バックナンバー

2020/07/09
同報無線情報

同報無線情報-避難勧告の解除及び避難所の閉鎖について-

こちらは、広報ふじのみやです。

市役所から避難所の閉鎖についてお知らせいたします。
午後1時をもって村山1区、村山2区、村山3区、粟倉4区の土砂災害警戒区域にお住まいの方に発令している避難勧告を解除し、富士根北小学校、富士根北中学校の避難所を閉鎖します。
多発的な土砂災害が発生するおそれは少なくなりましたが、これまでの雨で地盤が緩んでおり、引き続き土砂災害が発生する場合もありますので注意してください。

2020/07/06
同報無線情報

同報無線情報-避難勧告の発令及び避難所の開設について-

ころらは広報ふじのみやです。

市役所から避難所の開設についてお知らせいたします。
土砂災害の危険が高いため、村山1区、村山2区、村山3、粟倉4区の砂災害危険区域に警戒レベル4避難勧告を発令します。
避難所として富士根北小学校、富士根北中学校を開放します。
村山1区、村山2区、村山3、粟倉4区の砂災害危険区域にお住まいの方は、周囲の状況に注意し、避難所へ避難してください。

こちらは広報ふじのみやです。

2020/07/03
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、県境を跨ぐ移動について、市民の皆様にお願い申し上げます。
ここ数日、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、北海道及び大阪府などの都道府県において、新型コロナウイルス感染者の数が再び増えております。特に、東京都では5月25日に緊急事態宣言が解除されて以降、6月26日から7月1日まで6日連続で新規感染者が50人以上確認され、7月2日には107人になりました。
市民の皆様には、東京都をはじめ、埼玉県、神奈川県、千葉県、北海道及び大阪府などへの、県境を跨ぐ移動は自粛していただくか、移動をする際には、油断なく、人との物理的な距離の確保、手洗い、消毒、熱中症に気を付けてのマスク着用など、基礎的な感染予防策を徹底してくださるよう切にお願いいたします。
「自らの命は、自らで守る。」、「家族の命は、家族で守る。」、「ふるさと富士宮市は、市民で守る。」、この言葉を合言葉にして、新型コロナウイルスの感染を何としても、防いでまいりましょう。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/07/03
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、県境を跨ぐ移動について、市民の皆様にお願い申し上げます。
ここ数日、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、北海道及び大阪府などの都道府県において、新型コロナウイルス感染者の数が再び増えております。特に、東京都では5月25日に緊急事態宣言が解除されて以降、6月26日から7月1日まで6日連続で新規感染者が50人以上確認され、7月2日には107人になりました。
市民の皆様には、東京都をはじめ、埼玉県、神奈川県、千葉県、北海道及び大阪府などへの、県境を跨ぐ移動は自粛していただくか、移動をする際には、油断なく、人との物理的な距離の確保、手洗い、消毒、熱中症に気を付けてのマスク着用など、基礎的な感染予防策を徹底してくださるよう切にお願いいたします。
「自らの命は、自らで守る。」、「家族の命は、家族で守る。」、「ふるさと富士宮市は、市民で守る。」、この言葉を合言葉にして、新型コロナウイルスの感染を何としても、防いでまいりましょう。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/06/28
同報無線情報

同報無線情報 -行方不明者判明のお知らせ-

富士宮警察署からお知らせします。

令和2年6月28日午前8時頃放送いたしました行方不明者は、無事に保護されました。

御協力ありがとうございました。

お問合せ
富士宮警察署
電話:0544-23-0110

2020/06/26
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、6月に入り、暑い日が増えてまいりました。
市民の皆様におかれましては、今年の夏は、新型コロナウイルスの感染防止のために、「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」、そして「密閉」、「密集」、「密接」を避ける等の「新しい生活様式」を実践していただくとともに、熱中症の予防をこれまで以上に心掛けていただきたいと思います。
熱中症予防で、今年特に注意していただきたい点は、マスクの着用により、喉の渇きに気づきにくいことから、例年以上にこまめに水分補給をするようにしてください。そして、室内で過ごす時は、エアコンを使用していても、定期的に窓を開放するなど、室内の換気をしていただきたいと思います。
また、暑い日にマスクを着用し続けますと、熱中症のリスクが非常に高くなります。体調がすぐれない時は、人と人との距離を2メートル以上確保して、マスクを外し休憩してください。そして、2歳未満のお子様につきましては、マスクの着用により呼吸に負担がかかることから、人との接触を避けるなどして、マスクの着用は控えていただきたいと思います。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止のため「新しい生活様式」を実践していただくとともに、熱中症の予防対策をしていただけるように、切にお願い申し上げます。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/06/24
同報無線情報

同報無線情報 - 行方不明者のお知らせ

富士宮警察署から行方不明の方のお尋ねをいたします。


【不明となった日時】
令和2年6月23日正午頃

【住所】
富士宮市 小泉

【特徴】
性別:女性
年齢:80歳
身長:150cm
特徴:体格 中肉
    髪型 黒色で短髪
服装:黒色のTシャツ
   黒色のズボン
   
【外出時の状況】
北山地先から行方がわからなくなったもの。

お心当たりの方は、富士宮警察署(0544-23-0110)までご連絡ください。

2020/06/23
同報無線情報

警察官を騙る不審電話について

富士宮警察署から不審な電話についてお知らせいたします。

本日、市内において、警察官を騙った不審な電話が連続して発生しています。

内容は、富士宮警察署です。
源道寺駅の近くで詐欺の犯人を捕まえました。
犯人があなたのキャッシュカードを持っていました。
確認してください。
などといった内容です。

このような不審な電話がかかってきた場合は、富士宮警察署(0544-23-0110)にご連絡ください。

2020/06/20
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、6月19日以降の県境を跨ぐ移動制限について、静岡県新型コロナウイルス感染症対策本部からのお願いを、市民の皆様にお伝えします。
これまでの静岡県内の感染は、その多くが感染経路を特定されており、新型コロナウイルスは首都圏などの感染拡大地域から持ち込まれたものです。現状を見ると、県内に「自分が感染していることに気づかない人」がいる可能性は、県外と比べると相対的に低いものと考えられます。
一方、先月まで特定警戒都道県であった北海道、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、福岡県は、「自分が感染していることに気づかない人」が市中にいる可能性が高いため、その地域への移動については、より慎重な行動が必要と言えます。感染の状況は地域で異なるので、訪問先又は来訪者の地域ごとに行動を変えていただくことが必要です。
国の移動制限が緩和されたとは言え、特定警戒都道県であった北海道、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、福岡県への移動は「慎重に行動」するようにしてください。訪問の際には、以前市民の皆様にお配りしたチラシに掲載されてある「新しい生活様式」などの感染予防行動の励行やクラスター発生場所等への訪問自粛など、自衛措置を徹底してくださるようにお願いします。来訪の際には、自身や相手が既に感染しているかもしれないという視点に立ち、感染しない・させないよう「新しい生活様式」の徹底等の感染予防行動をお願いします。
山梨県を除くその他の府県には、「新しい生活様式」を徹底した上で、注意して訪問するようにしてください。
自粛を要請されていない山梨県には、「新しい生活様式」を徹底した上で、訪問するようにお願いします。
国の県境を跨ぐ移動制限の緩和について、静岡県新型コロナウイルス感染症対策本部では、静岡県が首都圏に隣接・近接しており、静岡県の感染原因が、主に首都圏の「自分が感染していることに気づかない人」から感染していると推定されることから、大変危機感を持っています。
市も、県と同様に、県境を跨ぐ移動制限の緩和については大変危機感を持っております。そのため、市民の皆様には、第2波、第3波に備えて、県境を跨ぐ移動の際には、移動先の地域にあった自衛措置を徹底してくださるよう切にお願いいたします。

2020/06/17
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、6月19日には、全ての都道府県で県境を跨ぐ移動制限が解除される見込みです。これまで、都会に住んでいるご家族に会えず、辛い思いをされていた市民の方にとって、これは何よりの朗報だと思います。
しかし、新型コロナウイルスによる感染の心配がなくなった訳ではありません。世界の感染状況を見てみますと、新型コロナウイルスの感染はまだまだ拡大しており、収束には程遠い状況にあります。また、ここ数日の東京の感染状況を見てみますと、感染者が増えたり、減ったりと流動的で、とても安心できる状況ではありません。このままでは、日本にもいつ第2波が押し寄せてくることか油断できません。
市では、これまで30回の対策本部会議を開催してきましたが、この「対策本部」を、新型コロナウイルス感染の第2波に備えて、まだまだ継続させていくことはもとより、PCR検査場や軽度感染者のための病棟も継続して確保するなど、これまでの対策本部体制や医療体制をしっかりと維持してまいります。 
新型コロナウイルスの感染から社会を守るためには、これまでの押し付けられたような「自粛」から、自らを自主的に守る「自衛」による感染防止へと、市民一人ひとりが自覚を持つ必要があります。
そのため、市民の皆様には「新しい生活様式」が当たり前の生活になるよう方向転換をしていただきたいと思います。
また、事業者の皆様には、それぞれの業種毎に作成されておりますガイドラインに沿って、会社を守ると共に、従業員を守るために、適切な感染拡大防止策を取るようにお願いいたします。  
市は、これからも、新型コロナウイルス感染拡大防止には、最善の努力をしてまいりますので、市民の皆様及び事業者の皆様の御協力を、何卒よろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/06/16
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、6月19日には、全ての都道府県で県境を跨ぐ移動制限が解除される見込みです。これまで、都会に住んでいるご家族に会えず、辛い思いをされていた市民の方にとって、これは何よりの朗報だと思います。
しかし、新型コロナウイルスによる感染の心配がなくなった訳ではありません。世界の感染状況を見てみますと、新型コロナウイルスの感染はまだまだ拡大しており、収束には程遠い状況にあります。また、ここ数日の東京の感染状況を見てみますと、感染者が増えたり、減ったりと流動的で、とても安心できる状況ではありません。このままでは、日本にもいつ第2波が押し寄せてくることか油断できません。
市では、これまで30回の対策本部会議を開催してきましたが、この「対策本部」を、新型コロナウイルス感染の第2波に備えて、まだまだ継続させていくことはもとより、PCR検査場や軽度感染者のための病棟も継続して確保するなど、これまでの対策本部体制や医療体制をしっかりと維持してまいります。 
新型コロナウイルスの感染から社会を守るためには、これまでの押し付けられたような「自粛」から、自らを自主的に守る「自衛」による感染防止へと、市民一人ひとりが自覚を持つ必要があります。
そのため、市民の皆様には「新しい生活様式」が当たり前の生活になるよう方向転換をしていただきたいと思います。
また、事業者の皆様には、それぞれの業種毎に作成されておりますガイドラインに沿って、会社を守ると共に、従業員を守るために、適切な感染拡大防止策を取るようにお願いいたします。  
市は、これからも、新型コロナウイルス感染拡大防止には、最善の努力をしてまいりますので、市民の皆様及び事業者の皆様の御協力を、何卒よろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/06/15
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、6月に入り、暑い日が増えてまいりました。
市民の皆様におかれましては、今年の夏は、新型コロナウイルスの感染防止のために、「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」、そして「密閉」、「密集」、「密接」を避ける等の「新しい生活様式」を実践していただくとともに、熱中症の予防をこれまで以上に心掛けていただきたいと思います。
熱中症予防で、今年特に注意していただきたい点は、マスクの着用により、喉の渇きに気づきにくいことから、例年以上にこまめに水分補給をするようにしてください。そして、室内で過ごす時は、エアコンを使用していても、定期的に窓を開放するなど、室内の換気をしていただきたいと思います。
また、暑い日にマスクを着用し続けますと、熱中症のリスクが非常に高くなります。体調がすぐれない時は、人と人との距離を2メートル以上確保して、マスクを外し休憩してください。そして、2歳未満のお子様につきましては、マスクの着用により呼吸に負担がかかることから、人との接触を避けるなどして、マスクの着用は控えていただきたいと思います。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止のため「新しい生活様式」を実践していただくとともに、熱中症の予防対策をしていただけるように、切にお願い申し上げます。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/06/12
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、6月に入り、暑い日が増えてまいりました。
市民の皆様におかれましては、今年の夏は、新型コロナウイルスの感染防止のために、「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」、そして「密閉」、「密集」、「密接」を避ける等の「新しい生活様式」を実践していただくとともに、熱中症の予防をこれまで以上に心掛けていただきたいと思います。
熱中症予防で、今年特に注意していただきたい点は、マスクの着用により、喉の渇きに気づきにくいことから、例年以上にこまめに水分補給をするようにしてください。そして、室内で過ごす時は、エアコンを使用していても、定期的に窓を開放するなど、室内の換気をしていただきたいと思います。
また、暑い日にマスクを着用し続けますと、熱中症のリスクが非常に高くなります。体調がすぐれない時は、人と人との距離を2メートル以上確保して、マスクを外し休憩してください。そして、2歳未満のお子様につきましては、マスクの着用により呼吸に負担がかかることから、人との接触を避けるなどして、マスクの着用は控えていただきたいと思います。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止のため「新しい生活様式」を実践していただくとともに、熱中症の予防対策をしていただけるように、切にお願い申し上げます。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/06/10
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、国では、新型コロナウイルス感染症拡大により、特に経済的な損失を受けている事業者に対し、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、持続化給付金制度を実施しています。
この持続化給付金制度は、製造業、飲食業、小売業、農業など、幅広い業種で、事業収入を得ている中小法人や個人事業者を対象としております。
給付対象の要件は、本年の売上高が前年の同月の売上高と比較して、50%以上減少した月のある事業者で、法人には200万円、個人事業者には100万円を上限として給付されるものです。
持続化給付金の給付申請は、インターネットを利用した電子申請で行っていただき、申請期限は、令和3年1月15日までとなっています。
持続化給付金の申請方法が、わからない方、できない方につきましては、富士宮市では、持続化給付金申請サポート会場を、6月10日から7月31日まで、市内錦町7番8号のクリスタルホールパテオンに開設しますので、ご利用ください。
なお、申請サポート会場は、予約制になっていますので、詳細は、市ホームページに掲載の、持続化給付金事業コールセンターにお問い合わせくださるようお願いいたします。
市民の皆様には、新型コロナウイルスの影響で、前途を不安に感じている人が多いと思いますが、市と致しましては一日も早い安心、安全な富士宮市の再生の為に、尽力致しますので、皆さん共に頑張りましょう。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/06/08
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、国では、新型コロナウイルス感染症拡大により、特に経済的な損失を受けている事業者に対し、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、持続化給付金制度を実施しています。
この持続化給付金制度は、製造業、飲食業、小売業、農業など、幅広い業種で、事業収入を得ている中小法人や個人事業者を対象としております。
給付対象の要件は、本年の売上高が前年の同月の売上高と比較して、50%以上減少した月のある事業者で、法人には200万円、個人事業者には100万円を上限として給付されるものです。
持続化給付金の給付申請は、インターネットを利用した電子申請で行っていただき、申請期限は、令和3年1月15日までとなっています。
持続化給付金の申請方法が、わからない方、できない方につきましては、富士宮市では、持続化給付金申請サポート会場を、6月10日から7月31日まで、市内錦町7番8号のクリスタルホールパテオンに開設しますので、ご利用ください。
なお、申請サポート会場は、予約制になっていますので、詳細は、市ホームページに掲載の、持続化給付金事業コールセンターにお問い合わせくださるようお願いいたします。
市民の皆様には、新型コロナウイルスの影響で、前途を不安に感じている人が多いと思いますが、市と致しましては一日も早い安心、安全な富士宮市の再生の為に、尽力致しますので、皆さん共に頑張りましょう。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/06/07
同報無線情報

