17日(日)13:00~14:00
〔場 所〕大富士交流センター
[問合せ]子ども未来課 TEL22-1146

◇あそびの教室(未就学児)
〔内 容〕歌、手遊び、紙芝居、工作、体操、わらべ歌などで一緒に遊びます。
〔日 時〕4/13、4/20、4/27(水)10:00~11:00
〔場 所〕大富士交流センター
〔その他〕先着順
[問合せ]子ども未来課 TEL22-1146

◇急な病気
〔問合せ〕静岡こども救急電話相談 TEL(シャープ)8000または054-247-9910
〔時 間〕平日18:00~翌8:00 土曜日13:00~翌8:00 日曜日・祝日8:00~翌8:00
〔その他〕緊急・重症のときは迷わず「119」へ

◇虐待かも
〔問合せ〕児童相談所全国共通ダイヤル TEL189(いち早く)(お近くの児童相談所につながります)
〔時 間〕24時間
〔問合せ〕子ども未来課家庭児童相談係 TEL22-1230
〔時 間〕平日8:30~17:15

◇悩み相談
◆いじめ、不登校、生活態度、就労など、どんなことでも相談してください。
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064
     いじめ110番 TEL22-1252
     メール相談 e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
〔時 間〕平日9:00~16:30(第2・4水曜日は20:00まで)

(以下 広報「ふじのみや」4月号より)
■催し・募集

◇絵本とわらべうたの会
 生まれて数か月の赤ちゃんでも、お母さんのうた声と一緒にゆっくりと身体をゆすられることを楽しみます。
〔日 時〕5月10日(火)10:00~11:00
〔場 所〕西公民館
〔対 象〕市内在住の乳幼児と保護者
〔定 員〕10組(先着順)
〔申込み〕4月12日(火)~電話または窓口で
〔問合せ〕社会教育課
     TEL 22-1186

◇幼児家庭教育学級
 子育てに役立つことを学びながら仲間づくりができます。ものづくりや運動で心と体をリフレッシュしませんか。
〔日 時〕5月~12月(月1回)9:45~11:45
〔場 所〕公民館、地域学習センター、交流センター
〔対 象〕未就学児がいる親
〔定 員〕会場により異なる
〔料 金〕無料(材料費は自己負担)
〔申込み〕4月12日(火)10:00~受講を希望する会場へ電話で
     ※申込初日のみ電子申請可
     ※一人一学級のみ申し込み可
〔その他〕無料託児あり(1歳以上の未就学児・事前に予約してください。)
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186
〔 HP 〕http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b0000001enj.html

◇ファミリー・サポート・センター受託会員募集
ファミリー・サポート・センターは、「子育ての援助をしたい人(受託会員)」をつなぎます。
援助したい人は、市が実施する講習会を受講する必要があります。
〔日 時〕6月27日(月)~7月1日(金)の5日間(主に午前・最終日は午前・午後)全7回
〔場 所〕市役所 7階722会議室
〔定 員〕6人(先着順)
〔料 金〕無料
〔申込み〕4月4日(月)~5月27日(金)に電話または窓口で
〔問合せ〕ファミリー・サポート・センター TEL22-1268

◇春の森ヨガ
鳥のさえずりや風の音など、自然のエネルギーを五感で味わいながら、森の中でヨガをします。
初心者でも参加できます。
〔日 時〕5月15日(日)9:30~12:00
〔場 所〕富士山環境交流プラザ周辺の森
〔対 象〕中学生以上
〔定 員〕20人(先着順)
〔料 金〕400円
〔講 師〕渡辺彩さん(太田ヨガエクササイズ・ヨガベーシック指導者養成コース終了)
〔申込み〕4月9日(土)9:00~電話で
〔その他〕無料託児あり(先着5人)
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ TEL59-0050(休館日:火曜日)

■お知らせ
◇子どものことで、こんな心配はありませんか
〔学習面〕
 ・漢字がなかなか覚えられない。
 ・本読みで読み間違いがある。
 ・計算ができない。
〔行動面〕
 ・友達とうまく関われない。
 ・集団行動がとりにくい。
 ・忘れ物が多い。
 気になることや、思い当たることがある場合は、通学している学校へ相談してください。相談員と学校の先生が、専門知識を生かして、お子さんと保護者の皆さんをサポートします。
〔問合せ〕学校教育課 TEL22-1185

◇青少年相談センター
 青少年相談センターは、悩みや不安をかかえる青少年や、子どものことで心配ごとをお持ちの保護者や関係者からの相談を受けています。いじめや交友関係の悩み、不登校、生活態度、ゲーム依存、就労の悩みなど、どんな些細なことでも、相談してください。夜間の相談もできます。
〔電話相談・面接予約〕TEL22-0064
〔子ども若者支援・いじめ110番〕TEL22-1252
 月~金曜日(祝祭日は除く)9:00~16:30
 第2・第4水曜日は9:00~20:00
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064 mail:e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
  
◇小・中学生の教育扶助
小・中学生のいる家庭で、経済的な理由から教育費(学校給食費や学用品費など)の支払いに困っている人へ助成します。
〔対 象〕児童扶養手当を受給している人や市民税が非課税の人など
〔申込み〕学校にある申請書に必要事項を記入し、学校へ提出してください。
     ※令和3年1月以降に転入した人で児童扶養手当を受給していない人は、所得税などを証明するものが必要となります。
〔問合せ〕学校教育課 TEL22-1184

◇子ども会活動への補助金
子ども会事業の活性化のため、子ども会への助成を行います。
〔対 象〕(1)1つの子ども会が行う50人以上のイベント
     (2)複数の子ども会が合同で行う30人以上のイベント
〔申込み〕子ども会会長が窓口で
〔問合せ〕子ども未来課 TEL22-1146


■宮ゼミ
◇子ども茶道教室
〔日 時〕6/4~10/22(土)午前
〔講 師〕松田三幸さん ほか
〔料 金〕2,000円
〔申込み〕4/26~主催施設に電話で(8:45~21:00)
〔主催・問合せ〕根南公民館 TEL26-2211


◆静岡県の子育て情報、子育て支援ポータルサイト「ふじさんっこ☆子育てナビ」https://www.fujisancco.pref.shizuoka.jp/
県内の子育てに役立つ情報を集めたポータルサイトです。



【 編集後記 】
 巻頭でも述べましたが、私は、この4月から新たな職場でスタートを切りました。現在、家族の笑顔を励みに、同僚に助けてもらい、新たな生活リズムを作っている最中です。 
同僚は、慣れない私の姿を見て、どんな些細なことでも「できた」と笑顔でほめてくれます。ありがたいことです。新年度になり、誰もが期待と不安を抱えています。みんなで寄り添い、励まし、ほめ合うと楽しみながら成長できそうですね。
 今日も、我が子たちの笑顔を見に、我が子たちをたくさんほめるためにできるだけ早く家に帰ろうと思っています。
 
 それでは皆さん、今月も子育てがんばりましょう。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 今月の子育て応援マガジンはいかがでしたか?
スタッフは、子育てメルマガをよりよくするため、皆様の御意見・御感想をお待ちしております。
皆様の声を、下記アドレスにぜひお寄せください。

 Eメール:e-shakyo@city.fujinomiya.lg.jp  

2022/3/10 17:00
子育て応援メールマガジン

子育て応援マガジン 第237号

■ 子育て応援マガジン ■ 
―――― 第237号 ――――
■■■■(R4.3.10)■■■■
♪春はもうすぐそこに

まだまだ朝晩は冷え込むことがありますが、徐々に日が伸び、陽だまりの暖かさに春を感じるようになりました。
季節は廻り、もうすぐ春の訪れですね。

この時期の散歩は、あちこちで見られる草木の芽吹きが大きな楽しみです。

冬の間、硬い冬芽の中で命を蓄えてじっと春を待ち、寒さが残る早春の日、少しずつ顔を出してゆく柔らかな新芽。
その小さな変化を見つけた時の喜びは、子どもたちの小さな成長を見つけた時の喜びと似ています。

見た目に表れなかった努力の積み重ねや成長への思いが、ある日突然芽吹き、やがてのびのびと力を付けていく子どもたち。
その姿は生命力に溢れ、例え一度葉を落とす時期はあっても、季節は廻り、また新たな芽吹きを迎えることでしょう。

3月は年度末。
修了式や卒園、卒業など、子どもたちにとって大きな節目となるこの時期。4月の新たなスタートに向けて芽吹き始めた子どもたちの新芽を大切に見守りながら、暖かい日差しをたくさん注いでいきたいですね。

それでは、今月号をご覧ください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

--------目 次---------

1 いい母、いいパパ、子育ち広場《新しい環境に馴染めない『小1プロブレム』の原因と対策》
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
4 3月~4月の健診日程(健康増進課:電話22ー2727)
5 子育てブック紹介(中央図書館:電話26ー5062)
6 子育てに関する講座や各種催しなどのお知らせ


◆━━━━━━━━━━━━━
1 いい母、いいパパ、子育ち広場《新しい環境に馴染めない『小1プロブレム』の原因と対策》

◇小1プロブレムとは
 「集団行動が上手くとれない」「授業中に落ち着いて座っていられない」「学校・学級に馴染めない」などが原因で、正常に学校生活をおくることができない状況になるのが「小1プロブレム」です。