同報無線情報-献血の協力について-

市役所から、献血についてお知らせいたします。
本日は、浅間大社入口で400mLの献血を実施しています。
献血の時間は、午後4時までです。
皆様のご協力をお願いいたします。

問い合わせ先

富士宮市役所
福祉企画課 福祉企画係
電話:0544-22-1457

------------------------
富士宮市役所
危機管理局 危機管理担当
電話:0544-22-1319
E-mail:bosai@city.fujinomiya.lg.jp
------------------------

2020/06/05
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、6月に入り、暑い日が増えてまいりました。
市民の皆様におかれましては、今年の夏は、新型コロナウイルスの感染防止のために、「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」、そして「密閉」、「密集」、「密接」を避ける等の「新しい生活様式」を実践していただくとともに、熱中症の予防をこれまで以上に心掛けていただきたいと思います。
熱中症予防で、今年特に注意していただきたい点は、マスクの着用により、喉の渇きに気づきにくいことから、例年以上にこまめに水分補給をするようにしてください。そして、室内で過ごす時は、エアコンを使用していても、定期的に窓を開放するなど、室内の換気をしていただきたいと思います。
また、暑い日にマスクを着用し続けますと、熱中症のリスクが非常に高くなります。体調がすぐれない時は、人と人との距離を2メートル以上確保して、マスクを外し休憩してください。そして、2歳未満のお子様につきましては、マスクの着用により呼吸に負担がかかることから、人との接触を避けるなどして、マスクの着用は控えていただきたいと思います。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止のため「新しい生活様式」を実践していただくとともに、熱中症の予防対策をしていただけるように、切にお願い申し上げます。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/06/03
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、6月に入り、暑い日が増えてまいりました。
市民の皆様におかれましては、今年の夏は、新型コロナウイルスの感染防止のために、「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」、そして「密閉」、「密集」、「密接」を避ける等の「新しい生活様式」を実践していただくとともに、熱中症の予防をこれまで以上に心掛けていただきたいと思います。
熱中症予防で、今年特に注意していただきたい点は、マスクの着用により、喉の渇きに気づきにくいことから、例年以上にこまめに水分補給をするようにしてください。そして、室内で過ごす時は、エアコンを使用していても、定期的に窓を開放するなど、室内の換気をしていただきたいと思います。
また、暑い日にマスクを着用し続けますと、熱中症のリスクが非常に高くなります。体調がすぐれない時は、人と人との距離を2メートル以上確保して、マスクを外し休憩してください。そして、2歳未満のお子様につきましては、マスクの着用により呼吸に負担がかかることから、人との接触を避けるなどして、マスクの着用は控えていただきたいと思います。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止のため「新しい生活様式」を実践していただくとともに、熱中症の予防対策をしていただけるように、切にお願い申し上げます。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/06/02
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
富士宮市では、新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策本部会議を、これまでに28回開催しております。それほど、このウイルスは恐ろしいものであることを、市民の皆様には何卒、御理解いただき、また、市の対策に御協力をお願いするものであります。
さて、緊急事態宣言が全面解除されましたが、新型コロナウイルスの第2波による感染拡大により、北九州市では学校にクラスター、いわゆる集団感染が発生しています。新型コロナウイルスは、感染しても無症状の場合もあり、ウイルスはどこに潜んでいるかわかりません。感染確認がゼロの日が続いても、決して安心できるものではありません。
特に、県外からの新型コロナウイルスの感染には、十分注意が必要です。市民の皆様は、緊急事態宣言が解除されたばかりの東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、北海道、と石川県、愛媛県、福岡県への不要不急な往来を何としても回避してください。
また、「密閉」、「密集」、「密接」の状態を避けていただくなど、「新しい生活様式」を着実に実践してくださるようお願いいたします。市民の方々には、自分たちには、コロナを防ぐことをどうすることもできないと言っている人がいますが、そうではありません。新しい生活様式を守っていくことが、日本を救う、富士宮市を救う、何よりの基本です。
これから、県内では、休業要請の解除や学校の再開など、社会経済活動が徐々に回復し、新型コロナウイルス感染防止のために滞っていた経済が、本格的に再開されることになります。
富士宮市においても、新型コロナウイルスの感染の再拡大を防ぎながら、これまでの社会活動を取り戻し、いかに地元の経済を活性化していくかがとても重要になります。
しかし、これには、とても危険な代償が伴います。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染の第2波への備えのために、新しい生活様式をしっかりと守ってくださることを何卒、よろしくお願いいたします。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/06/02
同報無線情報

同報無線情報-献血の協力について-

市役所から、献血についてお知らせいたします。
本日は、市役所北側駐車場で400mLの献血を実施しています。
献血の時間は、正午までと午後1時15分から午後4時までです。
皆様のご協力をお願いいたします。

問い合わせ先

富士宮市役所
福祉企画課 福祉企画係
電話:0544-22-1457

------------------------
富士宮市役所
危機管理局 危機管理担当
電話:0544-22-1319
E-mail:bosai@city.fujinomiya.lg.jp
------------------------

2020/06/01
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
富士宮市では、新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策本部会議を、これまでに28回開催しております。それほど、このウイルスは恐ろしいものであることを、市民の皆様には何卒、御理解いただき、また、市の対策に御協力をお願いするものであります。
さて、緊急事態宣言が全面解除されましたが、新型コロナウイルスの第2波による感染拡大により、北九州市では学校にクラスター、いわゆる集団感染が発生しています。新型コロナウイルスは、感染しても無症状の場合もあり、ウイルスはどこに潜んでいるかわかりません。感染確認がゼロの日が続いても、決して安心できるものではありません。
特に、県外からの新型コロナウイルスの感染には、十分注意が必要です。市民の皆様は、緊急事態宣言が解除されたばかりの東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、北海道、と石川県、愛媛県、福岡県への不要不急な往来を何としても回避してください。
また、「密閉」、「密集」、「密接」の状態を避けていただくなど、「新しい生活様式」を着実に実践してくださるようお願いいたします。市民の方々には、自分たちには、コロナを防ぐことをどうすることもできないと言っている人がいますが、そうではありません。新しい生活様式を守っていくことが、日本を救う、富士宮市を救う、何よりの基本です。
これから、県内では、休業要請の解除や学校の再開など、社会経済活動が徐々に回復し、新型コロナウイルス感染防止のために滞っていた経済が、本格的に再開されることになります。
富士宮市においても、新型コロナウイルスの感染の再拡大を防ぎながら、これまでの社会活動を取り戻し、いかに地元の経済を活性化していくかがとても重要になります。
しかし、これには、とても危険な代償が伴います。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染の第2波への備えのために、新しい生活様式をしっかりと守ってくださることを何卒、よろしくお願いいたします。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/31
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
いよいよ、6月1日から小学校、中学校の通常授業が、本格的にスタートいたします。この日が来ることを、小学生、中学生の皆さんはもちろん、ご父兄の皆さま方も、本当に心待ちにしていたことと思います。私も、市長として、とても喜ばしく思っております。
しかし、まだまだ、新型コロナウイルスの感染が収束した訳ではありません。これからが正念場です。そのためには、心配される第2波を、何としても軽いものにしていくことが大切です。
そこで、学校を再開するにあたり、ご父兄の皆様方と、小学生、中学生の皆さんにお願いがあります。
まず、それぞれの学校では、再び学校が休業することなく、通常授業を継続するために、新型コロナウイルスの感染防止対策を、今まで以上に念入りに実施してまいりますので、何卒ご協力をお願い申し上げます。併せて、ご父兄の皆さま方に一番肝に銘じておいていただきたいことは、学校内のクラスター、いわゆる集団感染を出さないことです。そのためには、日常生活において、ご家族が新型コロナウイルスに感染することのないように、十分注意していただきたいと思います。また、お子様の通学時の交通安全にも気を付けていただきたいと思います。
市民の皆様には、日常生活を一日も早く取り戻せますように、新型コロナウイルスの感染拡大防止に、ご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/30
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
いよいよ、6月1日から小学校、中学校の通常授業が、本格的にスタートいたします。この日が来ることを、小学生、中学生の皆さんはもちろん、ご父兄の皆さま方も、本当に心待ちにしていたことと思います。私も、市長として、とても喜ばしく思っております。
しかし、まだまだ、新型コロナウイルスの感染が収束した訳ではありません。これからが正念場です。そのためには、心配される第2波を、何としても軽いものにしていくことが大切です。
そこで、学校を再開するにあたり、ご父兄の皆様方と、小学生、中学生の皆さんにお願いがあります。
まず、それぞれの学校では、再び学校が休業することなく、通常授業を継続するために、新型コロナウイルスの感染防止対策を、今まで以上に念入りに実施してまいりますので、何卒ご協力をお願い申し上げます。併せて、ご父兄の皆さま方に一番肝に銘じておいていただきたいことは、学校内のクラスター、いわゆる集団感染を出さないことです。そのためには、日常生活において、ご家族が新型コロナウイルスに感染することのないように、十分注意していただきたいと思います。また、お子様の通学時の交通安全にも気を付けていただきたいと思います。
市民の皆様には、日常生活を一日も早く取り戻せますように、新型コロナウイルスの感染拡大防止に、ご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/29
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
いよいよ、6月1日から小学校、中学校の通常授業が、本格的にスタートいたします。この日が来ることを、小学生、中学生の皆さんはもちろん、ご父兄の皆さま方も、本当に心待ちにしていたことと思います。私も、市長として、とても喜ばしく思っております。
しかし、まだまだ、新型コロナウイルスの感染が収束した訳ではありません。これからが正念場です。そのためには、心配される第2波を、何としても軽いものにしていくことが大切です。
そこで、学校を再開するにあたり、ご父兄の皆様方と、小学生、中学生の皆さんにお願いがあります。
まず、それぞれの学校では、再び学校が休業することなく、通常授業を継続するために、新型コロナウイルスの感染防止対策を、今まで以上に念入りに実施してまいりますので、何卒ご協力をお願い申し上げます。併せて、ご父兄の皆さま方に一番肝に銘じておいていただきたいことは、学校内のクラスター、いわゆる集団感染を出さないことです。そのためには、日常生活において、ご家族が新型コロナウイルスに感染することのないように、十分注意していただきたいと思います。また、お子様の通学時の交通安全にも気を付けていただきたいと思います。
市民の皆様には、日常生活を一日も早く取り戻せますように、新型コロナウイルスの感染拡大防止に、ご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/28
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
国では、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の一環として、家計への支援を行うための「特別定額給付金事業」を実施しています。その申請受付事務を現在、市が行っております。
この「特別定額給付金事業」は、令和2年4月27日に住民基本台帳に登録されている人全員に10万円が給付されるものです。
申請方法は、市役所から近々各家庭に、順次郵送にてお届けいたします申請書に、世帯主の方がご家族の分をまとめて、郵送で申請をしていただくことになります。また、マイナンバーカードを所持されている方はオンラインによる申請も可能となっております。申込期限は8月31日です。なお、市役所の窓口などで配布いたしました手書き申請書による受付は、5月末までとなりますのでご注意ください。
市では、皆さまのお手元に1人あたり10万円のお金が、少しでも早く届くようにと、精一杯の努力をしておりますが、給付手続きが5万件余りという膨大な量ですので、処理には多くの時間が必要となります。お急ぎでない方は、申請期限まで充分な期間がありますので、なるべくゆとりを持って申請してくださることをお願いいたします。詳細につきましては、市のホームページでご確認いただくか、市役所特別定額給付金事務室に電話でお問い合わせください。
 皆さん、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎ、一日も早く収束できるように頑張りましょう。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/27
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
国では、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の一環として、家計への支援を行うための「特別定額給付金事業」を実施しています。その申請受付事務を現在、市が行っております。
この「特別定額給付金事業」は、令和2年4月27日に住民基本台帳に登録されている人全員に10万円が給付されるものです。
申請方法は、市役所から近々各家庭に、順次郵送にてお届けいたします申請書に、世帯主の方がご家族の分をまとめて、郵送で申請をしていただくことになります。また、マイナンバーカードを所持されている方はオンラインによる申請も可能となっております。申込期限は8月31日です。なお、市役所の窓口などで配布いたしました手書き申請書による受付は、5月末までとなりますのでご注意ください。
市では、皆さまのお手元に1人あたり10万円のお金が、少しでも早く届くようにと、精一杯の努力をしておりますが、給付手続きが5万件余りという膨大な量ですので、処理には多くの時間が必要となります。お急ぎでない方は、申請期限まで充分な期間がありますので、なるべくゆとりを持って申請してくださることをお願いいたします。詳細につきましては、市のホームページでご確認いただくか、市役所特別定額給付金事務室に電話でお問い合わせください。
 皆さん、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎ、一日も早く収束できるように頑張りましょう。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/27
同報無線情報

警察官を騙る不審電話について

富士宮警察署から不審な電話についてお知らせいたします。

本日、市内において、警察官を騙った不審な電話が連続して発生しています。

内容は、富士宮警察署の生活安全課です。
捕まえた犯人から押収したリストにあなたの名前が載っていました。
キャッシュカードを確認してください。などといった内容です。

このような不審な電話がかかってきた場合は、富士宮警察署(0544-23-0110)にご連絡ください。

2020/05/26
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
国では、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の一環として、家計への支援を行うための「特別定額給付金事業」を実施しています。その申請受付事務を現在、市が行っております。
この「特別定額給付金事業」は、令和2年4月27日に住民基本台帳に登録されている人全員に10万円が給付されるものです。
申請方法は、市役所から近々各家庭に、順次郵送にてお届けいたします申請書に、世帯主の方がご家族の分をまとめて、郵送で申請をしていただくことになります。また、マイナンバーカードを所持されている方はオンラインによる申請も可能となっております。申込期限は8月31日です。なお、市役所の窓口などで配布いたしました手書き申請書による受付は、5月末までとなりますのでご注意ください。
市では、皆さまのお手元に1人あたり10万円のお金が、少しでも早く届くようにと、精一杯の努力をしておりますが、給付手続きが5万件余りという膨大な量ですので、処理には多くの時間が必要となります。お急ぎでない方は、申請期限まで充分な期間がありますので、なるべくゆとりを持って申請してくださることをお願いいたします。詳細につきましては、市のホームページでご確認いただくか、市役所特別定額給付金事務室に電話でお問い合わせください。
 皆さん、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎ、一日も早く収束できるように頑張りましょう。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/25
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルスの感染防止に努めていただき、誠にありがとうございます。皆様方の御尽力、御協力によりまして、本日、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、北海道の緊急事態宣言が解除される見込みです。これで全ての都道府県の緊急事態宣言が解除されることになります。しかし、新型コロナウイルスの感染が収束した訳ではありません。
市民の皆様には、日常生活が一日も早く取り戻せますように、新型コロナウイルスの感染拡大防止に、更なる御理解と御協力をお願い申し上げます。
さて、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、市民の方々の中には、世帯収入の激減により、お子様たちへの学費の仕送りに苦慮されている方もいることと思います。また、大学や短大、専門学校などに通われているお子様におかれましても、アルバイト収入の激減や解雇などにより、突然収入が減少するなど、経済的に影響を受け、学びを継続することが困難となっている人もいることと思います。
このため、国では、親元から離れて下宿等をして、アルバイト収入により学費などを賄っている学生の方で、新型コロナウイルス感染症拡大による影響を受け、大学等の修学の継続が困難になっている方を対象に、「学生支援緊急給付金」を創設いたしました。
申請は、対象となる学生の方が在学している学校に申請を行い、学校で審査をした後に、日本学生支援機構から支給されます。
このことにつきましては、ご父兄とお子様とが電話等で、よくご相談いただき、よりよい方法を取られますようお願いいたします。
詳細については、在学されています学校にお問い合わせいただきたいと思います。
新型コロナウイルス感染拡大防止対策は、これからが大切です。
皆さん、力を合わせて頑張りましょう。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/24
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
5月21日に、大阪府、京都府、兵庫県の緊急事態宣言が解除となり、これで東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県及び北海道だけが緊急事態宣言の区域となりました。しかし、静岡県の緊急事態宣言が解除された後でも、県内の伊東市で新たな感染者が発生するなど、新型コロナウイルスの感染は、いつどこで発生するか全く見当がつきません。市民の皆さまには、これからの日常生活において、更なる感染防止を心がけていただきたいと思います。
そのためには、買い物をする際は、家族連れの多人数はやめ、混雑する時間帯を避け、短時間で買い物をし、レジを待つ時は間隔を空けて並ぶようにしてください。また、外食をする時には、席の位置は対面ではなく横並びに座り、食事は大皿ではなく個々にする等、新しい生活様式の実践例を取り入れた感染防止対策にご協力をお願いいたします。また、食べ物のデリバリーやテイクアウトもご利用ください。
尚、何回もお願い申し上げていますが、2m以上離れた身体的な距離の確保、マスクの着用、また、手洗いや消毒など、感染防止の三つの基本を常に心がけていただきたいと思います。そして、お出かけの際には、「密閉」、「密集」、「密接」の三つの密になる状態は避けていただくよう、お願いいたします。
市民の皆さまには、新型コロナウイルスの感染防止に、これまで以上のご理解とご協力をお願い申し上げます。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/23
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
5月21日に、大阪府、京都府、兵庫県の緊急事態宣言が解除となり、これで東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県及び北海道だけが緊急事態宣言の区域となりました。しかし、静岡県の緊急事態宣言が解除された後でも、県内の伊東市で新たな感染者が発生するなど、新型コロナウイルスの感染は、いつどこで発生するか全く見当がつきません。市民の皆さまには、これからの日常生活において、更なる感染防止を心がけていただきたいと思います。
そのためには、買い物をする際は、家族連れの多人数はやめ、混雑する時間帯を避け、短時間で買い物をし、レジを待つ時は間隔を空けて並ぶようにしてください。また、外食をする時には、席の位置は対面ではなく横並びに座り、食事は大皿ではなく個々にする等、新しい生活様式の実践例を取り入れた感染防止対策にご協力をお願いいたします。また、食べ物のデリバリーやテイクアウトもご利用ください。
尚、何回もお願い申し上げていますが、2m以上離れた身体的な距離の確保、マスクの着用、また、手洗いや消毒など、感染防止の三つの基本を常に心がけていただきたいと思います。そして、お出かけの際には、「密閉」、「密集」、「密接」の三つの密になる状態は避けていただくよう、お願いいたします。
市民の皆さまには、新型コロナウイルスの感染防止に、これまで以上のご理解とご協力をお願い申し上げます。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/22
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
富士宮市では、4月23日以来、約1か月の間、新たな新型コロナウイルスの感染者は出ておりません。しかし、アメリカをはじめとした諸外国や神奈川県などの感染状況からもお分かりのとおり、新型コロナウイルス感染は収束しておりません。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには、感染者を早期に発見することが重要であることから、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査態勢の充実が求められています。
これまで、PCR検査を受けるためには、帰国者・接触者相談センターである保健所が、検査対象と判断した人にだけ検査を実施していました。そのため、PCR検査が必要な人でも、検査を受けられない人が多くいました。
そこで、富士宮市では富士宮市医師会に全面的にご協力をいただき、保健所のない自治体では全国で初めてのPCR検査場を、市独自で開設し、5月20日から検査を開始することといたしました。
富士宮市の検査では、かかりつけ医の判断により検査が必要とされた方は、かかりつけ医から市にご予約をいただき、PCR検査を実施することとなりました。
市民の皆さまが、新型コロナウイルスに感染したと疑いを持った時には、かかりつけ医にご相談していただき、必要に応じてPCR検査を受けていただければと思います。
富士宮市では、新型コロナウイルス感染の第2波、第3波の感染拡大に備え、市民の皆さまの命を守るために、先んじた対策を積極的に進めてまいります。市民の皆さまにおかれましても、油断することなく、これからも新型コロナウイルスの感染拡大防止に、御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/21
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
富士宮市では、4月23日以来、約1か月の間、新たな新型コロナウイルスの感染者は出ておりません。しかし、アメリカをはじめとした諸外国や神奈川県などの感染状況からもお分かりのとおり、新型コロナウイルス感染は収束しておりません。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには、感染者を早期に発見することが重要であることから、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査態勢の充実が求められています。
これまで、PCR検査を受けるためには、帰国者・接触者相談センターである保健所が、検査対象と判断した人にだけ検査を実施していました。そのため、PCR検査が必要な人でも、検査を受けられない人が多くいました。
そこで、富士宮市では富士宮市医師会に全面的にご協力をいただき、保健所のない自治体では全国で初めてのPCR検査場を、市独自で開設し、5月20日から検査を開始することといたしました。
富士宮市の検査では、かかりつけ医の判断により検査が必要とされた方は、かかりつけ医から市にご予約をいただき、PCR検査を実施することとなりました。
市民の皆さまが、新型コロナウイルスに感染したと疑いを持った時には、かかりつけ医にご相談していただき、必要に応じてPCR検査を受けていただければと思います。
富士宮市では、新型コロナウイルス感染の第2波、第3波の感染拡大に備え、市民の皆さまの命を守るために、先んじた対策を積極的に進めてまいります。市民の皆さまにおかれましても、油断することなく、これからも新型コロナウイルスの感染拡大防止に、御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/20
同報無線情報

同報無線情報 - 行方不明者のお知らせ

富士宮警察署から行方不明の方のお尋ねをいたします。

【不明となった日時】
令和2年5月20日午後6時頃

【住所】
富士宮市猪之頭

【特徴】
性別:男性
年齢:75歳
身長:163cmくらい
特徴:体格 中肉
  :髪型 白髪混じりのショートヘア
服装:薄緑色の帽子
  :黄色のジャンバー
  :ベージュのズボン
  :黒色の靴
   
【外出時の状況】
自宅を出たまま行方がわからなくなったもの。

お心当たりの方は、富士宮警察署(0544-23-0110)までご連絡ください。

2020/05/20
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、富士宮市では、3月30日に最初の新型コロナウイルスの感染者が確認されてから、4月23日までに10人の感染者が確認されましたが、その後3週間以上感染者が確認されておりません。また、富士市では、これまでに7人の感染者が確認されましたが、約1月(ひとつき)新たな感染者は確認されておりません。
このことは、これまで富士市・富士宮市それぞれの市民の皆様の、新型コロナウイルス感染防止に対する御理解と御協力によるものと、心より感謝を申し上げます。
不幸にも、新型コロナウイルスに感染された皆さま、特に、長い入院期間を余儀なくされた方は、辛く、不安で、淋しい毎日を過ごされ、大変だったことと思います。
 また、新型コロナウイルス感染患者の受入病院となった富士中央病院と富士宮市立病院では、特別病棟を整備されるなど、万全の体制で受入準備をされ、医師や看護師の方々は、命懸けで患者さんへの対応をされてきたことと思います。皆さまの御尽力に心から敬意と感謝を申し上げます。
医療従事者の方々の御協力や、市民の皆さまお一人お一人の自覚を持った行動により、現在、富士市、富士宮市の入院患者は全員退院することができました。誠に喜びに堪えません。
しかし、これで新型コロナウイルスが収束した訳ではありません。諸外国の状況からも、新型コロナウイルスとの闘いは長期戦になると考えられます。
市民の皆様には、これからもご家族や地域を守っていただくため、以前、皆さまに配布いたしました「新しい生活様式」のチラシをよくご覧いただき、それを実践していただくなど、新型コロナウイルスの感染拡大防止に、なお一層の御理解と御協力をお願いいたします。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/20
同報無線情報

同報無線の試験放送について

同報無線全国一斉試験放送
「これは、Jアラートのテストです。」


------------------------
富士宮市役所
危機管理局 危機管理担当
電話:0544-22-1319
E-mail:bosai@city.fujinomiya.lg.jp
------------------------

2020/05/20
同報無線情報

同報無線の試験放送について

市役所から、同報無線の試験放送についてお知らせいたします。
本日、午前11時に、全国一斉に同報無線の試験放送が行われますので、御理解をお願いいたします。


------------------------
富士宮市役所
危機管理局 危機管理担当
電話:0544-22-1319
E-mail:bosai@city.fujinomiya.lg.jp
------------------------

2020/05/19
同報無線情報

同報無線の試験放送について

市役所から、同報無線の試験放送についてお知らせいたします。
明日、午前11時に、全国一斉に同報無線の試験放送が行われますので、御理解をお願いいたします。


------------------------
富士宮市役所
危機管理局 危機管理担当
電話:0544-22-1319
E-mail:bosai@city.fujinomiya.lg.jp
------------------------