◇小1プロブレムが生まれる理由、背景
小1プロブレムが生まれるのは、まだ自分をコントロールする力が身についていないことなどが主な原因といわれています。これまで過ごしたのとはまったく違う環境に置かれ、馴染めないことから小1プロブレムが起こるとも考えられていますが、実はこの問題は日本特有の現象だと指摘する人もいます。日本では全員が同じ方向を向いて行う一斉授業という形態をとっていますが、欧米などでは、生徒個人またはグループに分かれて課題に取り組むスタイルで授業が行われます。就学前の保育園や幼稚園の欧米スタイルに慣れた子どもたちは、小学校に入学した途端、一定時間黙って椅子に座らされるなど、いろいろなことに拘束されてしまうのです。保育園にも入園する前には慣らし保育をするのが一般的であり、高校や大学を卒業して就職したときでさえ、研修期間が設けられています。しかし、精神的にも肉体的にもまだ幼い小学1年生にはそれがなく、ストレスを上手く解消する方法も、発散する方法もわからないのです。小1プロブレムの背景には、こうした独特な日本の状況があると考えられています。

小1プロブレムにおける問題
子どもにもいろいろな性格がありますが、とくに注意したいのが、気持ちのやさしい子です。小学校への入学時には、子どもも大きなストレスを感じるものです。ストレスを溜め込まないで、お友だちや先生に表現したり、家庭でお母様・お父様などに発散できる子どもならよいのですが、表面的には物分りがよいとされている気持ちのやさしい子どもが、ある日突然学校に行かなくなったり、体調を壊してしまうケースがあります。「うちの子は大人しくて物分りがいいから心配はいらない」と、小1プロブレムを他人事だと考えてはいけません。

小1プロブレムがもたらす影響
保育園や幼稚園から小学校にあがり、学校生活に適応できなくなって小1プロブレムを起こしてしまうと、今後の人生に悪影響を与えてしまう可能性も出てきます。例えば、学力低下です。学習に積み重ねが大切であることはだれでも認識していることで、勉強のスタートラインである小学1年生から、学級の授業に適応できなければ、その後の学力に影響が及ぶことは容易に想像できます。わずかな遅れであれば、学習内容が簡単な分、取り戻すこともそれほど難しくありませんが、不登校になるなど長い期間問題を抱えてしまうと、学力の低下が懸念され、学ぶことの楽しさも質も低下していくことが考えられます。学習のスタートラインで正しい学び方を身につけることは、今後学年があがるにつれ、よい影響をもたらすといわれています。
また、小1プロブレムは性格の歪みを引き起こすこともあります。集団生活のルールが守れない子どもは、どうしても大人から叱られる機会が増えてしまいます。それが小さな子どもの性格の歪みを引き起こす原因になり、自分が置かれた環境も、人格形成に大きな影響を及ぼすといわれています。

小学校における小1プロブレム対策
小1プロブレムは、保育園や幼稚園での幼児教育から小学校への移り変わりに起こる問題として、多くの教育者たちの間で議論を巻き起こしています。幼稚園ではなかった多くのルールが、小学校入学と同時に出てくることで、子どもたちに大きなストレスを与えることは明確です。小学校では、小1プロブレムは、子どもの将来に大きな影響を与えかねない大問題であるだけに、国をはじめとして教育の現場でもすでにいろいろな対策がとられています。その1つとして、幼児教育から小学校への教育へスムーズに移行できるよう、保育園、幼稚園、小学校が連携して対策を行っています。具体的には、保育園や幼稚園で、小学校を意識した「アプローチカリキュラム」を用意して、机と椅子に無理なく長い時間座れる経験などを積ませています。
小学校では、「スタートプログラム」を用意して、授業時間を短くして授業をわけて行ったり、学級の人数を減らして、教師の目配りが行き届きやすくする配慮も行ったりしています。地方自治体によっては、手のかかる子どものケアをするために、1年生のクラスに補助教員を配置する対策もとっているところもあります。

家庭で行う対策
どのような子どもにも小1プロブレムが起きる可能性はあり、表面には出ていなくても、すべての子どもが小さな小1プロブレムを抱えています。自分の子どもは大丈夫と考えていると、突然大きな問題行動を起こしてしまうこともありますので、お父様・お母様は普段から意識的に対策しておくことをおすすめします。
小学校にあがったばかりの頃は、どんな子どもでも不安を抱えています。学校から帰ってきたら、今日起こった出来事について、やさしく聞いてあげましょう。子どもが理不尽な理由で先生に怒られたこと、お友だちにいじめられたことを伝えてきたときには、子どもに共感してあげることが重要です。その後で、どうしたらトラブルを解決できるか、一緒に考えてあげましょう。
また、毎日の生活リズムをきちんと整えてあげることも、小1プロブレムを大きくさせない大切な要素です。不規則な生活は、精神衛生上よくないことがわかっています。

子どもの教育にきちんと関心をもつことが大事
近頃問題になっている小1プロブレムは、すでに教育現場でも、子どもの将来を左右してしまう深刻な問題であることが認識され、いろいろな対策がとられていますが、ご家庭で無理なくできることもありますので、教育にしっかり関心をもって対策しましょう。



◆━━━━━━━━━━━━━
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
◆━━━━━━━━━━━━━
実践編II「子どもの発達に応じて実践しましょう」

◎ 基本的生活習慣をしつける
(なぜ?) なぜ、基本的生活習慣をしつけることが大切なのでしょうか。
(それは) 正しい生活習慣が子どもの心身の健康を守り、社会性をはぐくみます。
 食事の習慣、睡眠の習慣、排せつの習慣、衣服の着脱の習慣、清潔の習慣などの基本的生活習慣は、生きる基本です。基本的生活習慣が身につくことは、子どもの自立のもとになります。また、正しい生活習慣のしつけは、子どもの心身の健康をまもることにもなります。これができていないと、次のような問題につながることがあります。
・バランスの取れた栄養が与えられないことに伴う体調・発育不良
・トイレの失敗による集団生活への不適応
・着替えの自立の遅れ
・虫歯の発生
(どのように) どのように基本的生活習慣をしつけたらよいのでしょうか。
(それは) あせらずじっくりと、繰り返してしつけましょう。
基本的生活習慣は、やりたくないけれどもやっているうちに、それをやらないと落ち着かなくなり、習慣化していくようになるといわれています。あせらず、じっくりと繰り返してしつけることが大切です。
・夫婦が相談し、一貫性のある指導を続けましょう
 例えば母親が子どもにしつけている時に、父親も「お母さんの言うとおりだよ」と、歩調をそろえてしつけましょう。歩調をそろえるとは、親の考え方や気持ちを共通に持ち、協力して子どもにかかわっていくことです。
・家族そろって環境に気をつかった生活を心がけましょう。
・大切な正しい食習慣が身につけられるよう、家族そろって話しながら楽しく食事をすることは、家族のコミュニケーションを深めるためにも大切です。



◆━━━━━━━━━━━━━
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
◆━━━━━━━━━━━━━

●わくわくキッズスペースプロジェクト 子どもふれあい広場
 このプロジェクトは、既存の公共施設を活用し、子どもの遊びの場を創出する取り組みです。

◇芝川子どもふれあい広場(くれいどるしばらく)TEL65-0402
 クッションマットが敷かれ、小さなお子さんが遊べるすべり台やままごとセットも設置されています。
 また、乳幼児の保護者同士が情報交換できる談話スペースもあります。
 14席の読書コーナーや学校帰りなどに自由に勉強できる16席の学習室もあります。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日も)

◇南陵子どもふれあい広場(富士山環境交流プラザ)TEL59-0050
 家族で一緒に環境を学べるように、子ども用の椅子、絵本や図鑑、木製玩具などが設置され、授乳室もあります。
 また、工作室では、親子が工作を楽しめるようにいくつかのプログラムが用意されています。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)

●富士宮市立保育園
 保育園は、育児に関する知識や技術を蓄積しています。
その機能を活用して、保育園に通っている家庭だけではなく、多くの子育て家庭に対していろいろな支援をしています。
すべての保育園で子育て相談、園庭開放等を行っていますのでお気軽にご相談ください。
また、移動図書館[ひばり号]が開設される園もありますのでご利用ください。

●子育て支援センター
 お子様の健やかな育ちを支援するために、
・乳幼児とその保護者が互いに交流できる場
・子育ての悩みを相談できる場
・子育てに関する情報を得る場
として市内6か所で開設しています。

 お電話での相談も受け付けています。
各センターの行事予定や問い合わせ先等、詳しくは「富士宮市地域子育て支援センター」ホームページを御覧ください。
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi.html

富士宮市社会福祉協議会子育て支援センター「たっち」3月の主な予定
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi-att/llti2b000000qc4m.pdf



◆━━━━━━━━━━━━━
4 R4年3月~4月の保健事業日程 [健康増進課(保健センター):電話22-2727]
◆━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

○もうすぐパパ・ママ学級
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制で再開しています。各回実施日の1か月前から申し込みを受け付けます。
  
対 象:富士宮市民で妊娠中のご夫婦(ママのみの参加もOK)
    沐浴については、初めての出産の方対象
      
持ち物:母子健康手帳    
                     
沐浴・子育て:3月13日(日)午前 グループに分け、時間をずらして実施
栄養・歯科 :4月27日(水)13:15~14:30 1時間の講義形式
      
                        
※申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話でお申し込みください。「栄養・歯科」および「母乳育児」は電子申請による申し込みもできます。
  
※詳しくは富士宮市ホームページをご覧ください。
   
※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
-------------------

○にこにこ離乳食教室(申し込み制)
    
対象:前期 生後3~4か月児の保護者 予約制
   後期 生後7~8か月児の保護者 予約制
 
前期:4月13日(水)10:00~11:00(受付9:40~)
後期:4月22日(金)10:00~11:00(受付9:40~)
 
申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
  
電子申請はこちらから(パソコン用)   https://www.shinsei.elg-front.jp/shizuoka2/uketsuke/dform.do?acs=babyfood
  
電子申請はこちらから(スマートフォン用)https://www.shinsei.elg-front.jp/shizuoka2/uketsuke/sform.do?acs=babyfood
  
※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------

○乳幼児健康相談 月~金曜日 9:00~16:00
 歯科・栄養相談 月~金曜日 9:00~16:00(予約制)
 
身体計測や育児相談、どのようなことでも構いません。困ったことや心配事がありましたら、来所・電話相談どちらでも構わないので、気軽に声をかけてください。
※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------

― 電話のかけ間違いにご注意を!! ―
間違い電話が多発しており、間違われたお宅に大変なご迷惑がかかっています。おかけになる前に、電話番号をご確認ください。万一かけ間違えてしまったときは、相手の方に十分なご配慮をお願いします。
--------------------

富士宮市HP・子育てお役立ちリンク集 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b00000026i7.html その他事業を紹介しています。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



◆━━━━━━━━━━━━━
5 子育てブック紹介(中央図書館:26-5062)
◆━━━━━━━━━━━━━
子どもと一緒に読む本や子どもに読んで欲しい本をご紹介いたします。

〇幼児向き
●「じゅうじゅうじゅう」(あずみ虫/さく)福音館書店
 卵をパカッ。「じゅうじゅうじゅう」とフライパンで焼いて目玉焼きのできあがり。ソーセージ、にんじんも「やけたやけた」!ことばの繰り返しとかわいいイラストがたのしい食べ物絵本です。
 分類番号:Eアズ
●「こんとごん てんてんありなしのまき」(織田道代/ぶん 早川純子/え)福音館書店
 右ページではきつねの「こん」が「すいとう」で、左ページでは「ごん」が「すいどう」で水をのみます。左右同じ文章のはずなのに「てんてん(濁点)」をつけると違う物語になっちゃった!
 分類番号:Eハヤ
 
〇低・中学年向き
●「ねこのオーランドー毛糸のズボン」(キャスリーン・ヘイル/さく こみやゆう/やく)好学社
 うっかりパラフィン油をかぶり、腰から下の毛が全部抜けてしまったねこのオーランドー。奥さんのグレイスは体の模様にそっくりな毛糸のズボンを編みはじめ、こねこたちもパパを励ますために一生懸命がんばります。
 分類番号:Eヘル
●「むかしむかし」(内田麟太郎/文 ザ・キャビンカンパニー/絵)文渓堂
 ずっとむかしのことです。さあ、日本のむかしばなしのはじまりはじまり。太陽の神さまが弟のらんぼうに怒って、大きな岩にかくれてしまいました。するとあたりは暗闇になって…。とっておきのむかしばなしが3作読めます。
 分類番号:K913ウチダ

〇中高学年向き
●「ケケと半分魔女 魔女の宅急便特別編その3」(角野栄子/作 佐竹美保/画)福音館書店
『魔女の宅急便』本編の3巻に登場したケケが大人になって本をかきました。主人公の名前はタタ。いつも自分は半分だと心もとなく思っているタタは、ある日とつぜんひとり旅立つ決心をし…。
 分類番号:K913カドノ
●「よみがえれ、マンモス!近畿大学マンモス復活プロジェクト」(令丈ヒロ子/文 深川直美/絵)講談社
 大昔に絶滅した大きな生物マンモス。シベリアで発見されたマンモスから状態の良い細胞を取ることができれば復活させることもできるかも?本当にあった日本の科学者たちの熱い日々を、「若おかみは小学生!」の著者・令丈ヒロ子が描きます。
 分類番号:K457

〇富士宮中央図書館児童コーナー行事3月
・えほんをよむ会 5日、19日(土) ・おはなし会 12日、26日(土)
(いずれも14:00~ 会場:中央図書館 視聴覚ホール、定員10人で申込不要、体温測定、マスク着用、名簿の作成にご協力ください。
・新型コロナウイルス感染予防のため中止、または日程や定員を変更する可能性があります)



◆━━━━━━━━━━━━━
6 子育てに関わる講座や各種催しなどのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━

◇こあら教室(令和3年2月・令和3年3月生まれ対象)
 わらべ歌や絵本を楽しみながら、その大切さについてお話します。
〔日 時〕4月6日(水)
[時 間]9:00~10:00
[場 所]療育支援センターこあら
〔定 員〕10人(先着順)
〔申 込〕3/15(火)~電話で
[問合せ]療育支援センター TEL22-6868

◇おもちゃ病院
 壊れて動かなくなったおもちゃを修理しています。
〔日 時〕3月20日(日)13:00~14:00
〔場 所〕大富士交流センター
[問合せ]社会教育課 TEL22-1188

◇あそびの教室(未就学児)
〔内 容〕歌、手遊び、紙芝居、工作、体操、わらべ歌などで一緒に遊びます。
〔日 時〕3/23、4/13、4/20(水)10:00~11:00
※コロナウイルス感染拡大防止のために中止の可能性があります。HPをご確認ください。市HP「あそびの教室」: http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/iiosmo0000003gju.html
〔場 所〕大富士交流センター
〔その他〕先着順
[問合せ]社会教育課 TEL22-1188

◇急な病気
〔問合せ〕静岡こども救急電話相談 TEL(シャープ)8000または054-247-9910
〔時 間〕平日18:00~翌8:00 土曜日13:00~翌8:00 日曜日・祝日8:00~翌8:00
〔その他〕緊急・重症のときは迷わず「119」へ

◇虐待かも
〔問合せ〕児童相談所全国共通ダイヤル TEL189(いち早く)(お近くの児童相談所につながります)
〔時 間〕24時間
〔問合せ〕子ども未来課家庭児童相談係 TEL22-1230
〔時 間〕平日8:30~17:15

◇悩み相談
◆いじめ、不登校、生活態度、就労など、どんなことでも相談してください。
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064
     いじめ110番 TEL22-1252
     メール相談 e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
〔時 間〕平日9:00~16:30(第2・4水曜日は20:00まで)

(以下 広報「ふじのみや」3月号より)
■催し・募集

◇親子で作るペットボトルロケット講座
 ペットボトルと牛乳パックを使ったロケットを作り、みんなで中庭で飛ばします。
〔日 時〕3月26日(土)10:00~12:00
〔場 所〕富士山環境交流プラザ
〔対 象〕小学生以上の親子(小学生未満は応相談)
〔定 員〕6組(先着順)
〔料 金〕500円
〔申込み〕3月11日(金)~24日(木)に電話で
〔問合せ〕富士山環境交流プラザ
     TEL 59-0050(休館日:火曜日)


■お知らせ
◇子どものことで、こんな心配はありませんか
〔学習面〕
 ・漢字がなかなか覚えられない。
 ・本読みで読み間違いがある。
 ・計算ができない。
〔行動面〕
 ・友達とうまく関われない。
 ・集団行動がとりにくい。
 ・忘れ物が多い。
 気になることや、思い当たることがある場合は、通学している学校へ相談してください。相談員と学校の先生が、専門知識を生かして、お子さんと保護者の皆さんをサポートします。
〔問合せ〕学校教育課 TEL22-1185

◇青少年相談センター
 青少年相談センターは、悩みや不安をかかえる青少年や、子どものことで心配ごとをお持ちの保護者や関係者からの相談を受けています。いじめや交友関係の悩み、不登校、生活態度、ゲーム依存、就労の悩みなど、どんな些細なことでも、相談してください。夜間の相談もできます。
〔電話相談・面接予約〕TEL22-0064
〔子ども若者支援・いじめ110番〕TEL22-1252
 月~金曜日(祝祭日は除く)9:00~16:30
 第2・第4水曜日は9:00~20:00
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064 mail:e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
  



【 編集後記 】
 静岡県のまん延防止等重点措置が3月21日まで延長され、感染対策を徹底した日々が続いています。
何かと制限が多い生活が長期間に及び、幼い娘たちの心理的な影響はどれほどか、ついつい不安になってしまいます。

そんな親の不安を尻目に、娘たちは日常を楽しんでいます。
二人でけんかと仲直りを繰り返しながら、近所の小さな公園でままごとに夢中になり、家のそばの路地で縄跳びに悪戦苦闘し、頭を突き合わせて二人で本を読む。

子どもたちがかわいそうだ、不憫だとばかり思っていること自体が、なんだか申し訳なく思いました。

今を精一杯楽しむその姿に、なんだかパワーをもらった気がします。

それでは皆さん、今年も子育てをがんばりましょう♪

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 今月の子育て応援マガジンはいかがでしたか?
スタッフは、子育てメルマガをよりよくするため、皆様の御意見・御感想をお待ちしております。
皆様の声を、下記アドレスにぜひお寄せください。

 Eメール:e-shakyo@city.fujinomiya.lg.jp  

2022/2/10 17:00
子育て応援メールマガジン

子育て応援マガジン 第236号

■ 子育て応援マガジン ■ 
―――― 第236号 ――――
■■■■(R4.2.10)■■■■
♪北京冬季五輪が開催しました

立春を過ぎて暦の上ではもう春ですが、まだまだ寒い日が続きますね。
寒風に身をすくめながら、春の暖かな日差しを待ち遠しく感じる日々ですが、そんな折、北京では冬季オリンピックでが幕を開けました。

オミクロン株の感染が拡大していく中、東京五輪よりもさらに厳重な対策を講じて開催されているようですが、選手が実力を発揮し、満足いく演技、競技ができるように応援していきたいと思います。
感染拡大の暗いニュースに心が塞ぎがちになりますが、日本に、世界に元気や勇気を与えてもらいたいですね。

長く続くコロナ禍による子ども達の精神的ストレスが、今後どのような形で表出していくのか、とても心配なところでもあります。運動不足になりがちな寒いこの時期も、アスリート達の熱戦を応援しながら、適度な運動やストレッチを心掛けてストレスを発散させてはいかがでしょうか。