2020/05/19
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
さて、富士宮市では、3月30日に最初の新型コロナウイルスの感染者が確認されてから、4月23日までに10人の感染者が確認されましたが、その後3週間以上感染者が確認されておりません。また、富士市では、これまでに7人の感染者が確認されましたが、約1月(ひとつき)新たな感染者は確認されておりません。
このことは、これまで富士市・富士宮市それぞれの市民の皆様の、新型コロナウイルス感染防止に対する御理解と御協力によるものと、心より感謝を申し上げます。
不幸にも、新型コロナウイルスに感染された皆さま、特に、長い入院期間を余儀なくされた方は、辛く、不安で、淋しい毎日を過ごされ、大変だったことと思います。
 また、新型コロナウイルス感染患者の受入病院となった富士中央病院と富士宮市立病院では、特別病棟を整備されるなど、万全の体制で受入準備をされ、医師や看護師の方々は、命懸けで患者さんへの対応をされてきたことと思います。皆さまの御尽力に心から敬意と感謝を申し上げます。
医療従事者の方々の御協力や、市民の皆さまお一人お一人の自覚を持った行動により、現在、富士市、富士宮市の入院患者は全員退院することができました。誠に喜びに堪えません。
しかし、これで新型コロナウイルスが収束した訳ではありません。諸外国の状況からも、新型コロナウイルスとの闘いは長期戦になると考えられます。
市民の皆様には、これからもご家族や地域を守っていただくため、以前、皆さまに配布いたしました「新しい生活様式」のチラシをよくご覧いただき、それを実践していただくなど、新型コロナウイルスの感染拡大防止に、なお一層の御理解と御協力をお願いいたします。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/18
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
静岡県を含む39の県は、5月31日が期限の緊急事態宣言を、2週間あまり前倒しして解除されました。
市民の皆様には、待ちこがれていたことと思います。又、このことは、子ども達にとっても何よりの喜びと思います。
これまでの市民の皆さまの新型コロナウイルス感染防止に対しての、ご理解、ご協力に心より感謝を申し上げます。
この度の緊急事態宣言の解除により、市内の小学校、中学校の全校で、5月20日水曜日から段階的に学校を再開いたします。
また、保育園、幼稚園等もこれまで通りに再開できるように準備をしてまいります。詳細につきましては、各学校、各幼稚園、保育園など、それぞれの施設からの連絡、または市のホームページでご確認ください。
しかし、これで新型コロナウイルスが収束した訳ではありません。
緊急事態宣言は解除されますが、これまでの日常生活を全て取り戻すまでには、まだまだ窮屈な思いと時間が必要です。
それは、東京都などの一部特定警戒の都道府県では、依然として新型コロナウイルスの感染が続き、緊急事態宣言が解除されていないことです。また、新型コロナウイルスの感染が収束したと思われた隣の国の韓国や中国で、再び感染が拡大し始めたところが出てきたことです。
油断いたしますと、富士宮市も新型コロナウイルス感染の第2波により、感染が拡大する恐れがあります。新型コロナウイルス感染との闘いは、長期戦になると考えられます。
そのため、市民の皆さまには、先日、新聞折り込みなどで、市が配布いたしました「新しい生活様式の実践例」をご覧いただき、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めて戴きたいと思います。
恐ろしいクラスターいわゆる集団感染が、学校、病院、各施設等で発生いたしますと、また元の木阿弥となってしまいます。新型コロナウイルスとの戦いは、これからが正念場です。
市民の皆さま、お一人おひとりの行動が、新型コロナウイルスの感染から、家族や地域を守ることにつながります。
市民の皆さまのご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/17
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
静岡県を含む39の県は、5月31日が期限の緊急事態宣言を、2週間あまり前倒しして解除されました。
市民の皆様には、待ちこがれていたことと思います。又、このことは、子ども達にとっても何よりの喜びと思います。
これまでの市民の皆さまの新型コロナウイルス感染防止に対しての、ご理解、ご協力に心より感謝を申し上げます。
この度の緊急事態宣言の解除により、市内の小学校、中学校の全校で、5月20日水曜日から段階的に学校を再開いたします。
また、保育園、幼稚園等もこれまで通りに再開できるように準備をしてまいります。詳細につきましては、各学校、各幼稚園、保育園など、それぞれの施設からの連絡、または市のホームページでご確認ください。
しかし、これで新型コロナウイルスが収束した訳ではありません。
緊急事態宣言は解除されますが、これまでの日常生活を全て取り戻すまでには、まだまだ窮屈な思いと時間が必要です。
それは、東京都などの一部特定警戒の都道府県では、依然として新型コロナウイルスの感染が続き、緊急事態宣言が解除されていないことです。また、新型コロナウイルスの感染が収束したと思われた隣の国の韓国や中国で、再び感染が拡大し始めたところが出てきたことです。
油断いたしますと、富士宮市も新型コロナウイルス感染の第2波により、感染が拡大する恐れがあります。新型コロナウイルス感染との闘いは、長期戦になると考えられます。
そのため、市民の皆さまには、先日、新聞折り込みなどで、市が配布いたしました「新しい生活様式の実践例」をご覧いただき、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めて戴きたいと思います。
恐ろしいクラスターいわゆる集団感染が、学校、病院、各施設等で発生いたしますと、また元の木阿弥となってしまいます。新型コロナウイルスとの戦いは、これからが正念場です。
市民の皆さま、お一人おひとりの行動が、新型コロナウイルスの感染から、家族や地域を守ることにつながります。
市民の皆さまのご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/16
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
静岡県を含む39の県は、5月31日が期限の緊急事態宣言を、2週間あまり前倒しして解除されました。
市民の皆様には、待ちこがれていたことと思います。又、このことは、子ども達にとっても何よりの喜びと思います。
これまでの市民の皆さまの新型コロナウイルス感染防止に対しての、ご理解、ご協力に心より感謝を申し上げます。
この度の緊急事態宣言の解除により、市内の小学校、中学校の全校で、5月20日水曜日から段階的に学校を再開いたします。
また、保育園、幼稚園等もこれまで通りに再開できるように準備をしてまいります。詳細につきましては、各学校、各幼稚園、保育園など、それぞれの施設からの連絡、または市のホームページでご確認ください。
しかし、これで新型コロナウイルスが収束した訳ではありません。
緊急事態宣言は解除されますが、これまでの日常生活を全て取り戻すまでには、まだまだ窮屈な思いと時間が必要です。
それは、東京都などの一部特定警戒の都道府県では、依然として新型コロナウイルスの感染が続き、緊急事態宣言が解除されていないことです。また、新型コロナウイルスの感染が収束したと思われた隣の国の韓国や中国で、再び感染が拡大し始めたところが出てきたことです。
油断いたしますと、富士宮市も新型コロナウイルス感染の第2波により、感染が拡大する恐れがあります。新型コロナウイルス感染との闘いは、長期戦になると考えられます。
そのため、市民の皆さまには、先日、新聞折り込みなどで、市が配布いたしました「新しい生活様式の実践例」をご覧いただき、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めて戴きたいと思います。
恐ろしいクラスターいわゆる集団感染が、学校、病院、各施設等で発生いたしますと、また元の木阿弥となってしまいます。新型コロナウイルスとの戦いは、これからが正念場です。
市民の皆さま、お一人おひとりの行動が、新型コロナウイルスの感染から、家族や地域を守ることにつながります。
市民の皆さまのご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/15
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
静岡県を含む39の県は、5月31日が期限の緊急事態宣言を、2週間あまり前倒しして解除されました。
市民の皆様には、待ちこがれていたことと思います。又、このことは、子ども達にとっても何よりの喜びと思います。
これまでの市民の皆さまの新型コロナウイルス感染防止に対しての、ご理解、ご協力に心より感謝を申し上げます。
この度の緊急事態宣言の解除により、市内の小学校、中学校の全校で、5月20日水曜日から段階的に学校を再開いたします。
また、保育園、幼稚園等もこれまで通りに再開できるように準備をしてまいります。詳細につきましては、各学校、各幼稚園、保育園など、それぞれの施設からの連絡、または市のホームページでご確認ください。
しかし、これで新型コロナウイルスが収束した訳ではありません。
緊急事態宣言は解除されますが、これまでの日常生活を全て取り戻すまでには、まだまだ窮屈な思いと時間が必要です。
それは、東京都などの一部特定警戒の都道府県では、依然として新型コロナウイルスの感染が続き、緊急事態宣言が解除されていないことです。また、新型コロナウイルスの感染が収束したと思われた隣の国の韓国や中国で、再び感染が拡大し始めたところが出てきたことです。
油断いたしますと、富士宮市も新型コロナウイルス感染の第2波により、感染が拡大する恐れがあります。新型コロナウイルス感染との闘いは、長期戦になると考えられます。
そのため、市民の皆さまには、先日、新聞折り込みなどで、市が配布いたしました「新しい生活様式の実践例」をご覧いただき、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めて戴きたいと思います。
恐ろしいクラスターいわゆる集団感染が、学校、病院、各施設等で発生いたしますと、また元の木阿弥となってしまいます。新型コロナウイルスとの戦いは、これからが正念場です。
市民の皆さま、お一人おひとりの行動が、新型コロナウイルスの感染から、家族や地域を守ることにつながります。
市民の皆さまのご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、同報無線情報の登録をしていない人にも配信しています。

2020/05/14
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
静岡県を含む39の県は、5月31日が期限の緊急事態宣言を、2週間あまり前倒しして、本日解除される予定です。
市民の皆様には、待ちこがれていたことと思います。又、このことは、子ども達にとっても何よりの喜びと思います。
これまでの市民の皆さまの新型コロナウイルス感染防止に対しての、ご理解、ご協力に心より感謝を申し上げます。
この度の緊急事態宣言の解除により、市内の小学校、中学校の全校で、5月20日水曜日から段階的に学校を再開いたします。
また、保育園、幼稚園等もこれまで通りに再開できるように準備をしてまいります。詳細につきましては、各学校、各幼稚園、保育園など、それぞれの施設からの連絡、または市のホームページでご確認ください。
しかし、これで新型コロナウイルスが収束した訳ではありません。
緊急事態宣言は解除されますが、これまでの日常生活を全て取り戻すまでには、まだまだ窮屈な思いと時間が必要です。
それは、東京都などの一部特定警戒の都道府県では、依然として新型コロナウイルスの感染が続き、緊急事態宣言が解除されていないことであります。また、新型コロナウイルスの感染が収束したと思われた隣の国の韓国や中国で、再び感染が拡大し始めたところが出てきたことであります。
油断いたしますと、富士宮市も新型コロナウイルス感染の第2波により、感染が拡大する恐れがあります。新型コロナウイルス感染との闘いは、長期戦になると考えられます。
そのため、市民の皆さまには、先日、新聞折り込みなどで、市が配布いたしました「新しい生活様式の実践例」をご覧いただき、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めて戴きたいと思います。
恐ろしいクラスターいわゆる集団感染が、学校、病院、各施設等で発生いたしますと、また元の木阿弥となってしまいます。新型コロナウイルスとの戦いは、これからが正念場です。
市民の皆さま、お一人おひとりの行動が、新型コロナウイルスの感染から、家族や地域を守ることにつながります。
市民の皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2020/05/13
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆さまには、新型コロナウイルス感染拡大防止に御協力をいただき、誠にありがとうございます。
さて、事業者の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染症の影響により、先が見えない経済状況に直面し、不安な日々を過ごしていることと思います。
このため、富士宮市と致しましては、皆さんの経済的不安を少しでも和らげるために、いくつかの経済対策に取り組んでおります。
まずは、国の政策である国民全員に給付する1人10万円の特別定額給付金の支給事務。そして、売上げが前年同月と比較して半分以下の事業者に対して、個人事業者には100万円、法人には200万円を限度額とした持続化給付金の受給のためのサポートを行っております。
又、大型連休中の感染拡大防止のため、「密集」、「密閉」、「密接」の三つを回避するための市の休業要請に応じていただいた、飲食業、宿泊業、観光レジャー施設等の事業者への30万円の協力金の支給、及び経済変動対策貸付事業を利用する市内中小企業者の金利負担がゼロとなるための3億円の利子補給。
そして、多分野にわたっての小規模事業者を対象とした市独自の10万円の事業継続応援金などを、予算化し、すぐに受付事務を開始いたしました。そして、この経済支援が市民の皆さまのところに出来るだけ早く届くように、全力を傾注しております。
その他、1万円で1万5千円の利用ができるプレミアム付きクーポン券を5万セット販売するなど、今後いくつかの経済支援策を検討しておりますので、詳しくは市役所までお問合せください。
新型コロナウイルスの緊急事態宣言の解除は近々なされると思います。しかし、この収束までは長期戦となると思います。今までの生活を取り戻すことができますよう、市民一丸となって、粘り強く頑張ってまいりましょう。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/12
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆さまには、新型コロナウイルス感染拡大防止に御協力をいただき、誠にありがとうございます。
さて、事業者の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染症の影響により、先が見えない経済状況に直面し、不安な日々を過ごしていることと思います。
このため、富士宮市と致しましては、皆さんの経済的不安を少しでも和らげるために、いくつかの経済対策に取り組んでおります。
まずは、国の政策である国民全員に給付する1人10万円の特別定額給付金の支給事務。そして、売上げが前年同月と比較して半分以下の事業者に対して、個人事業者には100万円、法人には200万円を限度額とした持続化給付金の受給のためのサポートを行っております。
又、大型連休中の感染拡大防止のため、「密集」、「密閉」、「密接」の三つを回避するための市の休業要請に応じていただいた、飲食業、宿泊業、観光レジャー施設等の事業者への30万円の協力金の支給、及び経済変動対策貸付事業を利用する市内中小企業者の金利負担がゼロとなるための3億円の利子補給。
そして、多分野にわたっての小規模事業者を対象とした市独自の10万円の事業継続応援金などを、予算化し、すぐに受付事務を開始いたしました。そして、この経済支援が市民の皆さまのところに出来るだけ早く届くように、全力を傾注しております。
その他、1万円で1万5千円の利用ができるプレミアム付きクーポン券を5万セット販売するなど、今後いくつかの経済支援策を検討しておりますので、詳しくは市役所までお問合せください。
新型コロナウイルスの緊急事態宣言の解除は近々なされると思います。しかし、この収束までは長期戦となると思います。今までの生活を取り戻すことができますよう、市民一丸となって、粘り強く頑張ってまいりましょう。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/12
同報無線情報

同報無線情報-献血の協力について-

市役所から、献血についてお知らせいたします。
本日は、市役所北側駐車場で400mLの献血を実施しています。
献血の時間は、正午までと午後1時15分から午後4時までです。
皆様のご協力をお願いいたします。

問い合わせ先

富士宮市役所
福祉企画課 福祉企画係
電話:0544-22-1457

------------------------
富士宮市役所
危機管理局 危機管理担当
電話:0544-22-1319
E-mail:bosai@city.fujinomiya.lg.jp
------------------------

2020/05/11
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
学校、幼稚園の休校・休園や、保育園の登校自粛が続き、子供たちにも、保護者の皆さまにも、大変なご心配と、ご負担をおかけしております。
緊急事態宣言も5月31日まで延長されましたが、感染者が減少傾向にあることから、5月14日には専門家会議で一部の県の緊急事態宣言を解除する動きがあります。
そのためには、何としても、これ以上の感染者を出さないことです。
感染対策は、今がまさに正念場です。
市民の皆さまには、引き続きご負担をおかけしますが、新型コロナウイルスの感染による緊急事態宣言の解除に向けて、どうぞ、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/10
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
これまで、市民の皆さまには、外出の自粛、学校や保育園等の休業、イベントや施設の休止、飲食業の休業、公共施設の休止等、さまざまなご負担をお願いし、新型コロナウイルス感染の拡大を防いでまいりました。その市民の皆さまの御努力により、市内ではここ暫くの間、新たな新型コロナウイルスの感染者は発生しておりません。改めて、市民の皆さまのご努力とご協力に感謝を申し上げます。
さて、この努力が実を結ぶときが近づいております。それは、新型コロナウイルスの感染状況により、14日の政府の専門家会議で都道府県ごとに緊急事態宣言の解除が判断されるからです。
そのためには、新たな新型コロナウイルスの感染者を出さないようにする必要があります。富士宮市と致しましては、なんとしても、これまでの市民の皆様の努力が無駄にならないように、感染防止を徹底してまいりたいと思います。
そこで、市では新型コロナウイルス感染症防止の対策をまとめた「新しい生活様式」の実践例を、市のホームページに掲載いたしました。また、その内容を記載したチラシを、新聞折込にしたり、市役所や市の各出張所で配布することといたしました。
ぜひ、これをご覧いただき、新型コロナウイルスの感染防止に努めてくださることをお願いいたします。これ以上の感染者が出なくなれば、緊急事態宣言が解除され、子供たちは安心して学校に通え、市民の皆様はこれまでの日常生活を取り戻すことができます。
市民一丸となって、一日も早く緊急事態宣言が解除されますよう頑張りましょう。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/09
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
これまで、市民の皆さまには、外出の自粛、学校や保育園等の休業、イベントや施設の休止、飲食業の休業、公共施設の休止等、さまざまなご負担をお願いし、新型コロナウイルス感染の拡大を防いでまいりました。その市民の皆さまの御努力により、市内ではここ暫くの間、新たな新型コロナウイルスの感染者は発生しておりません。改めて、市民の皆さまのご努力とご協力に感謝を申し上げます。
さて、この努力が実を結ぶときが近づいております。それは、新型コロナウイルスの感染状況により、14日の政府の専門家会議で都道府県ごとに緊急事態宣言の解除が判断されるからです。
そのためには、新たな新型コロナウイルスの感染者を出さないようにする必要があります。富士宮市と致しましては、なんとしても、これまでの市民の皆様の努力が無駄にならないように、感染防止を徹底してまいりたいと思います。
そこで、市では新型コロナウイルス感染症防止の対策をまとめた「新しい生活様式」の実践例を、市のホームページに掲載いたしました。また、その内容を記載したチラシを、新聞折込にしたり、市役所や市の各出張所で配布することといたしました。
ぜひ、これをご覧いただき、新型コロナウイルスの感染防止に努めてくださることをお願いいたします。これ以上の感染者が出なくなれば、緊急事態宣言が解除され、子供たちは安心して学校に通え、市民の皆様はこれまでの日常生活を取り戻すことができます。
市民一丸となって、一日も早く緊急事態宣言が解除されますよう頑張りましょう。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/08
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
これまで、市民の皆さまには、外出の自粛、学校や保育園等の休業、イベントや施設の休止、飲食業の休業、公共施設の休止等、さまざまなご負担をお願いし、新型コロナウイルス感染の拡大を防いでまいりました。その市民の皆さまの御努力により、市内ではここ暫くの間、新たな新型コロナウイルスの感染者は発生しておりません。改めて、市民の皆さまのご努力とご協力に感謝を申し上げます。
さて、この努力が実を結ぶときが近づいております。それは、新型コロナウイルスの感染状況により、14日の政府の専門家会議で都道府県ごとに緊急事態宣言の解除が判断されるからです。
そのためには、新たな新型コロナウイルスの感染者を出さないようにする必要があります。富士宮市と致しましては、なんとしても、これまでの市民の皆様の努力が無駄にならないように、感染防止を徹底してまいりたいと思います。
そこで、市では新型コロナウイルス感染症防止の対策をまとめた「新しい生活様式」の実践例を、市のホームページに掲載いたしました。また、その内容を記載したチラシを、新聞折込にしたり、市役所や市の各出張所で配布することといたしました。
ぜひ、これをご覧いただき、新型コロナウイルスの感染防止に努めてくださることをお願いいたします。これ以上の感染者が出なくなれば、緊急事態宣言が解除され、子供たちは安心して学校に通え、市民の皆様はこれまでの日常生活を取り戻すことができます。
市民一丸となって、一日も早く緊急事態宣言が解除されますよう頑張りましょう。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/07
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
安倍総理は、緊急事態宣言を5月6日までとしていましたが、今もって感染拡大が止まらない状況が続いていることから、5月31日まで延長することと発表しました。
これまで、市民の皆様にご協力を頂き、新型コロナウイルス感染予防対策に努めてまいりましたが、今回の緊急事態宣言の期限延長により、更に市民の皆様には我慢をお願いすることになりました。
この新型コロナウイルス感染の収束まで、もう一息です。
この5月31日までの延長期限までに、何としても新型コロナウイルスを根絶やしにしなければなりません。ここで止めたら、ウイルスは再び蔓延してしまいます。それでは、何のために感染拡大を阻止してきたのか、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。
市民の皆様には、多大な御負担をおかけすることになりますが、我が国の危機を救うためには、市民の一丸となった我慢と努力が必要です。そのため、市民の皆様には、何卒、この連休中も継続して感染予防に努めていただきたいと、改めてお願い申し上げます。
まず、生活に最低限必要な用事以外は、外出を控えてください。やむを得ず、外出する際には、マスクを着用し、帰宅後は手洗い、うがいを徹底してください。また、買い物などもできるだけ短時間に済ませ、屋外で過ごす場合も、人と人との間隔をとってください。
このウイルス感染を収束できるかどうかは、この大型連休中の市民の皆様の行動にかかっています。不要不急な帰省や旅行など都道府県をまたいだ移動は控えてください。皆様のご努力が実り、一日も早く緊急事態の宣言が前倒しで解除されることを祈っています。
何卒、皆様のご努力とご協力をお願い申し上げます。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/06
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
安倍総理は、緊急事態宣言を5月6日までとしていましたが、今もって感染拡大が止まらない状況が続いていることから、5月31日まで延長することと発表しました。
これまで、市民の皆様にご協力を頂き、新型コロナウイルス感染予防対策に努めてまいりましたが、今回の緊急事態宣言の期限延長により、更に市民の皆様には我慢をお願いすることになりました。
この新型コロナウイルス感染の収束まで、もう一息です。
この5月31日までの延長期限までに、何としても新型コロナウイルスを根絶やしにしなければなりません。ここで止めたら、ウイルスは再び蔓延してしまいます。それでは、何のために感染拡大を阻止してきたのか、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。
市民の皆様には、多大な御負担をおかけすることになりますが、我が国の危機を救うためには、市民の一丸となった我慢と努力が必要です。そのため、市民の皆様には、何卒、この連休中も継続して感染予防に努めていただきたいと、改めてお願い申し上げます。
まず、生活に最低限必要な用事以外は、外出を控えてください。やむを得ず、外出する際には、マスクを着用し、帰宅後は手洗い、うがいを徹底してください。また、買い物などもできるだけ短時間に済ませ、屋外で過ごす場合も、人と人との間隔をとってください。
このウイルス感染を収束できるかどうかは、この大型連休中の市民の皆様の行動にかかっています。不要不急な帰省や旅行など都道府県をまたいだ移動は控えてください。皆様のご努力が実り、一日も早く緊急事態の宣言が前倒しで解除されることを祈っています。
何卒、皆様のご努力とご協力をお願い申し上げます。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/05
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
安倍総理は、緊急事態宣言を5月6日までとしていましたが、今もって感染拡大が止まらない状況が続いていることから、5月31日まで延長することと発表しました。
これまで、市民の皆様にご協力を頂き、新型コロナウイルス感染予防対策に努めてまいりましたが、今回の緊急事態宣言の期限延長により、更に市民の皆様には我慢をお願いすることになりました。
この新型コロナウイルス感染の収束まで、もう一息です。
この5月31日までの延長期限までに、何としても新型コロナウイルスを根絶やしにしなければなりません。ここで止めたら、ウイルスは再び蔓延してしまいます。それでは、何のために感染拡大を阻止してきたのか、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。
市民の皆様には、多大な御負担をおかけすることになりますが、我が国の危機を救うためには、市民の一丸となった我慢と努力が必要です。そのため、市民の皆様には、何卒、この連休中も継続して感染予防に努めていただきたいと、改めてお願い申し上げます。
まず、生活に最低限必要な用事以外は、外出を控えてください。やむを得ず、外出する際には、マスクを着用し、帰宅後は手洗い、うがいを徹底してください。また、買い物などもできるだけ短時間に済ませ、屋外で過ごす場合も、人と人との間隔をとってください。
このウイルス感染を収束できるかどうかは、この大型連休中の市民の皆様の行動にかかっています。不要不急な帰省や旅行など都道府県をまたいだ移動は控えてください。皆様のご努力が実り、一日も早く緊急事態の宣言が前倒しで解除されることを祈っています。
何卒、皆様のご努力とご協力をお願い申し上げます。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/04
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
安倍総理は、緊急事態宣言を5月6日までとしていましたが、今もって感染拡大が止まらない状況が続いていることから、5月31日まで延長することと発表しました。
これまで、市民の皆様にご協力を頂き、新型コロナウイルス感染予防対策に努めてまいりましたが、今回の緊急事態宣言の期限延長により、更に市民の皆様には我慢をお願いすることになりました。
この新型コロナウイルス感染の収束まで、もう一息です。
この5月31日までの延長期限までに、何としても新型コロナウイルスを根絶やしにしなければなりません。ここで止めたら、ウイルスは再び蔓延してしまいます。それでは、何のために感染拡大を阻止してきたのか、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。
市民の皆様には、多大な御負担をおかけすることになりますが、我が国の危機を救うためには、市民の一丸となった我慢と努力が必要です。そのため、市民の皆様には、何卒、この連休中も継続して感染予防に努めていただきたいと、改めてお願い申し上げます。
まず、生活に最低限必要な用事以外は、外出を控えてください。やむを得ず、外出する際には、マスクを着用し、帰宅後は手洗い、うがいを徹底してください。また、買い物などもできるだけ短時間に済ませ、屋外で過ごす場合も、人と人との間隔をとってください。
このウイルス感染を収束できるかどうかは、この大型連休中の市民の皆様の行動にかかっています。不要不急な帰省や旅行など都道府県をまたいだ移動は控えてください。皆様のご努力が実り、一日も早く緊急事態の宣言が前倒しで解除されることを祈っています。
何卒、皆様のご努力とご協力をお願い申し上げます。