それでは今月号をご覧ください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

--------目 次---------

1 いい母、いいパパ、子育ち広場《中1ギャップについて》
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
4 2月~3月の健診日程(健康増進課:電話22ー2727)
5 子育てブック紹介(中央図書館:電話26ー5062)
6 子育てに関する講座や各種催しなどのお知らせ


◆━━━━━━━━━━━━━
1 いい母、いいパパ、子育ち広場《中1ギャップについて》
◆━━━━━━━━━━━━━
今月号は、先月に引き続いて小学校と中学校入学を控えた保護者向けの特集で、小1プロブレムと中1ギャップについての紹介となります。
今月は、ご家庭でできる3つの対策をご紹介します。
(1)子どもが休める環境を作る
(2)中学の話をして中学校生活のイメージをさせておく
(3)学習・勉強面での対策をしておく

対策1「子どもが休める環境を作る」
部活や勉強、人間関係などで疲れた子どもにとって、家は大切な「休息の場所」です。
中学生になって感じる学習面・生活面における1番のストレスは、「他人と合わせることが多くなる」こと、「他人と比較して自分を評価される」ことです。
親の立場からすれば、もう中学生なんだからしっかりやって欲しい…と思うところではありますが、子どもたちにとって環境の変化は辛いものです。中学に入ってしばらくの間は、家庭ではできるだけお子様の好きな話を聞き、 周りと比較したり成績のことで評価したりするのではなく、お子様自身の良い部分を褒めるようにして下さい。また、お子様が中学校生活での不満や不安を口にしたら、アドバイスやお説教は一旦飲み込んで、最後まで話を聞いてあげてください。それだけで、子どもは親を信頼し、ストレスを発散させることができます。
このようにして、お子様が休める環境を作ることが大切です。

対策2「中学校の話をしてイメージさせておく」
2つ目の対策は、中学校についての話を具体的にすることです。
東京都が行った「中学校第1学年の生徒の適応状況調査」によると入学前に中学校に不安を感じている子どもの割合は78.4%にまでのぼります。つまり、中学校生活に対して、おおよそ8割近くの生徒が不安を感じているという結果になっています。なぜ中学校入学前に不安を感じてしまうのかというと、中学校生活のイメージができていないからです。
不安をあおるのはよくありませんが、
・部活動や先輩・後輩関係
・勉強内容や中学校での授業スタイル
などについてあらかじめ話を具体的にしていれば、中学生になったときに「こうだとは思わなかった」と大きなギャップを感じることが少なくなります。

対策3「学習面・勉強面での対策をする」
最後は一番不安を感じているお子様が多い学習・勉強面での対策です。そしてこれが最も事前に対策しやすいことでもあります。
まずは小学校の苦手・つまずきを整理する。小学生のうちにお子様が
・何につまずいているのか
・何を苦手に感じているのか
をしっかりと把握しましょう。保護者の方がお子様と一緒に、分からない部分を整理してあげることもおすすめです。その上で、
・中学校入学前につまずき・苦手を克服すること
・中学校内容の勉強につまずかないために予習をしておくこと
が大切になってきます。
小学生までの勉強のつまずきはまだ取り戻せる!小学校内容の勉強でわからない部分があったとしても、早く気づくことができれば遅れを取り戻すことも早くできます。わからないことを叱るのではなくどう取り戻していくのかを一緒に考えてあげるとお子様も安心して勉強に取り組むことができます。
中学校の学習内容は小学生の時よりも難しくなってくるので、市販のドリルや自学用教材を活用したり、学習塾などを活用したりするのも1つの方法です。



◆━━━━━━━━━━━━━
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
◆━━━━━━━━━━━━━
実践編II「子どもの発達に応じて実践しましょう」
◎0歳~3歳ごろの子どもとの遊び方の例
 この時期は、子どもの遊びが大きく変化します。遊びを通じて、集中力・ねばり強さ・やる気が芽生えます。また、考える力・運動能力も発達します。
・赤ちゃんの顔をのぞきこみ、話しかけたり、笑いかけたり、また、身体にふれてあげたりしましょう。とても喜びます。
・1歳6ケ月ごろになると、絵本を見せて、動物や物の名前を聞くとそれを指差して教えてくれるようになります。一緒に絵本などを見て遊びましょう。
・2歳ごろになると走ったり、身体を動かしたりすることがとても好きになります。危険のない場所でどんどん自由にあそばせましょう。手をつないで親子で楽しく外出しましょう。また、クレヨンでなぐり書きをしたり、積み木やブロックで遊んだりするようになります。たくさん一緒に遊びましょう。
・3歳ごろになると、友だちと遊ぶ機会をつくることも大切です。公園などに連れていき、友達と一緒に遊ぶ機会をつくってあげましょう。
・テレビやビデオの見せすぎに注意しましょう。特に2歳以下の子どもには、言葉の遅れの原因となりやすいので、長時間見せないようにしましょう。

◎4歳~6歳ごろの子どもとの遊びの例
・「ごっこ遊び」を楽しむようになります。ごっこ遊びを見守るとともに、ごっこ遊びのきっかけを作ってあげましょう。
・運動面の発達は大きいものがあります。親子で外に出て、思い切り遊んでみましょう。子供の自信につながります。
・たくさん話をするようになります。忙しくても、子どもと遊びながら話を聞いてあげましょう。このような親子のコミュニケーションは、自分が大切にされているという思いをはぐくみ、子どもの健全な発達につながります。
・絵本や物語を読み聞かせてあげましょう。そうすることによって、ことばを話す力がはぐくまれるだけでなく、人の話を聞く力がつきます。また、想像力がつき、人の心がわかる思いやりのある子どもに育ちます。
・テレビやビデオの見せすぎに注意しましょう。



◆━━━━━━━━━━━━━
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
◆━━━━━━━━━━━━━

●わくわくキッズスペースプロジェクト 子どもふれあい広場
 このプロジェクトは、既存の公共施設を活用し、子どもの遊びの場を創出する取り組みです。

◇芝川子どもふれあい広場(くれいどるしばらく)TEL65-0402
 クッションマットが敷かれ、小さなお子さんが遊べるすべり台やままごとセットも設置されています。
 また、乳幼児の保護者同士が情報交換できる談話スペースもあります。
 14席の読書コーナーや学校帰りなどに自由に勉強できる16席の学習室もあります。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日も)

◇南陵子どもふれあい広場(富士山環境交流プラザ)TEL59-0050
 家族で一緒に環境を学べるように、子ども用の椅子、絵本や図鑑、木製玩具などが設置され、授乳室もあります。
 また、工作室では、親子が工作を楽しめるようにいくつかのプログラムが用意されています。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)

●富士宮市立保育園
 保育園は、育児に関する知識や技術を蓄積しています。
その機能を活用して、保育園に通っている家庭だけではなく、多くの子育て家庭に対していろいろな支援をしています。
すべての保育園で子育て相談、園庭開放等を行っていますのでお気軽にご相談ください。
また、移動図書館[ひばり号]が開設される園もありますのでご利用ください。

●子育て支援センター
 お子様の健やかな育ちを支援するために、
・乳幼児とその保護者が互いに交流できる場
・子育ての悩みを相談できる場
・子育てに関する情報を得る場
として市内6か所で開設しています。

 お電話での相談も受け付けています。
各センターの行事予定や問い合わせ先等、詳しくは「富士宮市地域子育て支援センター」ホームページを御覧ください。
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi.html

富士宮市社会福祉協議会子育て支援センター「たっち」2月の主な予定
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi-att/llti2b000000qc4m.pdf



◆━━━━━━━━━━━━━
4 R4年2月~3月の保健事業日程 [健康増進課(保健センター):電話22-2727]
◆━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

R4年2月~R4年3月の保健事業日程 [健康増進課(保健センター):電話22-2727]

○もうすぐパパ・ママ学級
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制で再開しています。
 各回実施日の1か月前から申し込みを受け付けます。
  
 対 象:富士宮市民で妊娠中のご夫婦(ママのみの参加もOK)
     沐浴については、初めての出産の方対象
      
持ち物:母子健康手帳    
                     
     母乳育児  :2月16日(水)13:30~14:30 1時間の講義形式
     栄養・歯科 :2月22日(火)13:15~14:15 1時間の講義形式
     沐浴・子育て:3月13日(火)午前 グループに分け、時間をずらして実施
                        
  ※ 申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話でお申し込みください。
    「栄養・歯科」および「母乳育児」は電子申請による申し込みもできます。

  ※ 詳しくは富士宮市ホームページをご覧ください。
   
  ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
  
------------------------------------------
 ○にこにこ離乳食教室(申し込み制)
    
  対象:前期 生後3~4か月児の保護者 予約制
     後期 生後7~8か月児の保護者 予約制
 
  前期:3月9日(水)10:00~11:00(受付 9:40~)
  後期:2月16日(水)、3月1日(火)10:00~11:00(受付 9:40~)
 
  申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
  
  電子申請はこちらから(パソコン用)   https://www.shinsei.elg-front.jp/shizuoka2/uketsuke/dform.do?acs=babyfood
  
  電子申請はこちらから(スマートフォン用)https://www.shinsei.elg-front.jp/shizuoka2/uketsuke/sform.do?acs=babyfood
  
  ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
○乳幼児健康相談 月~金曜日 9:00~16:00
  歯科・栄養相談 月~金曜日 9:00~16:00(予約制)
 
  身体計測や育児相談、どのようなことでも構いません。困ったことや心配事がありましたら、来所・電話相談どちらでも構わないので、気軽に声をかけてください。
  
  ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
          
 ― 電話のかけ間違いにご注意を!! ―
  間違い電話が多発しており、間違われたお宅に大変なご迷惑がかかっています。
  おかけになる前に、電話番号をご確認ください。
  万一かけ間違えてしまったときは、相手の方に十分なご配慮をお願いします。
--------------------------------------------