※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/03
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染予防対策に、ご協力を頂き、誠にありがとうございます。
さて、緊急事態宣言が発出されましてから、5月6日の期限まであとわずかです。しかし、新型コロナウイルスの感染は未だに収束できません。
そのため、富士宮市教育委員会では、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、小中学校を5月6日まで臨時休業としておりましたが、この度、5月31日まで延長することといたしました。
また、市内の幼稚園及び保育園等につきましても、同じく5月31日まで、休園及び自粛要請を延長することといたしました。
詳細につきましては、市のホームページを御覧いただくか、学校や幼稚園及び保育園からの連絡により、ご確認いただきたいと思います。
この新型コロナウイルス感染の収束まで、あと一歩です。
5月31日までの延長期限までに、何としても新型コロナウイルスを根絶やしにしなければなりません。ここで止めたら、ウイルスは再び蔓延してしまいます。それでは、何のために感染拡大を阻止してきたのか、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。
子ども達をはじめ、保護者の皆様には、多大な御負担をおかけすることになりますが、我が国の危機を救うためには、市民の一丸となった我慢と努力が必要です。
何卒、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/02
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染予防対策に、ご協力を頂き、誠にありがとうございます。
さて、緊急事態宣言が発出されましてから、5月6日の期限まであとわずかです。しかし、新型コロナウイルスの感染は未だに収束できません。
そのため、富士宮市教育委員会では、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、小中学校を5月6日まで臨時休業としておりましたが、この度、5月31日まで延長することといたしました。
また、市内の幼稚園及び保育園等につきましても、同じく5月31日まで、休園及び自粛要請を延長することといたしました。
詳細につきましては、市のホームページを御覧いただくか、学校や幼稚園及び保育園からの連絡により、ご確認いただきたいと思います。
この新型コロナウイルス感染の収束まで、あと一歩です。
5月31日までの延長期限までに、何としても新型コロナウイルスを根絶やしにしなければなりません。ここで止めたら、ウイルスは再び蔓延してしまいます。それでは、何のために感染拡大を阻止してきたのか、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。
子ども達をはじめ、保護者の皆様には、多大な御負担をおかけすることになりますが、我が国の危機を救うためには、市民の一丸となった我慢と努力が必要です。
何卒、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/05/01
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染予防対策に、ご協力を頂き、誠にありがとうございます。
さて、緊急事態宣言が発出されましてから、5月6日の期限まであとわずかです。しかし、新型コロナウイルスの感染は未だに収束できません。
そのため、富士宮市教育委員会では、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、小中学校を5月6日まで臨時休業としておりましたが、この度、5月31日まで延長することといたしました。
また、市内の幼稚園及び保育園等につきましても、同じく5月31日まで、休園及び自粛要請を延長することといたしました。
詳細につきましては、市のホームページを御覧いただくか、学校や幼稚園及び保育園からの連絡により、ご確認いただきたいと思います。
この新型コロナウイルス感染の収束まで、あと一歩です。
5月31日までの延長期限までに、何としても新型コロナウイルスを根絶やしにしなければなりません。ここで止めたら、ウイルスは再び蔓延してしまいます。それでは、何のために感染拡大を阻止してきたのか、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。
子ども達をはじめ、保護者の皆様には、多大な御負担をおかけすることになりますが、我が国の危機を救うためには、市民の一丸となった我慢と努力が必要です。
何卒、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/30
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染予防対策に、ご協力を頂き、誠にありがとうございます。
さて、緊急事態宣言が発出されましてから、5月6日の期限まであとわずかです。しかし、新型コロナウイルスの感染は未だに収束できません。
そのため、富士宮市教育委員会では、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、小中学校を5月6日まで臨時休業としておりましたが、この度、5月31日まで延長することといたしました。
また、市内の幼稚園及び保育園等につきましても、同じく5月31日まで、休園及び自粛要請を延長することといたしました。
詳細につきましては、市のホームページを御覧いただくか、学校や幼稚園及び保育園からの連絡により、ご確認いただきたいと思います。
この新型コロナウイルス感染の収束まで、あと一歩です。
5月31日までの延長期限までに、何としても新型コロナウイルスを根絶やしにしなければなりません。ここで止めたら、ウイルスは再び蔓延してしまいます。それでは、何のために感染拡大を阻止してきたのか、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。
子ども達をはじめ、保護者の皆様には、多大な御負担をおかけすることになりますが、我が国の危機を救うためには、市民の一丸となった我慢と努力が必要です。
何卒、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/29
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染対策に、ご協力を頂き、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染をこれ以上拡大させないためには、自分が感染しない、家族に感染させない、地域に感染を拡げないように行動することが大切です。
4月29日から5月6日までの大型連休の過ごし方が何よりも重大です。そのために、市民の皆様にどうしてもお伝えしたいことがあります。それは、市からの感染拡大防止のための4つのお知らせです。
まず、
一つ目は、新聞折込の中にある市からのお願いのチラシです。
二つ目は、地元ローカル紙に掲載した市からの広告です。
三つ目は、地元ローカル紙の新型コロナウイルスの記事です。
四つ目は、市からのメールマガジンによる同報無線の情報です。
この4つのお知らせには、新型コロナウイルス感染防止のために必要な情報が盛り込まれています。
ぜひ、お知らせをお読みいただきたいと思います。
このウイルス感染を収束できるかどうかは、5月6日までの大型連休中の市民の皆様の行動にかかっています。不要不急な帰省や
旅行など都道府県をまたいだ移動は、控えてください。
新型コロナウイルスの感染が一日も早く収束し、安心な社会や
安全な日々を取り戻すことができますように、市民の皆さまには、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/28
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染対策に、ご協力を頂き、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染をこれ以上拡大させないためには、自分が感染しない、家族に感染させない、地域に感染を拡げないように行動することが大切です。
4月29日から5月6日までの大型連休の過ごし方が何よりも重大です。そのために、市民の皆様にどうしてもお伝えしたいことがあります。それは、市からの感染拡大防止のための4つのお知らせです。
まず、
一つ目は、新聞折込の中にある市からのお願いのチラシです。
二つ目は、地元ローカル紙に掲載した市からの広告です。
三つ目は、地元ローカル紙の新型コロナウイルスの記事です。
四つ目は、市からのメールマガジンによる同報無線の情報です。
この4つのお知らせには、新型コロナウイルス感染防止のために必要な情報が盛り込まれています。
ぜひ、お知らせをお読みいただきたいと思います。
このウイルス感染を収束できるかどうかは、5月6日までの大型連休中の市民の皆様の行動にかかっています。不要不急な帰省や
旅行など都道府県をまたいだ移動は、控えてください。
新型コロナウイルスの感染が一日も早く収束し、安心な社会や
安全な日々を取り戻すことができますように、市民の皆さまには、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/27
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染対策に、ご協力を戴き、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染をこれ以上拡大させないためには、自分が感染しない、家族に感染させない、地域に感染を拡げないように行動することが大切です。
そのためには、仕事や、生活に最低限必要な用事以外は、外出を控えてください。やむを得ず、外出する際には、マスクを着用し、帰宅後は手洗い、うがいを徹底してください。
また、買い物などもできるだけ短時間に済ませ、公園など屋外で過ごす場合も、人と人との間隔をとってください。
このウイルス感染を収束できるかどうかは、5月6日までの大型連休中の市民の皆様の行動にかかっています。不要不急な帰省や旅行など都道府県をまたいだ移動は控えてください。
新型コロナウイルスの感染が一日も早く収束し、安心な社会や安心な日々を取り戻すことができますように、市民の皆さまには、何卒、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/26
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染対策に、ご協力を戴き、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染をこれ以上拡大させないためには、自分が感染しない、家族に感染させない、地域に感染を拡げないように行動することが大切です。
そのためには、仕事や、生活に最低限必要な用事以外は、外出を控えてください。やむを得ず、外出する際には、マスクを着用し、帰宅後は手洗い、うがいを徹底してください。
また、買い物などもできるだけ短時間に済ませ、公園など屋外で過ごす場合も、人と人との間隔をとってください。
このウイルス感染を収束できるかどうかは、5月6日までの大型連休中の市民の皆様の行動にかかっています。不要不急な帰省や旅行など都道府県をまたいだ移動は控えてください。
新型コロナウイルスの感染が一日も早く収束し、安心な社会や安心な日々を取り戻すことができますように、市民の皆さまには、何卒、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/25
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染対策に、ご協力を戴き、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染をこれ以上拡大させないためには、自分が感染しない、家族に感染させない、地域に感染を拡げないように行動することが大切です。
そのためには、仕事や、生活に最低限必要な用事以外は、外出を控えてください。やむを得ず、外出する際には、マスクを着用し、帰宅後は手洗い、うがいを徹底してください。
また、買い物などもできるだけ短時間に済ませ、公園など屋外で過ごす場合も、人と人との間隔をとってください。
このウイルス感染を収束できるかどうかは、5月6日までの大型連休中の市民の皆様の行動にかかっています。不要不急な帰省や旅行など都道府県をまたいだ移動は控えてください。
新型コロナウイルスの感染が一日も早く収束し、安心な社会や安心な日々を取り戻すことができますように、市民の皆さまには、何卒、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/24
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆様、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止に、毎日ご協力をいただいておりますことを、心より感謝申し上げます。
さて、昨日放送いたしました、市内の感染者数は9名でありましたが、本日、更に1名増え、合計10名になってしまいました。
昨日も申し上げましたが、現時点では、市内の感染者の感染経路として考えられているのは、大都市圏の人との接触及びその家族からの二次感染です。 
これ以上の感染を防ぐために、市民の皆様には、都道府県を跨ぐ移動は極力避けていただき、また、もし県外から帰省者等を受け入れる場合には、その方が感染しているかもしれないという危機意識を持ち、自分が感染しない行動を取ることが何よりも大切なことです。
これから大型連休が始まります。すべての国民が5月6日まで、一斉に外出を控えることが、新型コロナウイルス感染の収束につながる、一番の近道であります。
そして、これが実行できるか、できないかが、我が国の危機を救うことに大きく関わってきます。
市民の皆様には、これまで以上のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/23
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止に、毎日ご協力をいただいておりますこと、心より感謝を申し上げます。
さて、4月21日に市内で新たに2名の方が新型コロナウイルスの陽性と判定され、市の感染者数は9名となりました。
今回の感染者を含め、市内の感染者の感染経路として考えられているのは、大都市圏の人との接触及びその家族からの二次感染です。 
これ以上の感染を防ぐために、市民の皆様には、都道府県を跨ぐ移動は極力避けていただき、また、もし県外から帰省者等を受け入れる場合には、その方が感染しているかもしれないという危機意識を持ち、自分が感染しない行動を取ることが何よりも大切なことです。
これから大型連休が始まります。すべての国民が外出を控えることが、新型コロナウイルス感染の収束につながる一番の近道であります。
そして、これが実行できるか、できないかにかかっています。
市民の皆様には、これまで以上のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
これからの放送は、1日1回といたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/22
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染対策に、ご協力を戴き、ありがとうございます。
市民の皆様におかれましては、まずは、自分が感染しない、次に家族に感染させない、そして地域に感染を拡げないことが大切です。
そのためには、仕事や、生活に最低限必要な用事以外は、外出を控えてください。やむを得ず、外出する際には、マスクを着用し、帰宅後は手洗い、うがいを徹底してください。
また、買い物などもできるだけ短時間に済ませ、公園など屋外で過ごす場合も、人と人との間隔をとってください。
このウイルス感染を収束できるかどうかは、5月6日までの大型連休中の市民の皆様の行動にかかっています。不要不急な帰省や旅行など都道府県をまたいだ移動は控えてください。
もし、新型コロナウイルスに感染したのではないかと心配される場合には、すぐに、保健所の相談センターに「電話」をしてください。そして、その指示に従ってください。
新型コロナウイルスの感染が一日も早く収束し、安心な社会や安全な日々を取り戻すことができますように、市民の皆さまには、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/21
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止に、毎日ご協力をいただいておりますこと、心より感謝を申し上げます。
さて、安倍晋三総理大臣は、新型コロナウイルスの感染を一日も早く、終息させたいとの思いを強く持ち、全国の都道府県に向けて、緊急事態宣言を拡大発令いたしました。
このことは、大都市圏から地方に移動する人々により新型コロナウイルスの感染が地方都市に拡大し、全国に蔓延することを防ぎたい、大型連休を前に全国の皆さんに今よりも人と人との触れ合いを80%減らすことを徹底していただきたい、そして、このことを一斉に行動してほしいと決断したものです。 
また、このままでいくと医療現場が逼迫し、日本での死者が四十万人にもなり、危機的状況になるとの医学会での発表もあります。
富士宮市といたしましても、この安倍晋三総理大臣の緊急事態宣言に危機感を持って対応しなければならないと思っています。
市民の皆様におかれましては、これから来月の五月六日まで、まずは自分が感染しないこと、次に家族に感染させないこと、そして、地域に感染を拡げないことが大切です。
そのためには、手洗いやマスクの着用、そして家からあまり出ない、都会の人との接触を自粛する、繁華街の接待を伴う飲食店等や多数の人が集まる密集したところへ行かない、換気の悪い密閉された空間にいない、間近で会話や声を出す密接した場面を作らない不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいだ移動をしないようにすることが何よりも重要です。
この連休中に、国民が一丸となって、この予防対策を徹底しなければ日本は取り返しのつかないことになり、家族も友人も失うことになりかねません。
市民の皆様には、何卒、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/21
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
新型コロナウイルス感染防止のために、市民の皆様にはご協力を戴き、心より感謝申し上げます。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は現在7名です。いずれも県外の人との接触による感染、及び感染者の家族に特定されております。
しかし、首都圏での感染状況を見ますと、今後更に感染が拡大することも考えられ、大変危機感を感じております。
テレビや新聞等の報道では、自分がコロナウイルスに感染したのではないかと心配する人たちが、直接医療機関で受診することから、院内感染をひき起こし、集団感染が発生しているとのことです。
市民の皆様が、もし、ご自身やご家族の方のコロナウイルス感染を心配される場合には、まずは帰国者・接触者相談センターである富士保健所に電話をしていただき、その指示に従ってください。
連絡先は、市のホームページ、又は市から市民の皆様に以前全戸配布致しました「新型コロナウイルスの感染予防について」のチラシに記載してあります。
このことが守られないと、感染者が診察を受けた医療機関の医師、看護師、事務員、通院待合の患者、入院患者を感染させてしまいます。
今、一番大切なことは、集団感染を防ぐことであり、医療崩壊を起こさないことであります。
市民の皆様ひとりひとりの行動が、感染拡大を防ぎ、一日も早い収束につながり、安全な社会や安心な日々を取り戻すことになります。何卒、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/20
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止に、毎日ご協力をいただいておりますこと、心より感謝を申し上げます。
さて、安倍晋三総理大臣は、新型コロナウイルスの感染を一日も早く、終息させたいとの思いを強く持ち、全国の都道府県に向けて、緊急事態宣言を拡大発令いたしました。
このことは、大都市圏から地方に移動する人々により新型コロナウイルスの感染が地方都市に拡大し、全国に蔓延することを防ぎたい、大型連休を前に全国の皆さんに今よりも人と人との触れ合いを80%減らすことを徹底していただきたい、そして、このことを一斉に行動してほしいと決断したものです。 
また、このままでいくと医療現場が逼迫し、日本での死者が四十万人にもなり、危機的状況になるとの医学会での発表もあります。
富士宮市といたしましても、この安倍晋三総理大臣の緊急事態宣言に危機感を持って対応しなければならないと思っています。
市民の皆様におかれましては、これから来月の五月六日まで、まずは自分が感染しないこと、次に家族に感染させないこと、そして、地域に感染を拡げないことが大切です。
そのためには、手洗いやマスクの着用、そして家からあまり出ない、都会の人との接触を自粛する、繁華街の接待を伴う飲食店等や多数の人が集まる密集したところへ行かない、換気の悪い密閉された空間にいない、間近で会話や声を出す密接した場面を作らない不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいだ移動をしないようにすることが何よりも重要です。
この連休中に、国民が一丸となって、この予防対策を徹底しなければ日本は取り返しのつかないことになり、家族も友人も失うことになりかねません。
市民の皆様には、何卒、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/20
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止に、毎日ご協力をいただいておりますこと、心より感謝を申し上げます。
さて、安倍晋三総理大臣は、新型コロナウイルスの感染を一日も早く、終息させたいとの思いを強く持ち、全国の都道府県に向けて、緊急事態宣言を拡大発令いたしました。
このことは、大都市圏から地方に移動する人々により新型コロナウイルスの感染が地方都市に拡大し、全国に蔓延することを防ぎたい、大型連休を前に全国の皆さんに今よりも人と人との触れ合いを80%減らすことを徹底していただきたい、そして、このことを一斉に行動してほしいと決断したものです。 
また、このままでいくと医療現場が逼迫し、日本での死者が四十万人にもなり、危機的状況になるとの医学会での発表もあります。
富士宮市といたしましても、この安倍晋三総理大臣の緊急事態宣言に危機感を持って対応しなければならないと思っています。
市民の皆様におかれましては、これから来月の五月六日まで、まずは自分が感染しないこと、次に家族に感染させないこと、そして、地域に感染を拡げないことが大切です。
そのためには、手洗いやマスクの着用、そして家からあまり出ない、都会の人との接触を自粛する、繁華街の接待を伴う飲食店等や多数の人が集まる密集したところへ行かない、換気の悪い密閉された空間にいない、間近で会話や声を出す密接した場面を作らない不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいだ移動をしないようにすることが何よりも重要です。
この連休中に、国民が一丸となって、この予防対策を徹底しなければ日本は取り返しのつかないことになり、家族も友人も失うことになりかねません。
市民の皆様には、何卒、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/20
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
新型コロナウイルス感染防止のために、市民の皆様にはご協力を戴き、心より感謝申し上げます。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は現在7名です。いずれも県外の人との接触による感染、及び感染者の家族に特定されております。
しかし、首都圏での感染状況を見ますと、今後更に感染が拡大することも考えられ、大変危機感を感じております。
テレビや新聞等の報道では、自分がコロナウイルスに感染したのではないかと心配する人たちが、直接医療機関で受診することから、院内感染をひき起こし、集団感染が発生しているとのことです。
市民の皆様が、もし、ご自身やご家族の方のコロナウイルス感染を心配される場合には、まずは帰国者・接触者相談センターである富士保健所に電話をしていただき、その指示に従ってください。
連絡先は、市のホームページ、又は市から市民の皆様に以前全戸配布致しました「新型コロナウイルスの感染予防について」のチラシに記載してあります。
このことが守られないと、感染者が診察を受けた医療機関の医師、看護師、事務員、通院待合の患者、入院患者を感染させてしまいます。
今、一番大切なことは、集団感染を防ぐことであり、医療崩壊を起こさないことであります。
市民の皆様ひとりひとりの行動が、感染拡大を防ぎ、一日も早い収束につながり、安全な社会や安心な日々を取り戻すことになります。何卒、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/19
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止に、毎日ご協力をいただいておりますこと、心より感謝を申し上げます。
さて、安倍晋三総理大臣は、新型コロナウイルスの感染を一日も早く、終息させたいとの思いを強く持ち、全国の都道府県に向けて、緊急事態宣言を拡大発令いたしました。
このことは、大都市圏から地方に移動する人々により新型コロナウイルスの感染が地方都市に拡大し、全国に蔓延することを防ぎたい、大型連休を前に全国の皆さんに今よりも人と人との触れ合いを80%減らすことを徹底していただきたい、そして、このことを一斉に行動してほしいと決断したものです。 
また、このままでいくと医療現場が逼迫し、日本での死者が四十万人にもなり、危機的状況になるとの医学会での発表もあります。
富士宮市といたしましても、この安倍晋三総理大臣の緊急事態宣言に危機感を持って対応しなければならないと思っています。
市民の皆様におかれましては、これから来月の五月六日まで、まずは自分が感染しないこと、次に家族に感染させないこと、そして、地域に感染を拡げないことが大切です。
そのためには、手洗いやマスクの着用、そして家からあまり出ない、都会の人との接触を自粛する、繁華街の接待を伴う飲食店等や多数の人が集まる密集したところへ行かない、換気の悪い密閉された空間にいない、間近で会話や声を出す密接した場面を作らない不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいだ移動をしないようにすることが何よりも重要です。
この連休中に、国民が一丸となって、この予防対策を徹底しなければ日本は取り返しのつかないことになり、家族も友人も失うことになりかねません。
市民の皆様には、何卒、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/19
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
新型コロナウイルス感染防止のために、市民の皆様にはご協力を戴き、心より感謝申し上げます。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は現在7名です。いずれも県外の人との接触による感染、及び感染者の家族に特定されております。
しかし、首都圏での感染状況を見ますと、今後更に感染が拡大することも考えられ、大変危機感を感じております。
テレビや新聞等の報道では、自分がコロナウイルスに感染したのではないかと心配する人たちが、直接医療機関で受診することから、院内感染をひき起こし、集団感染が発生しているとのことです。
市民の皆様が、もし、ご自身やご家族の方のコロナウイルス感染を心配される場合には、まずは帰国者・接触者相談センターである富士保健所に電話をしていただき、その指示に従ってください。
連絡先は、市のホームページ、又は市から市民の皆様に以前全戸配布致しました「新型コロナウイルスの感染予防について」のチラシに記載してあります。
このことが守られないと、感染者が診察を受けた医療機関の医師、看護師、事務員、通院待合の患者、入院患者を感染させてしまいます。
今、一番大切なことは、集団感染を防ぐことであり、医療崩壊を起こさないことであります。
市民の皆様ひとりひとりの行動が、感染拡大を防ぎ、一日も早い収束につながり、安全な社会や安心な日々を取り戻すことになります。何卒、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/18
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止に、毎日ご協力をいただいておりますこと、心より感謝を申し上げます。
さて、安倍晋三総理大臣は、新型コロナウイルスの感染を一日も早く、終息させたいとの思いを強く持ち、全国の都道府県に向けて、緊急事態宣言を拡大発令いたしました。
このことは、大都市圏から地方に移動する人々により新型コロナウイルスの感染が地方都市に拡大し、全国に蔓延することを防ぎたい、大型連休を前に全国の皆さんに今よりも人と人との触れ合いを80%減らすことを徹底していただきたい、そして、このことを一斉に行動してほしいと決断したものです。 
また、このままでいくと医療現場が逼迫し、日本での死者が四十万人にもなり、危機的状況になるとの医学会での発表もあります。
富士宮市といたしましても、この安倍晋三総理大臣の緊急事態宣言に危機感を持って対応しなければならないと思っています。
市民の皆様におかれましては、これから来月の五月六日まで、まずは自分が感染しないこと、次に家族に感染させないこと、そして、地域に感染を拡げないことが大切です。
そのためには、手洗いやマスクの着用、そして家からあまり出ない、都会の人との接触を自粛する、繁華街の接待を伴う飲食店等や多数の人が集まる密集したところへ行かない、換気の悪い密閉された空間にいない、間近で会話や声を出す密接した場面を作らない不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいだ移動をしないようにすることが何よりも重要です。
この連休中に、国民が一丸となって、この予防対策を徹底しなければ日本は取り返しのつかないことになり、家族も友人も失うことになりかねません。
市民の皆様には、何卒、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/18
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
新型コロナウイルス感染防止のために、市民の皆様にはご協力を戴き、心より感謝申し上げます。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は現在7名です。いずれも県外の人との接触による感染、及び感染者の家族に特定されております。
しかし、首都圏での感染状況を見ますと、今後更に感染が拡大することも考えられ、大変危機感を感じております。
テレビや新聞等の報道では、自分がコロナウイルスに感染したのではないかと心配する人たちが、直接医療機関で受診することから、院内感染をひき起こし、集団感染が発生しているとのことです。
市民の皆様が、もし、ご自身やご家族の方のコロナウイルス感染を心配される場合には、まずは帰国者・接触者相談センターである富士保健所に電話をしていただき、その指示に従ってください。
連絡先は、市のホームページ、又は市から市民の皆様に以前全戸配布致しました「新型コロナウイルスの感染予防について」のチラシに記載してあります。
このことが守られないと、感染者が診察を受けた医療機関の医師、看護師、事務員、通院待合の患者、入院患者を感染させてしまいます。
今、一番大切なことは、集団感染を防ぐことであり、医療崩壊を起こさないことであります。
市民の皆様ひとりひとりの行動が、感染拡大を防ぎ、一日も早い収束につながり、安全な社会や安心な日々を取り戻すことになります。何卒、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/17
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市民の皆様には、新型コロナウイルス感染防止に、毎日ご協力をいただいておりますこと、心より感謝を申し上げます。
さて、安倍晋三総理大臣は、新型コロナウイルスの感染を一日も早く、終息させたいとの思いを強く持ち、全国の都道府県に向けて、緊急事態宣言を拡大発令いたしました。
このことは、大都市圏から地方に移動する人々により新型コロナウイルスの感染が地方都市に拡大し、全国に蔓延することを防ぎたい、大型連休を前に全国の皆さんに今よりも人と人との触れ合いを80%減らすことを徹底していただきたい、そして、このことを一斉に行動してほしいと決断したものです。 
また、このままでいくと医療現場が逼迫し、日本での死者が四十万人にもなり、危機的状況になるとの医学会での発表もあります。
富士宮市といたしましても、この安倍晋三総理大臣の緊急事態宣言に危機感を持って対応しなければならないと思っています。
市民の皆様におかれましては、これから来月の五月六日まで、まずは自分が感染しないこと、次に家族に感染させないこと、そして、地域に感染を拡げないことが大切です。
そのためには、手洗いやマスクの着用、そして家からあまり出ない、都会の人との接触を自粛する、繁華街の接待を伴う飲食店等や多数の人が集まる密集したところへ行かない、換気の悪い密閉された空間にいない、間近で会話や声を出す密接した場面を作らない不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいだ移動をしないようにすることが何よりも重要です。
この連休中に、国民が一丸となって、この予防対策を徹底しなければ日本は取り返しのつかないことになり、家族も友人も失うことになりかねません。
市民の皆様には、何卒、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/17
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
新型コロナウイルス感染防止のために、市民の皆様にはご協力を戴き、心より感謝申し上げます。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は現在7名です。いずれも県外の人との接触による感染、及び感染者の家族に特定されております。
しかし、首都圏での感染状況を見ますと、今後更に感染が拡大することも考えられ、大変危機感を感じております。
テレビや新聞等の報道では、自分がコロナウイルスに感染したのではないかと心配する人たちが、直接医療機関で受診することから、院内感染をひき起こし、集団感染が発生しているとのことです。
市民の皆様が、もし、ご自身やご家族の方のコロナウイルス感染を心配される場合には、まずは帰国者・接触者相談センターである富士保健所に電話をしていただき、その指示に従ってください。
連絡先は、市のホームページ、又は市から市民の皆様に以前全戸配布致しました「新型コロナウイルスの感染予防について」のチラシに記載してあります。
このことが守られないと、感染者が診察を受けた医療機関の医師、看護師、事務員、通院待合の患者、入院患者を感染させてしまいます。
今、一番大切なことは、集団感染を防ぐことであり、医療崩壊を起こさないことであります。
市民の皆様ひとりひとりの行動が、感染拡大を防ぎ、一日も早い収束につながり、安全な社会や安心な日々を取り戻すことになります。何卒、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/16
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
新型コロナウイルス感染防止のために、市民の皆様にはご協力を戴き、心より感謝申し上げます。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は現在7名です。いずれも県外の人との接触による感染、及び感染者の家族に特定されております。
しかし、首都圏での感染状況を見ますと、今後更に感染が拡大することも考えられ、大変危機感を感じております。
テレビや新聞等の報道では、自分がコロナウイルスに感染したのではないかと心配する人たちが、直接医療機関で受診することから、院内感染をひき起こし、集団感染が発生しているとのことです。
市民の皆様が、もし、ご自身やご家族の方のコロナウイルス感染を心配される場合には、まずは帰国者・接触者相談センターである富士保健所に電話をしていただき、その指示に従ってください。
連絡先は、市のホームページ、又は市から市民の皆様に以前全戸配布致しました「新型コロナウイルスの感染予防について」のチラシに記載してあります。
このことが守られないと、感染者が診察を受けた医療機関の医師、看護師、事務員、通院待合の患者、入院患者を感染させてしまいます。
今、一番大切なことは、集団感染を防ぐことであり、医療崩壊を起こさないことであります。
市民の皆様ひとりひとりの行動が、感染拡大を防ぎ、一日も早い収束につながり、安全な社会や安心な日々を取り戻すことになります。何卒、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/16
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
新型コロナウイルス感染防止のために、市民の皆様にはご協力を戴き、心より感謝申し上げます。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は現在7名です。いずれも県外の人との接触による感染、及び感染者の家族に特定されております。
しかし、首都圏での感染状況を見ますと、今後更に感染が拡大することも考えられ、大変危機感を感じております。
テレビや新聞等の報道では、自分がコロナウイルスに感染したのではないかと心配する人たちが、直接医療機関で受診することから、院内感染をひき起こし、集団感染が発生しているとのことです。
市民の皆様が、もし、ご自身やご家族の方のコロナウイルス感染を心配される場合には、まずは帰国者・接触者相談センターである富士保健所に電話をしていただき、その指示に従ってください。
連絡先は、市のホームページ、又は市から市民の皆様に以前全戸配布致しました「新型コロナウイルスの感染予防について」のチラシに記載してあります。
このことが守られないと、感染者が診察を受けた医療機関の医師、看護師、事務員、通院待合の患者、入院患者を感染させてしまいます。
今、一番大切なことは、集団感染を防ぐことであり、医療崩壊を起こさないことであります。
市民の皆様ひとりひとりの行動が、感染拡大を防ぎ、一日も早い収束につながり、安全な社会や安心な日々を取り戻すことになります。何卒、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/16
同報無線情報