富士宮市HP・子育てお役立ちリンク集 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b00000026i7.html  その他事業を紹介しています。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



◆━━━━━━━━━━━━━
5 子育てブック紹介(中央図書館:26-5062)
◆━━━━━━━━━━━━━
子どもと一緒に読む本や子どもに読んで欲しい本をご紹介いたします。

〇幼児向き
●「こんなかお、できる?」(ウィリアム・コール/作 トミー・ウンゲラー/絵 こみやゆう/訳)好学社
 フランシスは毎晩なかなか寝ようとしない女の子。困ったパパは「こんな かお、できる?」というゲームに誘います。怒った顔にまぬけな顔…フランシスはパパの注文に次々と答えます。
 分類番号:Eウン
●「えきべんとふうけい」(マメイケダ/作)あかね書房
 パッチン! 電車の中でわりばしを割る音がしたら、だれかが駅弁を食べて、電車の窓から風景をながめている合図。素朴で温かみのあるタッチの絵が食欲をそそる、旅のえほんです。
 分類番号:Eマメ
 
〇低・中学年向き
●「ともだち」(内田麟太郎/詩 南塚直子/絵)小峰書店
 さくらが さく らららと さく あっちでも ららら こっちでも ららら ぼくも うたってあるく けんくんと いっしょに(「さくら」より)内田麟太郎の詩に南塚直子のかわいらしい雰囲気の陶板画を添えた詩画集です。
 分類番号:Eミナ
●「雑木林の20年」(瀬長剛/絵・文)偕成社
 「切って育てる」を繰り返していた、少し昔の里山の雑木林の1年と、木を切ってからもとの林にもどるまでの20年を色鉛筆で描いています。絵ですが、とても緻密に描かれており、写真では表現しきれない里山の空気も感じられる1冊です。
 分類番号:K650

〇中高学年向き
●「プーさんの戦争-世界一有名なクマのお話-」(リンジー・マティック/文 ジョシュ・グリーンハット/文 ソフィー・ブラッコール/絵 山口文生/訳)評論社
獣医師ハリーが戦地へ向かうとちゅうで見つけた子グマは、イギリスへ渡り、クリストファー・ロビンと出会い…。「クマのプーさん」のモデルとなった子グマの物語をハリーのひ孫が語ります。貴重な写真や資料ものっています。
 分類番号:K930マ
●「ちがいがわかるとおもしろい!東日本と西日本1 みたらし団子は4つ?5つ?―文化・習慣― 」(岡部敬史/編著)汐文社
 年中行事の「当たり前」、同じ日本でも東日本と西日本で違うことがあるんです。節分でまく豆といえば?ひな祭りで飾る雛人形の位置は?…などなど。さまざまな文化のちがいを、たくさんの写真とともに楽しく紹介しています。
 分類番号:K382

〇富士宮中央図書館児童コーナー行事 2月
・えほんをよむ会 5日、19日(土) ・おはなし会 12日(土)(いずれも14:00~ 会場:中央図書館 視聴覚ホール、定員10人で申込不要)
・えほんをよむ会富士山の日スペシャル 26日(土)(10:00~ 会場:中央図書館 視聴覚ホール、定員15人で申事前申し込み)
(体温測定、マスク着用にご協力ください。・新型コロナウイルス感染予防のため中止、または日程や定員を変更する可能性があります)



◆━━━━━━━━━━━━━
6 子育てに関わる講座や各種催しなどのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━

◇こあら教室(令和3年1月・令和3年2月生まれ対象)
 わらべ歌や絵本を楽しみながら、その大切さについてお話します。
〔日 時〕3月2日(水)
[時 間]9:00~10:00
[場 所]療育支援センターこあら
〔定 員〕10人(先着順)
〔申 込〕2/15(月)~電話で
[問合せ]療育支援センターこあら TEL22-6868

◇おもちゃ病院
 壊れて動かなくなったおもちゃを修理しています。
〔日 時〕2月20日(日)13:00~14:00
〔場 所〕大富士交流センター
[問合せ]社会教育課 TEL22-1188

◇あそびの教室(未就学児)
〔内 容〕歌、手遊び、紙芝居、工作、体操、わらべ歌などで一緒に遊びます。
〔日 時〕3/2・9・16・23(水)10:00~11:00
※コロナウイルス感染拡大を懸念して2月は中止します。HPをご確認ください。市HP「あそびの教室」: http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/iiosmo0000003gju.html
〔場 所〕大富士交流センター
〔その他〕先着順
[問合せ]社会教育課 TEL22-1188

◇急な病気
〔問合せ〕静岡こども救急電話相談 TEL(シャープ)8000または054-247-9910
〔時 間〕平日18:00~翌8:00 土曜日13:00~翌8:00 日曜日・祝日8:00~翌8:00
〔その他〕緊急・重症のときは迷わず「119」へ

◇虐待かも
〔問合せ〕児童相談所全国共通ダイヤル TEL189(いち早く)(お近くの児童相談所につながります)
〔時 間〕24時間
〔問合せ〕子ども未来課家庭児童相談係 TEL22-1230
〔時 間〕平日8:30~17:15

◇悩み相談
◆いじめ、不登校、生活態度、就労など、どんなことでも相談してください。
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064
     いじめ110番 TEL22-1252
     メール相談 e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
〔時 間〕平日9:00~16:30(第2・4水曜日は20:00まで)

(以下 広報「ふじのみや」2月号より)
■催し・募集

◇PLAYDAY(プレイデイ)育児の悩み解消
 妊娠・出産・育児に関する講座や相談会を開催します。先輩ママに、こんな時どうしたらいい?などの相談も気軽にできます。親子で楽しく遊べるスペースも用意しています。ケアサロン(有料)も出店予定です。
〔日 時〕3月2日(水)10:00~14:00
〔場 所〕さぁどぷれいすSAN(富士宮市野中1136-5)
〔対 象〕乳幼児を子育て中の人や妊娠中の人
〔定 員〕各内容による(先着順)
〔料 金〕無料(ケアサロンのみ有料)
〔申込み〕NPO法人母力向上委員会ウェブサイトで
〔問合せ〕NPO法人母力向上委員会
     TEL 78-0741
     市民交流課 TEL 22-1307
     HP https://haharyoku.com/

◇「たすき帖」ことはじめ講座
 たすき帖とは、子どもの日々の記録や想いを綴り、成人した時に子どもへ渡すことにより、家族の絆を次世代につなげ、深めるためのノートです。平成26年4月1日以降に生まれた赤ちゃんに、子宝祝品としてたすき帖を贈呈しています。
 「たすき帖」発案者の伊藤加奈子さんから、書き方や使い方についてワークを交えながら楽しく学びます。
〔日 時〕3月23日(水)13:30~15:30
〔場 所〕市役所地下1階和室
〔対 象〕「たすき帖」を持っている人(子連れ可)
〔定 員〕15人(応募多数の場合は抽選)
〔講 師〕伊藤加奈子さん
〔持ち物〕たすき帖、筆記用具、
〔料 金〕無料
〔申込み〕2月28日(月)までに電話で
〔問合せ〕子ども未来課 TEL 22-1146

◇里親相談会
 里親制度や特別養子縁組の制度について気軽に話が聞けます。
・2月22日(火):富士根南公民館
・2月24日(木):富士根北公民館
・2月25日(金):芝川公民館
・3月1日(火):大富士交流センター
〔時 間〕13:30~17:00
〔対 象〕里親に興味のある人
〔申込み〕事前に電話またはメールで
〔問合せ〕誠信会児童家庭支援センター パラソル
     TEL (0545)32-8125
     Mail parasoru@seishinkai.info

◇絵本とわらべうたの会
 生まれて数か月の赤ちゃんでも、お母さんのうた声と一緒にゆっくりと身体をゆすられることを楽しみます。
〔日 時〕3月1日(火)10:00~11:00
〔場 所〕西公民館
〔対 象〕市内在住の乳幼児と保護者
〔定 員〕10組(先着順)
〔講 師〕市民読者サポーター
〔申込み〕2月10日(木)~電話または窓口で
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186


■宮ゼミ
◇親子陶芸講座
〔日 時〕3月27日(日)午前
〔場 所〕富丘交流センター
〔料 金〕1,500円
〔講 師〕小割祥嗣さん
〔申込み〕2月23日受付開始 会場施設に電話(8:45~21:00)、またはHPから申込み可(24時間受付)
〔問合せ〕富丘交流センター TEL21-3305(休館日:月曜日)


■お知らせ
◇子どものことで、こんな心配はありませんか
〔学習面〕
 ・漢字がなかなか覚えられない。
 ・本読みで読み間違いがある。
 ・計算ができない。
〔行動面〕
 ・友達とうまく関われない。
 ・集団行動がとりにくい。
 ・忘れ物が多い。
 気になることや、思い当たることがある場合は、通学している学校へ相談してください。
 相談員と学校の先生が、専門知識を生かして、お子さんと保護者の皆さんをサポートします。
〔問合せ〕学校教育課 TEL22-1185

◇青少年相談センター
 青少年相談センターは、悩みや不安をかかえる青少年や、子どものことで心配ごとをお持ちの保護者や関係者からの相談を受けています。
 いじめや交友関係の悩み、不登校、生活態度、ゲーム依存、就労の悩みなど、どんな些細なことでも、相談してください。夜間の相談もできます。
〔電話相談・面接予約〕TEL22-0064
〔子ども若者支援・いじめ110番〕TEL22-1252
 月~金曜日(祝祭日は除く)9:00~16:30
 第2・第4水曜日は9:00~20:00
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064 mail:e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
  



【 編集後記 】
 2月3日は節分。
節分には、イワシを食べて、豆を投げて、という風習で育ってきましたが、近年では、恵方巻の文化もすっかり定着しましたね。

先日、次女が幼稚園で作った鬼の被り物を持ち帰ってきました。
自分の中の弱い部分、追い出したい「鬼」にちなんだ名前を、その被り物に付けていました。
やっつけたい鬼の名前は、「こわがり鬼」だそうです。

姉に比べて、様々な面において慎重な妹ですが、自分なりに「こわがり」という自覚があったんだなあ、と思う一方で、自分がこれまで次女を「こわがり」扱いしてきたのでは、と自責の念に駆られました。

ともあれ、自分の内面に向き合った娘を、見守り、応援していこうと思います。

それでは皆さん、今年も子育てをがんばりましょう♪

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 今月の子育て応援マガジンはいかがでしたか?
スタッフは、子育てメルマガをよりよくするため、皆様の御意見・御感想をお待ちしております。
皆様の声を、下記アドレスにぜひお寄せください。

 Eメール:e-shakyo@city.fujinomiya.lg.jp 

2022/1/11 08:49
子育て応援メールマガジン

子育て応援マガジン 第235号

■ 子育て応援マガジン ■ 
―――― 第235号 ――――
■■■(R4.1.10)■■■
♪街中に虎?

コロナ下禍で迎える2度目の新年となりました。
新株オミクロンによる感染再拡大が懸念される中ではありますが、新しい生活様式が定着し、昨年よりは穏やかにお正月を過ごされた方が多いのではないでしょうか。
正月三が日は天候にも恵まれ、澄み渡る青空にそびえる冠雪した富士山の姿に何度も目を奪われました。

2022年は寅年。
昔から虎は活力に満ち、何事にも怯まない勇気と絶えず挑戦する果敢の象徴として、人々の暮らしと深くかかわってきました。虎をモチーフにしたお守りやキャラクターをよく目にすることができますね。世界中で広く親しまれている動物の一つでもあります。

干支にちなんで、虎にまつわることわざや故事成語を調べてみました。
数ある言葉の中に、こんな故事成語がありました。

「市に虎あり」
【意味】「市」は町の意味で、虎が町にいるはずがないが、大勢が「町に虎がいる」と言えば信じてしまうという故事から、事実でないことでも、大勢の人が口にすればみんなが信じるようになるということ。

昨年のこの時期、まだまだ新型コロナウィルス感染症に関して不明な点が多く、様々な情報が錯綜する中、マスクやトイレットペーパーの買い占めなどが起こりました。また、近年はSNSによって誤った情報や偏った見解が拡散し、社会問題にもなっています。誰かが言い出した「虎がいる」の一言が連鎖し、社会に広がっていく様子と重なりました。

改めて、受け取った情報の真偽を確かめることや、発信する際は他者への影響を考慮することの大切さに気付かされます。
新年を迎え、この一年、心に留めておきたい言葉になりました。

それでは今月号をご覧ください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

--------目 次---------

1 いい母、いいパパ、子育ち広場《中1ギャップについて》
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
4 1月~2月の健診日程(健康増進課:電話22ー2727)
5 子育てブック紹介(中央図書館:電話26ー5062)
6 子育てに関する講座や各種催しなどのお知らせ


◆━━━━━━━━━━━━━
1 いい母、いいパパ、子育ち広場《中1ギャップについて》
◆━━━━━━━━━━━━━
今月号から3月号までは、小学校と中学校入学を控えた保護者向けの特集です。小1プロブレムと中1ギャップについての紹介となります。

《中1ギャップについて》中1ギャップが原因でいじめや不登校になることも
 「中1ギャップ」を具体的に言えば、中学1年生になったときに、子どもたちが小学生の頃との様々な違いに適応できずに悩みを抱え、その結果いじめが起きたり不登校になってしまうことを表しています。これは、小学校の頃には元気だった、楽しく学校に通えていた、というお子様であっても起きる現象で、中学生になってからではないと中1ギャップに悩まされるかどうかは分かりません。
また中1ギャップという言葉はまだあまり知られておらず、不登校やいじめが起こって初めて中1ギャップに苦しんでいたお子様の気持ちを知る、ということもあります。
このように予期しにくい中1ギャップですが、中1ギャップに悩んでいるお子様には様々な変化が起こることがあります。
中1ギャップに悩む子どもの変化は?4つの原因
中1ギャップは早ければ4月中には始まると言われています。子どもたちが悩み始めると
・朝、学校に行こうとすると体調が悪くなる
・勉強や宿題の話をしなくなる
・部屋に閉じこもりがちになり、親と話さなくなる
というような変化が見られるようになります。
「思春期だから…」と感じてしまうかもしれませんが、入学から1ヶ月程度で急激にこのような変化が見られる場合は、注意する必要があるでしょう。
一方で、中学1年生になったばかりの頃は順調だったつもりでも、ゴールデンウィーク明けから上記のような変化が現れることがあります。
また、お子様自身が「辛い」とは思っていなくても、実は気づかないうちに中1ギャップに苦しんでいる場合もあります。
中1ギャップにより、子どもたちは様々な悩みや不安を抱えます。これが思春期特有の子どもの複雑な心理状態と重なることで、不登校やいじめなどにつながります。ではなぜ子どもたちは中1ギャップに悩んでしまうのでしょうか。
その原因は主に、次の4つだと言われています。

◇原因1「友人関係」
子どもたちが中1ギャップに悩む原因の一つは友人関係です。文部科学省の行った不登校に関する実態調査では、不登校になった理由として40.6%の子どもが「いやがらせやいじめをする生徒の存在や友人との人間関係のため」と回答しています。このことからも、子どもたちにとって友人関係が与える影響は大きいことが分かります。
精神的自立が始まることで友人関係が重要になる中学に入学したばかりの子どもたちにとって、友達の存在は大きくなります。そのため、友人関係を一から作り上げることをストレスに感じる子もいるでしょう。
保護者の方も中学校に進学するときに、同じような不安を抱えていたのではないでしょうか。クラスでのポジションを気にしたり、グループができたりなど、小学校のころとは同じようにいかない人間関係に疲れを感じることもあるかもしれません。また、中学1年生は思春期を迎え親に反発するようになる年齢でもあります。そこで子どもたちの支えとなるのが友達です。
このような中で、気の合う友達と進学を機に離れてしまい、新しい友達ができなかった場合にはかなり深刻な状況になってしまいます。スマホがトラブルの原因になることも。また、中学生になりスマホ(スマートフォン)を持つ子が増えることから、LINEでのやりとりや「だれが何をだれに送った」などのトラブルも起こりえます。
中学校に進学したことが直接の原因ではありませんが、スマホを持つ子が増えることで情報の伝わる範囲が広くなったり、LINEでのやりとりが増えたりします。その結果、スマホに夢中になる時間やスマホに関するトラブルが目立つようになるのです。スマホにかかわらず、インターネットやメールやLINEの使い方が人間関係にも深く関わってくるため、使い方には注意が必要です。

◇原因2「部活動や先輩との上下関係」
次に中1ギャップの原因となるのが部活動などにおける先輩との上下関係です。中学校生活が始まり部活動に入ると、体力面で苦労する子は少なくありません。部活が始まったら体力がついていかない…家に帰るとすぐ寝ちゃう…という経験がある保護者様も多いのではないでしょうか。部活動の練習量や雰囲気、特有のルールなど、実際に入部しないとわからない事もあります。自分がとても好きな分野の部活動でも、練習量や雰囲気が自分に合わないこともあります。
先輩との上下関係は大きなストレスになるまた上級生(先輩)との関係性も、小学生の頃とは大きく変わります。小学校のときは優しいお兄さん・お姉さんのような存在だった上級生が、部活動では自分を指導する先輩になり、尊敬しなければならない・怖いと感じる存在になることもあります。また、上級生と会話するときには敬語を使うようになります。大人にとっては当たり前のことですが、子どもたちにとっては敬語を使うこと自体に気を遣います。不慣れな敬語を使わなければならないことで、不安を感じるお子様も多いです。

◇原因3「教師との関係」
見落としがちですが教師(先生)との関係も中1ギャップの原因になります。子どもたちが最初に感じるギャップが、教科担任制ではないでしょうか。
教科担任制とは、教科ごとに先生が変わる制度です。
小学生の頃と違い、中学生になると教科ごとに先生が変わりますが、このことに慣れないお子様がいます。小学校では担任の先生と1日中一緒にいることができましたが、中学校では朝と帰りのホームルームしか顔を合わせない日もあります。そのため中学校では、先生との関係性を築くのに時間がかかる場合があります。この担任の先生との距離感の違いが、子どもたちにとって大きなギャップとなります。さらに、中学校では小学校よりもルールが厳しいことがほとんどです。社会人に近づくにつれて少しずつルールが厳しくなることは仕方がありませんが、この厳しいルールに適応できないお子様もいます。

◇原因4「学習・勉強面の違い」
最後に中1ギャップの原因となるのが学習・勉強面の違いです。小学生のときは学校の勉強や宿題も比較的簡単だったのに、中学生になると授業の内容も難しくなり授業のスピードも早くなります。教科ごとに先生が異なるため、授業の進め方やノートのとり方もそれぞれ違います。そのため、それらに慣れることも必要です。また中学校では先生が教科担当制なので、気軽に質問しづらくなることもあります。こうしたことが重なり、勉強での分からない部分を解消できず、どんどん増えていってしまう場合もあります。勉強の結果に順位がつくことでストレスになることも。また、定期テストの結果によって順位がつくことにストレスを感じることもあります。小学校の通知表では「うちの子はできるほうだ」と思える評価だったものが、定期テストで思ってもなかった結果や順位を目の当たりにしてショックを受けることも少なくありません。
さらに地域によって違いはありますが、定期テストの点数だけではなく、関心意欲態度などの観点別評価も加わって内申点が決まり、それが公立高校入試の合否判定に用いられます。つまり、定期テストで良い点数を取るだけではなく提出物や授業態度なども、成績を取る上では重要になります。しかし中学校では教科によって先生が変わるため、成績の付き方も教科によって先生の色が出てくることもあります。そのため成績を取るために、その先生の成績のつけ方を掴まなければならない大変さを感じることもあるかもしれません。
以上のような小学校と中学校の違いから、中1ギャップが生まれます。