親族を騙る不審電話について

富士宮警察署から不審な電話についてお知らせいたします。

本日、市内において、親族を騙った不審な電話が多発しています。

内容は、もしもしオレだけど、間違えて荷物を送った、郵便局の人が行くから受け取ってなどといった内容です。

このような不審な電話がかかってきた場合は、富士宮警察署(0544-23-0110)にご連絡ください。

2020/04/16
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は、現在7名となっており、いずれも県外との往来による感染及び二次感染に特定されております。
しかし、首都圏などの状況を考えますと、今後急速に感染拡大が進む状況もあり得ることに大変危機感を感じております。
内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことであり、私たちは重く受け止める必要があります。
このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が人と人との接触機会を、今までよりも80%減らすことといわれています。
そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。
また、感染が広がっている地域の人たちとの接触をできるだけ避け、その人たちに対して感染が収まるまで、その地域からの移動はしないようにご連絡してくださることです。
市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
市民の皆様おひとりおひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
しばらくの間、窮屈な日々を過ごすことになりますが、何卒我慢して、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/15
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
新型コロナウイルス感染防止のために、市民の皆様にはご協力を戴き、心より感謝申し上げます。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は現在7名です。いずれも県外の人との接触による感染、及び感染者の家族に特定されております。
しかし、首都圏での感染状況を見ますと、今後更に感染が拡大することも考えられ、大変危機感を感じております。
テレビや新聞等の報道では、自分がコロナウイルスに感染したのではないかと心配する人たちが、直接医療機関で受診することから、院内感染をひき起こし、集団感染が発生しているとのことです。
市民の皆様が、もし、ご自身やご家族の方のコロナウイルス感染を心配される場合には、まずは帰国者・接触者相談センターである富士保健所に電話をしていただき、その指示に従ってください。
連絡先は、市のホームページ、又は市から市民の皆様に以前全戸配布致しました「新型コロナウイルスの感染予防について」のチラシに記載してあります。
このことが守られないと、感染者が診察を受けた医療機関の医師、看護師、事務員、通院待合の患者、入院患者を感染させてしまいます。
今、一番大切なことは、集団感染を防ぐことであり、医療崩壊を起こさないことであります。
市民の皆様ひとりひとりの行動が、感染拡大を防ぎ、一日も早い収束につながり、安全な社会や安心な日々を取り戻すことになります。何卒、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。