◆━━━━━━━━━━━━━
2 お父さんの子育て手帳(静岡県教育委員会)
◆━━━━━━━━━━━━━
実践編II「子どもの発達に応じて実践しましょう」

◇読書週間を身につける
 読書は、言葉を学び、豊かな情操を養い、確かな学力をはぐくむ上でとても大切な活動です。
 子どもの読書週間は、最も日常的な家庭の中でまずつくられるものであり、家庭における読書環境が大きく影響します。親が読み聞かせをしたり、子どもと一緒に本を読んだりして、読書の習慣づけを図ることや、読書を通じて子どもと感じたことや考えたことなどを話し合い、読書に対する興味や関心を引き出すように働きかけることが大切です。
【子どもの成長過程と読書】
乳幼児期:「本に出会い、本を知る」
乳幼児期は、読書週間を身につけていく上で大切です。それは、心のこもった本を親が子と分かちあうところから始まります。0歳児健康診断に参加した赤ちゃんと保護者を対象に、絵本を渡す”ブックスタート活動”を実施している市町もあります。
就 学 期:「本に親しみ、本を生かす」
就学期には、読書週間を身につけ、本に親しむことによって知識を蓄え、心を豊かにすることが大切です。それには図書館が強い味方になります。
成 人 期:「本と生き、本を伝える」
【読書を通じた親子の時間を持ちましょう】
 家庭で「読書の時間」を設け、親が読み聞かせをしたり子どもと一緒に読書をしたりして、読書を通じただんらんの時間を持ちましょう。公立図書館・地域子育て支援センター・公民館などでは、読み聞かせやお話会などが実施されているところもあります。親子で出かけてみましょう。
『子ども読書の日』
 スペインのカタルーニャ地方の”サン・ジョルディの日”に由来します。この日に、男性は女性に花を贈り、女性は男性に本を贈る習わしがあります。また、この日は文豪として名高いセルヴァンテスとシェイクスピアの命日でもあります。こうしたことから1995年、ユネスコ総会で、4月23日を「世界 本と著作権の日」と制定しました。こうした経緯から、日本でもこの日を「子ども読書の日」と定めました。



◆━━━━━━━━━━━━━
3 子どもふれあい広場・保育園・子育て支援センター情報
◆━━━━━━━━━━━━━

●わくわくキッズスペースプロジェクト 子どもふれあい広場
 このプロジェクトは、既存の公共施設を活用し、子どもの遊びの場を創出する取り組みです。

◇芝川子どもふれあい広場(くれいどるしばらく)TEL65-0402
 クッションマットが敷かれ、小さなお子さんが遊べるすべり台やままごとセットも設置されています。
 また、乳幼児の保護者同士が情報交換できる談話スペースもあります。
 14席の読書コーナーや学校帰りなどに自由に勉強できる16席の学習室もあります。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週月曜日、祝日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日も)

◇南陵子どもふれあい広場(富士山環境交流プラザ)TEL59-0050
 家族で一緒に環境を学べるように、子ども用の椅子、絵本や図鑑、木製玩具などが設置され、授乳室もあります。
 また、工作室では、親子が工作を楽しめるようにいくつかのプログラムが用意されています。
・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)

●富士宮市立保育園
 保育園は、育児に関する知識や技術を蓄積しています。
その機能を活用して、保育園に通っている家庭だけではなく、多くの子育て家庭に対していろいろな支援をしています。
すべての保育園で子育て相談、園庭開放等を行っていますのでお気軽にご相談ください。
また、移動図書館[ひばり号]が開設される園もありますのでご利用ください。

●子育て支援センター
 お子様の健やかな育ちを支援するために、
・乳幼児とその保護者が互いに交流できる場
・子育ての悩みを相談できる場
・子育てに関する情報を得る場
として市内6か所で開設しています。

 お電話での相談も受け付けています。
各センターの行事予定や問い合わせ先等、詳しくは「富士宮市地域子育て支援センター」ホームページを御覧ください。
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi.html

富士宮市社会福祉協議会子育て支援センター「たっち」1月の主な予定
→http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/llti2b000000qbpi-att/llti2b000000qc4m.pdf



◆━━━━━━━━━━━━━
4 R4年1月~2月の保健事業日程 [健康増進課(保健センター):電話22-2727]
◆━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

○もうすぐパパ・ママ学級
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制で再開しています。各回実施日の1か月前から申し込みを受け付けます。
  
 対 象:富士宮市民で妊娠中のご夫婦(ママのみの参加もOK)
     沐浴については、初めての出産の方対象
      
持ち物:母子健康手帳    
                     
 沐浴・子育て:令和4年1月23日(日)午前 グループに分け、時間をずらして実施
                        
   ※ 申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話でお申し込みください。
   ※ 詳しくは富士宮市ホームページをご覧ください。
   ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
-------------------------------------------
○にこにこ離乳食教室(申し込み制)
    
 対象:前期 生後3~4か月児の保護者 予約制
    後期 生後7~8か月児の保護者 予約制
 
 前期: 1月18日(火)、2月4日(金)10:00~11:00(受付 9:40~)
 後期: 1月11日(火)、2月16日(水)10:00~11:00(受付 9:40~)
 
  申し込みは、健康増進課・母子保健係(電話22-2727)に電話か電子申請でお申し込みください。
  
  電子申請はこちらから(パソコン用) https://www.shinsei.elg-front.jp/shizuoka2/uketsuke/dform.do?acs=babyfood
  
  電子申請はこちらから(スマートフォン用) https://www.shinsei.elg-front.jp/shizuoka2/uketsuke/sform.do?acs=babyfood
  
  ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
○乳幼児健康相談 月~金曜日 9:00~16:00
  歯科・栄養相談 月~金曜日 9:00~16:00(予約制)
 
  身体計測や育児相談、どのようなことでも構いません。困ったことや心配事がありましたら、来所・電話相談どちらでも構わないので、気軽に声をかけてください。
  ※来所前にご自宅での体温測定の実施及び体調確認、来所時のマスクの着用をお願いいたします。
--------------------------------------------
― 電話のかけ間違いにご注意を!! ―
 間違い電話が多発しており、間違われたお宅に大変なご迷惑がかかっています。おかけになる前に、電話番号をご確認ください。万一かけ間違えてしまったときは、相手の方に十分なご配慮をお願いします。
--------------------------------------------

富士宮市HP・子育てお役立ちリンク集 http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b00000026i7.html  その他事業を紹介しています。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
 

◆━━━━━━━━━━━━━
5 子育てブック紹介(中央図書館:26-5062)
◆━━━━━━━━━━━━━
子どもと一緒に読む本や子どもに読んで欲しい本をご紹介いたします。

〇幼児向き
●「おもち」(彦坂有紀/さく もりといずみ/さく)福音館書店
 網の上におもちをのせて、さあ焼こう。ちりちりちりり、ぱりぱりぷくり、ぷぅーぷくぷく。おもちが焼けたら、磯辺焼き、あんこもち、きなこもちにして…。おもちがふくらむ様子をえがいた、とてもおいしそうな絵本です。
 分類番号:Eヒコ
●「ハナはへびがすき」(蟹江杏/作)福音館書店
 ハナはへびやカエル、はちが大好き。気持ち悪いと言われがちだけれど、みんなに好きになってもらいたい。ある日、大好きな生きものたちをみんなのところへ連れていくと、みんなはびっくりしてにげだしてしまい…。
 分類番号:Eカニ

〇低・中学年向き
●「スロウダウン 1 立ち止まってゆっくり感じる50の自然のものがたり」(荻野哲矢/訳)化学同人
 もっとゆっくり感じてみよう。サナギからチョウになる話。リスが冬ごもりのためにドングリをためこむ話…。毎日、24時間、地球は変化して、奇跡をおこしています。日々の自然のできごとを絵にした物語を50紹介しています。
 分類番号:K400
●「体育がある」(村中李衣/作 長野ヒデ子/絵)文研出版
 体育が苦手な4年生のあこ。ママが一生懸命サポートしてくれる気持ちはわかるんだけど、がんばれなくて…。「苦手なこと」をめぐって自分に向き合い成長していくあこの姿を、ユーモアたっぷりに描きます。
 分類番号:K913ムラナカ

〇中高学年向き
●「雌牛のブーコラ」(東京子ども図書館/編纂 大社玲子/絵)東京子ども図書館
 むかしむかし、おじいさんとおばあさんと息子が一緒に住んでいました。3人はブーコラという名前の一頭の雌牛を飼っていました。ある日、ブーコラがいなくなり…。
 分類番号:K908ト
●「たぬき」(いせひでこ/著)平凡社
 絵描きの「私」の家の庭はまるで小さな森のよう。その庭に、ある日たぬきの一家があらわれた。小さなからだ全身で生きるたぬき一家との日々を、「ルリユールおじさん」でおなじみの作者が、温かな眼差しが感じられる美しいスケッチで描きます。
 分類番号:Eイセ

〇富士宮中央図書館児童コーナー行事 1月
・えほんをよむ会 15日、29日(土)・おはなし会 8日、22日(土)(14:00~ 会場:中央図書館 視聴覚ホール、定員10人で申込不要)
(体温測定、マスク着用にご協力ください。・新型コロナウイルス感染予防のため中止、または日程や定員を変更する可能性があります)