2020/04/15
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は、現在7名となっており、いずれも県外との往来による感染及び二次感染に特定されております。
しかし、首都圏などの状況を考えますと、今後急速に感染拡大が進む状況もあり得ることに大変危機感を感じております。
内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことであり、私たちは重く受け止める必要があります。
このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が人と人との接触機会を、今までよりも80%減らすことといわれています。
そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。
また、感染が広がっている地域の人たちとの接触をできるだけ避け、その人たちに対して感染が収まるまで、その地域からの移動はしないようにご連絡してくださることです。
市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
市民の皆様おひとりおひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
しばらくの間、窮屈な日々を過ごすことになりますが、何卒我慢して、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。
※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。
  そのため、本メールが複数届く場合がありますが、ご容赦ください。

2020/04/15
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は、現在7名となっており、いずれも県外との往来による感染及び二次感染に特定されております。
しかし、首都圏などの状況を考えますと、今後急速に感染拡大が進む状況もあり得ることに大変危機感を感じております。
内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことであり、私たちは重く受け止める必要があります。
このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が人と人との接触機会を、今までよりも80%減らすことといわれています。
そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。
また、感染が広がっている地域の人たちとの接触をできるだけ避け、その人たちに対して感染が収まるまで、その地域からの移動はしないようにご連絡してくださることです。
市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
市民の皆様おひとりおひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
しばらくの間、窮屈な日々を過ごすことになりますが、何卒我慢して、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

2020/04/14
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は、現在7名となっており、いずれも県外との往来による感染及び二次感染に特定されております。
しかし、首都圏などの状況を考えますと、今後急速に感染拡大が進む状況もあり得ることに大変危機感を感じております。
内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことであり、私たちは重く受け止める必要があります。
このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が人と人との接触機会を、今までよりも80%減らすことといわれています。
そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。
また、感染が広がっている地域の人たちとの接触をできるだけ避け、その人たちに対して感染が収まるまで、その地域からの移動はしないようにご連絡してくださることです。
市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
市民の皆様おひとりおひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
しばらくの間、窮屈な日々を過ごすことになりますが、何卒我慢して、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

2020/04/14
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は、現在7名となっており、いずれも県外との往来による感染及び二次感染に特定されております。
しかし、首都圏などの状況を考えますと、今後急速に感染拡大が進む状況もあり得ることに大変危機感を感じております。
内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことであり、私たちは重く受け止める必要があります。
このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が人と人との接触機会を、今までよりも80%減らすことといわれています。
そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。
また、感染が広がっている地域の人たちとの接触をできるだけ避け、その人たちに対して感染が収まるまで、その地域からの移動はしないようにご連絡してくださることです。
市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
市民の皆様おひとりおひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
しばらくの間、窮屈な日々を過ごすことになりますが、何卒我慢して、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。
※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。
  そのため、本メールが複数届く場合がありますが、ご容赦ください。

2020/04/14
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
市内で新型コロナウイルスに感染した人は、現在7名となっており、いずれも県外との往来による感染及び二次感染に特定されております。
しかし、首都圏などの状況を考えますと、今後急速に感染拡大が進む状況もあり得ることに大変危機感を感じております。
内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことであり、私たちは重く受け止める必要があります。
このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が人と人との接触機会を、今までよりも80%減らすことといわれています。
そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。
また、感染が広がっている地域の人たちとの接触をできるだけ避け、その人たちに対して感染が収まるまで、その地域からの移動はしないようにご連絡してくださることです。
市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
市民の皆様おひとりおひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
しばらくの間、窮屈な日々を過ごすことになりますが、何卒我慢して、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

2020/04/14
同報無線情報

警察官を騙る不審電話について

富士宮警察署から不審な電話についてお知らせいたします。

昨日から本日にかけて、市内において警察官を騙った不審な電話が多発しています。

内容は、富士宮警察署です。
詐欺の犯人を2人逮捕しました。犯人の名前に聞き覚えはありませんか。
あなたのキャッシュカードが出てきました。などといった内容です。

このような不審な電話がかかってきた場合は、富士宮警察署(0544-23-0110)にご連絡ください。

2020/04/13
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
恐ろしい新型コロナウイルスに感染した人は、日増しに増えています。富士宮市もこれまで、感染者は二名でありましたが、昨日一名、本日四名の感染が新たに確認され、合計七名となりました。
内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことであり、私たちは重く受け止める必要があります。
このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が人と人との接触機会を、今までよりも80%減らすことといわれています。
そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。
また、感染が広がっている地域の人たちとの接触をできるだけ避け、その人たちに対して感染が収まるまで、その地域からの移動はしないようにご連絡してくださることです。
市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
市民の皆様ひとりひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
しばらくの間、窮屈な日々を過ごすことになりますが、何卒我慢して、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

2020/04/13
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

 市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。

 恐ろしい新型コロナウイルスに感染した人は、日増しに増えています。富士宮市もこれまで、感染者は二名でありましたが、昨日一名、本日四名の感染が新たに確認され、合計七名となりました。
 内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことであり、私たちは重く受け止める必要があります。
 このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が人と人との接触機会を、今までよりも80%減らすことといわれています。
 そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。
 また、感染が広がっている地域の人たちとの接触をできるだけ避け、その人たちに対して感染が収まるまで、その地域からの移動はしないようにご連絡してくださることです。

 市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
 市民の皆様ひとりひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
 しばらくの間、窮屈な日々を過ごすことになりますが、何卒我慢して、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 ※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。
  そのため、本メールが複数届く場合がありますが、ご容赦ください。

2020/04/13
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
恐ろしい新型コロナウイルスに感染した人は、日増しに増えています。富士宮市も昨日、三人目の感染者が確認されました。
内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことであり、私たちは重く受け止める必要があります。
このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が人と人との接触機会を、今よりも80%減らすことといわれています。
そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。
また、感染が広がっている地域の人たちとの接触をできるだけ避け、その人たちに対して感染が収まるまで、その地域からの移動はしないようにご連絡してくださることです。
市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
市民の皆様ひとりひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
しばらくの間、窮屈な日々を過ごすことになりますが、何卒我慢して、この難局を乗り越えてくださいますよう、お願いいたします。

2020/04/13
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

 市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。

 恐ろしい新型コロナウイルスに感染した人は、日増しに増えています。富士宮市も昨日、三人目の感染者が確認されました。

 内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことであり、私たちは重く受け止める必要があります。
 このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が人と人との接触機会を、今よりも80%減らすことといわれています。
 そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。
 また、感染が広がっている地域の人たちとの接触をできるだけ避け、その人たちに対して感染が収まるまで、その地域からの移動はしないようにご連絡してくださることです。

 市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
 市民の皆様ひとりひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
 しばらくの間、窮屈な日々を過ごすことになりますが、何卒我慢して、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 ※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。
  そのため、本メールが複数届く場合がありますが、ご容赦ください。

2020/04/12
同報無線情報

同報無線情報 -行方不明者判明のお知らせ-

富士宮警察署からお知らせします。

令和2年4月12日午後1時30分頃放送いたしました行方不明者は、無事に保護されました。

御協力ありがとうございました。

お問合せ
富士宮警察署
電話:0544-23-0110

2020/04/12
同報無線情報

同報無線情報 - 行方不明者のお知らせ

富士宮警察署から行方不明の方のお尋ねをいたします。

【不明となった日時】
令和2年4月12日午前9時頃

【住所】
富士宮市泉町

【特徴】
性別:女性
年齢:82歳
身長:150cmくらい
特徴:体格 中肉
  :髪型 白髪混じりのショートヘア
服装:白と青色のストライプシャツ
  :黒色のズボン
  :クリーム色の靴   
   
【外出時の状況】
自宅を出たまま行方がわからなくなったもの。

お心当たりの方は、富士宮警察署(0544-23-0110)までご連絡ください。

2020/04/10
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

 市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
 内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことで、私たちは重く受け止めなくてはなりません。
 恐ろしい新型コロナウイルスに感染した人は、日増しに増えています。
 このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が、人と人との接触機会を、今までよりも八割減らすことといわれています。
 そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。何卒これらのことを実行してください。
 市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
 市民の皆様ひとりひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
 しばらくの間、窮屈な日々をお願いいたしますが、何卒我慢していただき、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

※この放送は4月11日(土)と4月12日(日)にも昼と夕刻の2回ずつ放送しますが、メールの配信は行いません。

2020/04/10
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

 市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
 内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことで、私たちは重く受け止めなくてはなりません。
 恐ろしい新型コロナウイルスに感染した人は、日増しに増えています。
 このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が、人と人との接触機会を、今までよりも八割減らすことといわれています。
 そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。何卒これらのことを実行してください。
 市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
 市民の皆様ひとりひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
 しばらくの間、窮屈な日々をお願いいたしますが、何卒我慢していただき、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

※このメールは、市民への大切なお知らせであることから、全てのメール配信サービスで配信しています。
 そのため、本メールが複数届く場合がありますが、ご容赦ください。

2020/04/10
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

 市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
 内閣総理大臣が、「緊急事態」を宣言したことは、極めて重大なことで、私たちは重く受け止めなくてはなりません。
 恐ろしい新型コロナウイルスに感染した人は、日増しに増えています。
 このウイルスの感染拡大を防ぐためには、すべての国民が、人と人との接触機会を、今までよりも八割減らすことといわれています。
 そのためには、不要不急の外出はやめること、密閉空間や、人の密集場所、人と人との密接な場面を避けることです。何卒これらのことを実行してください。
 市民の皆様には、危機感をもって、油断なく日々を過ごしてくださることをお願いいたします。
 市民の皆様ひとりひとりの行動が、家族や友人の命を守ることであり、また日本を救うことであります。
 しばらくの間、窮屈な日々をお願いいたしますが、何卒我慢していただき、この難局を乗り越えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

2020/04/09
同報無線情報

警察官を騙る不審電話について

富士宮警察署から不審な電話についてお知らせいたします。

昨日、市内において、警察官を騙った不審な電話が多発しました。

内容は、富士宮警察署です。
振り込め詐欺グループを逮捕したら、あなたの名前が名簿にのっていました。
今、自宅に家族はいますか?変わったことはありませんか?
などといった内容です。

4月7日には実際に警察官等を騙った詐欺電話が発生しています。
このような不審な電話がかかってきた場合は、富士宮警察署(0544-23-0110)にご連絡ください。

2020/04/08
同報無線情報

同報無線情報-新型コロナウイルス感染防止について-

市民の皆さま、市長の須藤秀忠です。
 恐ろしい新型コロナウイルスは、世界中に蔓延しています。
 東京では、感染者が毎日うなぎのぼりに増え、医療崩壊寸前です。
 このため、安倍総理は熟慮の末、人と人との接触をできるだけ少なくすることが何よりの感染防止対策であると考え、すべての人々が、今までの人と人との接触を二割以下にし、これ以上感染者を増やさない、医療崩壊を起こさない、重症者の命を助けるのは今が正念場であると決断し、昨日、「緊急事態宣言」を七都府県に発令しました。
都会では、この「緊急事態宣言」により、約一か月間の外出自粛や大規模施設の使用停止、イベント実施の制限などについての要請、指示が行われています。
 これに伴い、富士宮市も感染者をこれ以上出さない、一日も早く、子どもたちや市民を守るために、新型コロナウイルスの感染を収束させたいとの思いをもって、さらに厳しく不要不急な外出を自粛することや密閉空間や人の密集場所、人と人との密接な場面を避けること、また、イベントの自粛を、市民の皆様にお願いするものであります。
 そのため富士宮市では4月11日より5月6日までの間、市内公立小中学校を全校休業することと決定しました。
 しかし、児童生徒の一時預かりや、学童保育所、保育園は前回の休業の時と同じように開きます。
 これからの一か月ほど、さらに窮屈な、かつてない大変な日々が続きますが、何卒ご協力ください。
 しかし、何よりも私たちが恐れていることは、都会の人たちが、この要請に従わず、それぞれの郷里に帰省し、新型コロナウイルスの感染源となり、感染が拡大する恐れのあることです。
 市民の皆様におかれましては、都会に住んでいる子供や身内、友人に、しばらくの間、この新型コロナウイルスの感染が収まるまで、移動しないようご連絡くださることをお願いいたします。
 また、やむなく戻られた方については、二週間程度、感染していないことが確認されるまで、自宅待機されますようお願いいたします。今が一番大事な時です。
これは、家族を守るため、友人を守るためであり、日本を守るための試練であります。
よろしくお願いいたします。