◆━━━━━━━━━━━━━
6 子育てに関わる講座や各種催しなどのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━

◇こあら教室(令和2年12月・令和3年1月生まれ対象)
 わらべ歌や絵本を楽しみながら、その大切さについてお話します。
〔日 時〕2月2日(水)
[時 間]9:00~10:00
[場 所]療育支援センターこあら
〔定 員〕10人(先着順)
〔申 込〕1/17(月)~電話で
[問合せ]療育支援センターこあら TEL22-6868

◇おもちゃ病院
 壊れて動かなくなったおもちゃを修理しています。
〔日 時〕1月16日(日)13:00~15:00(修理受付とおもちゃの返却は14:00まで)
〔場 所〕大富士交流センター
[問合せ]社会教育課 TEL22-1188

◇あそびの教室(未就学児)
〔内 容〕歌、手遊び、紙芝居、工作、体操、わらべ歌などで一緒に遊びます。
〔日 時〕1/12・1/19・1/26・2/2・2/9(水)10:00~11:00
〔場 所〕大富士交流センター
〔その他〕先着順
[問合せ]社会教育課 TEL22-1188

◇急な病気
〔問合せ〕静岡こども救急電話相談 TEL(シャープ)8000または054-247-9910
〔時 間〕平日18:00~翌8:00 土曜日13:00~翌8:00 日曜日・祝日8:00~翌8:00
〔その他〕緊急・重症のときは迷わず「119」へ

◇虐待かも
〔問合せ〕児童相談所全国共通ダイヤル TEL189(いち早く)(お近くの児童相談所につながります)
〔時 間〕24時間
〔問合せ〕子ども未来課家庭児童相談係 TEL22-1230
〔時 間〕平日8:30~17:15

◇悩み相談
◆いじめ、不登校、生活態度、就労など、どんなことでも相談してください。
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064
     いじめ110番 TEL22-1252
     メール相談 e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
〔時 間〕平日9:00~16:30(第2・4水曜日は20:00まで)

(以下 広報「ふじのみや」12月号より)
■催し・募集

◇絵本とわらべうたの会
生まれて数か月の赤ちゃんでも、お母さんの歌声と一緒にゆっくりと身体をゆすられることを楽しみます。
〔日 時〕2月1日(火)10:00~11:00
〔場 所〕西公民館
〔対 象〕市内在住の乳幼児と保護者
〔定 員〕10組(先着順)
〔講 師〕市民読者サポーター
〔申込み〕1月11日(火)~電話または窓口で
〔問合せ〕社会教育課 TEL22-1186

◇PLAYDAY(プレイデイ)
【PLAYDAY~育児の悩み解消~】
 親子の遊び場、妊娠・出産・育児に関する相談や講座を同時開催します。先輩ママに、こんな時どうしたらいい?などの相談も気軽にできます。ケアサロン(有料)も出店予定です。
〔日 時〕2月9日(水)・18日(金)10:00~14:00
〔場 所〕さぁどぷれいすSAN(富士宮市野中1136-5)
〔対 象〕乳幼児を子育て中の人や妊娠中の人
〔定 員〕各内容による(先着順)
〔料 金〕無料(ケアサロンのみ有料)
〔申込み〕NPO法人母力向上委員会ウェブサイトで
〔問合せ〕NPO法人母力向上委員会
     TEL 78-0741
     市民交流課 TEL 22-1307
     HP https://haharyoku.com/

◇大人のためのおはなし会~冬のおはなし~(2)
ふだん小学校や中学校で子どもたちに語っているおはなしを、大人の方にも楽しんでいただきたいと思って開催しています。テーマは『冬のおはなし』。寒い冬のピーンとはりつめた空気のなか、人の声で語られるおはなしをお楽しみください。
〔日 時〕令和4年2月16日(水)13:30~15:00
〔場 所〕富士宮市立中央図書館視聴覚ホール
〔定 員〕20人(富士宮市内在住の方、先着順)
〔語り手〕市民読書サポーター
〔申込期間〕1月11日(火)~1月31日(月)
〔申込み先〕富士宮市教育委員会事務局 社会教育課 TEL22-1186
 
 ※コロナ禍の中での開催となりますので定員を20名とし、申込みが必要です。
 ※定員になり次第締め切ります。上記の連絡先にお申込みください。
 
 市ホームページに新型コロナウイルス感染症対策について掲載しています。そちらもご確認ください。
 市HP「大人のためのおはなし会」http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/visuf8000000wpgl.html

■宮ゼミ
◇親子でJ-POPを踊ろう!
〔日 時〕2月19日(土)午前
〔場 所〕富士根南公民館
〔料 金〕無料
〔講 師〕佐野朱梨さん
〔申込み〕1月18日受付開始 会場施設に電話(8:45~21:00)、または受付開始日のみ電子申請可
〔問合せ〕富士根南公民館 TEL26-2211(休館日:月曜日)

◇バレンタインのチョコレートケーキ
〔日 時〕2月13日(日)午前
〔場 所〕駅前交流センターきらら
〔料 金〕1,200円
〔講 師〕稲葉文子さん
〔申込み〕1月18日受付開始 会場施設に電話(8:45~21:00)、またはHPから申込み可(24時間受付)
〔問合せ〕駅前交流センターきらら TEL22-8111


■お知らせ
◇子どものことで、こんな心配はありませんか
〔学習面〕
 ・漢字がなかなか覚えられない。
 ・本読みで読み間違いがある。
 ・計算ができない。
〔行動面〕
 ・友達とうまく関われない。
 ・集団行動がとりにくい。
 ・忘れ物が多い。
 気になることや、思い当たることがある場合は、通学している学校へ相談してください。
 相談員と学校の先生が、専門知識を生かして、お子さんと保護者の皆さんをサポートします。
〔問合せ〕学校教育課 TEL22-1185

◇青少年相談センター
 青少年相談センターは、悩みや不安をかかえる青少年や、子どものことで心配ごとをお持ちの保護者や関係者からの相談を受けています。
 いじめや交友関係の悩み、不登校、生活態度、ゲーム依存、就労の悩みなど、どんな些細なことでも、相談してください。夜間の相談もできます。
〔電話相談・面接予約〕TEL22-0064
〔子ども若者支援・いじめ110番〕TEL22-1252
 月~金曜日(祝祭日は除く)9:00~16:30
 第2・第4水曜日は9:00~20:00
〔問合せ〕青少年相談センター TEL22-0064 mail:e-sodan@city.fujinomiya.lg.jp
  



【 編集後記 】
 我が家の年末年始は、2年続けて富士宮で過ごす年末年始となりました。
初詣は人込みを避け、込み合う日時をずらして、山宮浅間神社へ。

冷たく清らかな空気の中、遥拝所から富士を望み、手を合わせていた娘たち。
昨年よりも、手を合わせている時間が長くなったように感じます。

たくさんお願いしているのか。
隣にいる妻にタイミングを合わせているのか・・・。

胸の内はわかりませんが、親子での時間は今年も大切にしていこうと、思いを新たにする新年の一日でした。

それでは皆さん、今年も子育てをがんばりましょう♪


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 今月の子育て応援マガジンはいかがでしたか?
スタッフは、子育てメルマガをよりよくするため、皆様の御意見・御感想をお待ちしております。
皆様の声を、下記アドレスにぜひお寄せください。

 Eメール:e-shakyo@city.fujinomiya.shizuoka.jp  

※利用者情報の変更・解除はコチラ
https://service.sugumail.com/fujinomiya-child-raising/m/u/i/c9625cb58d9bf25f14d5db9c5735b912

2021/12/23 13:30
子育て応援メールマガジン

子育て応援マガジン 第234号(追加号)

■ 子育て応援マガジン ■ 
―――― 第234号(追加号) ――――
■■■(R3.12.23) ■■■

 12月10日に配信しました第234号の追加号として、「大人のためのおはなし会~冬のおはなし~」の第1回目についてお知らせいたします。

 大人のためのおはなし会は、「読書と読み聞かせ推進事業」で、ふだん小学校や中学校で子どもたちに語っているおはなしを、大人の方にも楽しんでいただきたいと思って開催しています。
 テーマは『冬のおはなし』。1月と2月の2回を計画しています。寒い冬のピーンとはりつめた空気のなか、人の声で語られるおはなしをお楽しみください。
 同会の第2回目については令和4年1月10に配信予定の子育て応援マガジン第235号にてお知らせいたします。

〔日時〕令和4年1月26日(水)13:30~15:00
〔場所〕富士宮市立中央図書館視聴覚ホール
〔定員〕20人(富士宮市内在住の方、先着順)
〔語り手〕市民読書サポーター
〔申込期間〕12月22日(水)~令和4年1月7日(金)
〔申込み先〕富士宮市教育委員会事務局 社会教育課 TEL22-1186
 
 ※コロナ禍の中での開催となりますので定員を20名とし、申込みが必要です。
 ※定員になり次第締め切ります。上記の連絡先にお申込みください。
 
 市ホームページに新型コロナウイルス感染症対策について掲載しています。そちらもご確認ください。
 市HP「大人のためのおはなし会」http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/citizen/visuf8000000wpgl.html

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 今回の子育て応援マガジンはいかがでしたか?
スタッフは、子育てメルマガをよりよくするため、皆様の御意見・御感想をお待ちしております。
皆様の声を、下記アドレスにぜひお寄せください。

 Eメール:e-shakyo@city.fujinomiya.shizuoka.jp  

※利用者情報の変更・解除はコチラ
https://service.sugumail.com/fujinomiya-child-raising/m/u/i/c9625cb58d9bf25f14d5db9c5735b912